こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談をいただきましたよ















お悩み





DJあおいさん

ブログいつも拝見させていただいて時には参考にさせていただいております。
どうしたら負の連鎖が止められるのか。もう自分では分からなくなってしまいご相談させていただきます。

26歳既婚女です。
マッチングアプリで知り合い、週2回片道2時間かけてお互いに行き来しながら会っていました。流石に体力的にもきつくなり、同棲するなら結婚しようとなって付き合って3ヶ月で結婚しました。
彼は27歳男兄弟の末っ子で、一番上の義兄さんとは15ほど離れています。今まで一人暮らしをした事がありません。
結婚してからわかった事が多く付き合ってから半年の今、喧嘩ばかりです。

彼は家庭が複雑でお義父さんがお義母さんにDVをしていたらしく、皆お義母さんの味方のようでお義父さん以外はみんな仲がいいようです。結婚した後に知りました。
休日は友達と過ごすよりお義父さん抜きで家族と出かけることがほとんどだったようで、私が気になるのは母親と彼の距離があまりにも近すぎることです。母親と仲がいいことはいい事だと思うのですが、自分の見てきたものとは明らかに色んな距離が違いすぎて気持ち悪いと感じてしまいました。
それから私から見る彼の母親は、お母さんではなく女のように思えます。結婚する前に嫌味を言われたり、嫌なことをされたりすることはありましたが、いつまで続くか分からないけど。と言われそれが残っているから余計嫌だと感じているんだと思います。男親、女親で接し方が違うのも分かりますが、彼から見たら全て愛情に見えるようです。あの人は男だ。母親に嫉妬するのはおかしいと言ってきます。

私自身、独占欲が強く、わかってはいるけれど彼との過ごす時間が家族とは圧倒的に違うのが引け目に感じているんだと思います。実家が近い彼が実家に寄って穏やかな表情をして帰ってくるのを見ると悲しくなり、余計なことを言ってしまい喧嘩になってしまいます。

自分がほんとに子供だと思うし、こんな事を繰り返してれば愛想をつかされてしまうことも感じます。でも、お互いに子供が欲しくて新しい家族が欲しいと言うのにいつまでも実家、家族、母親と言われると自分たちの作った家族を大切にしてくれるのか不安になり子供は作りたくないと考えるようになりました。どんどん不信感が出てきて疑ってしまいます。
自分の思い描いていたことがどんどん崩れていき、嫌われてしまうと考え不安です。喧嘩ばかりでどんどん自分が嫌になります。
何から手をつけていいのかわからないです。
支離滅裂な文章で申し訳ありません。

なにか一言だけでも、お言葉いただければ幸いです。
もう秋と言うより冬のような気がします。どうぞお身体ご自愛ください。
ご一読頂きありがとうございました。




















大昔の『結婚』というのは集落と集落(一族と一族)でするものだったようです
他所の集落(一族)からお嫁さんを招いて、集落でその夫婦の面倒を見る
もっと言えば子供が生まれたら集落で子供の面倒を見る
それが古代の結婚だったようですね

時代は進み、今度は家族と家族で結婚をするようになります
一族間との財産の分与もなくなり、ひとつの家族はひとつの家族として独立し
煩わしい一族との関わりもなくなり、結婚は家族間の政治になったわけですね
そして夫婦は家族の管理下に置かれることになります
生まれた子供も家族の子供として育てられました
一族同士の結婚と比較すれば随分と自由になったのかもしれません

そして時代はさらに進み、もはや結婚は個人同士のものになる、はずだったのですが
これがなかなか遅々として進まないんですよね
政治的な結婚から恋愛結婚という個人の思想を重んじた結婚に移行したまではよかったのですが
そこから停滞したまま、未だ『家族』というものを結婚から切り離すことができていないんです

なぜなら結婚の負担というのは個人が背負うには大き過ぎるから
家族を養うための経済力のみならず、子育てに割く労力然り
男と女の二馬力ではなかなか難しいんですよね
優秀なベビーシッターや家政婦が雇えるほどの経済力があれば完全に家族を切り離して個人同士の結婚もできるのですが
結婚適齢期の男女にそんな経済力があるのは稀ですから
そうなるとどうしても一新等である家族に頼ってしまうことになるわけで
ゆえに未だ結婚から家族を切り離すことができないまま時代が停滞しているわけですね

私たちの親世代、とくに母親というのは
その恋愛結婚と家族結婚との狭間で苦労をした人が多いです
個人同士で独立した結婚をしたかったのに
否応無しに家族が介入してきてしまう
嫁姑問題に頭を抱え、旦那は親の言いなり
泣き寝入りを余儀なくされてきた人が多いので
結婚自体にあまりいい印象を持っていません

子どもだけが愛情を捧げる場所だったので
子どもにはそんな独立できない結婚をしてほしくないんですよね
ゆえに過干渉、過保護となり
我が子が連れてきた異性を敵視してしまうことが多く
自らが意地悪な姑となってしまうという最悪な世代間連鎖をしてしまうことがあるようです

ともあれ『私たちは二人で大丈夫ですよ』ということを見せ付けることが大事
経済的にも、子育てにも、あまり親に助力を求めないように
お互いがお互いの家族を必要としない完全なる独立した結婚を目指しましょう






















以上
DJあおいでした



お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね























お仕事の依頼はこちらまで
mrnmtzk3159@gmail.com














女の人間関係はめんどうなのよ 人付き合いの処方箋
DJあおい
KADOKAWA
2018-03-24
重版出来!絶賛発売中!



想いよ、逝きなさい
DJあおい
幻冬舎
2017-09-21
絶賛発売中!







『じゃあ言うけど』シリーズ最新作!




50000部突破の処女作!




男と女の違いを紐解く一冊
重版決定!




美女の教科書『DJあおいの恋の悪知恵』
絶賛発売中!

DJあおいの恋の悪知恵
DJあおい
KADOKAWA/メディアファクトリー
2016-02-19




こちらも絶好調発売中!




『DJあおいの恋愛指南塾』連載中


















クリックにご協力お願いします