エニピル (1)

ピルのオンライン診療サービス『エニピル』さんにて連載がスタートしました






















こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談をいただきましたよ















お悩み






あおいさん、初めまして。
いつもブログの更新を楽しみにしています。
あおいさんの考え方に共感、毎日勉強させていただいております。

お忙しい中多くの相談の中から見ていただけるかわかりませんが、悩みを相談させてください。

29歳の女です。
母親との関係でずっと悩んでいます。
18歳で進学して家を出るまでは気づいていなかったのですが、母はいわゆる毒親タイプだと思います。
子どもと旦那(私にとって父親)は自分の思う通りに動いて当然。
思ったことを嘘偽りなく伝えるのが正義と思っているのでデリケートな事も遠慮ない言葉で言ってきて、家族を傷つける。
そのくせ、自分は傷つきやすい。
自分の考えが正しい。(全く論理的ではなくて感情的、その時の気分なのでメチャクチャです)
こちらが冷静に話し合いたくて意見の提案をしても勝手に解釈をしてキレてしまい、話になりません。
キレる母親の相手が面倒で、結局母の言いなりになる自分が情けなく思いますが、距離を置く以外の良い対処法がわかりません。

月末に手術と入院を控えていまして、元々は数日の間母が子供の世話を手伝ってくれるという話でお願いしていたのですが、孫に嫌われずに過ごせるかなど、自分の心配ばかりで子供や私の心配はなく、要件があって電話をしても、子育てについて指摘ばかりされてストレスが溜まります。


母親のいない人間関係の中で、尊敬できる人や、母からの呪縛から解放してくれた友人や旦那とも出会えて大体毎日平和にメンタルを保てていると思います。
絶縁したいとまでは思いませんが、母を変えることは無理だと諦めているので、少しでも自分が傷つかないマインドを教えていただけたら幸いです。

わかりにくい長文失礼いたしました。
























毒親育ちの人って
『親には感謝しなければならない』
という意識が異様に強いですよね

毒親だと認識しているのなら親といえども人間関係から除外してしまえばいいのに
『親には感謝しなければならない』という呪いに掛かっているために
いつまでも親の呪縛から逃げることもできず
ずっとその険悪な関係性に辟易しているといった感じ

おそらくそういった選択の自由さえ束縛されて育ったのでしょう
『親には感謝しなければならない』という意識を植え付けてしまう洗脳的な育て方
それが毒親の最も大きな罪だと私は思っています

時代背景によって求められるモラルは異なりますから
今の価値観に当てはめると『親のあの言動は毒親だったのでは?』と思うこともしばしばあります
私も親に引っ叩かれたこともありますし
生肉を投げ付けられたこともあります
今の価値観で言えば毒親行為に当たるのかもしれませんが
私はべつに親を恨んではいません
なぜならその行為にその場で反抗することができたからです

親が絶対だとは思ってもいなかったし
無条件に服従するべきものとも思っていなかった
だからその場で反抗することができたわけです
言い方を変えれば『反抗することを許されていた』のかもしれません
反抗するのも感謝するのも自由な環境で育ててくれた
だから結果的に自分の意思で感謝を選択できたのだと思います

あなたにも本来、選択の自由があるはず
感謝するのも、反抗するのも、最後の手段で人間関係から排除するのも、あなたの自由にあります
その選択の自由を取り戻し、自由を自覚することが今後の課題だと思ってください



















以上
DJあおいでした



お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね























お仕事の依頼はこちらまで
mrnmtzk3159@gmail.com








めんどくさい女子関係からイチ抜けする本: 心をすり減らさない50のコツ (王様文庫)
絶賛発売中!























女の人間関係はめんどうなのよ 人付き合いの処方箋
DJあおい
KADOKAWA
2018-03-24
重版出来!絶賛発売中!



想いよ、逝きなさい
DJあおい
幻冬舎
2017-09-21
絶賛発売中!







『じゃあ言うけど』シリーズ最新作!




50000部突破の処女作!




男と女の違いを紐解く一冊
重版決定!




美女の教科書『DJあおいの恋の悪知恵』
絶賛発売中!

DJあおいの恋の悪知恵
DJあおい
KADOKAWA/メディアファクトリー
2016-02-19




こちらも絶好調発売中!



















クリックにご協力お願いします