こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談をいただきましたよ















お悩み





DJあおいさん
いつも記事楽しみにしております。

私はもうすぐ24になる社会人2年目です。
新卒で入った業界から全く違う業界に入り丸一年経ちました。会社は決してホワイトとは言えずどちらかと言えば成果主義、深夜残業はないものの、定時で帰りたい人には向かない会社です。それでも最近少しずつ自分の売上が伸びてきて仕事で案件を任せてもらえることも増えて嬉しいのですが、ふと仕事が終わって家に帰る帰り道で、このままで良いのだろうかとかという不安に駆られることがあります。
別に彼氏が欲しいという気持ちが全くないわけではありませんが、自ら積極的に出会いを作ろうとかそういう気持ちはなく、それなりに仕事や趣味が楽しいからいいかなという気持ちが結局勝ってしまいます。
彼氏とは1年前に別れてから好きな人もいませんが、今年の夏から野球にハマり会社の人と見に行ったりして、初めて趣味と呼べるものができました。
出無精だった自分が野球のおかげで色々な地域に行くことが増え、一人旅の楽しさに気がつき、1人って自由で楽しいなとさえ思う時もあります。仕事もブラックだしキツイこともあるけど、いつの間にか我を忘れて夢中になって楽しいと感じることが多いです。
恋愛なんてしなくてもいいんじゃないかと思えてくるのに、時々不意に訪れる寂しさと未来への不安はどう向き合えばいいんでしょうか。

そろそろ寒くなりますのでどうかお体にお気をつけください。





















人が持つ寂しさの根源というものはただ『存在したい』という生への執着心ですからね
それは恋人や家族ができたところでクリアできる問題ではなく
生きている限り誰もが持っている寂しさになります
だから結婚をして家族ができても時折えも言われぬ孤独感を覚えることはありますよ

その寂しさはしぬまで逃れられない宿命ですね爆笑

人が幸福を感じるときとは
自分が孤独であることをすっかり忘れているとき
生を持つ以上デフォルトで孤独なのが人間であって
実は孤独でなかった日など一日たりともないのです

そういう意味で言えば
個々の推しの存在も、友人という存在も
相談者様で言えば野球観戦という趣味も
恋人の存在や家族の存在に等しく
孤独を忘れさせてくれる幸福のアイテムなのですよ

愛着や親愛や性愛、そして博愛
愛と名のつくものは全て孤独を忘れさせてくれるものであり
そこに優劣などないと思ってください






















以上
DJあおいでした



お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね























お仕事の依頼はこちらまで
mrnmtzk3159@gmail.com














女の人間関係はめんどうなのよ 人付き合いの処方箋
DJあおい
KADOKAWA
2018-03-24
重版出来!絶賛発売中!



想いよ、逝きなさい
DJあおい
幻冬舎
2017-09-21
絶賛発売中!







『じゃあ言うけど』シリーズ最新作!




50000部突破の処女作!




男と女の違いを紐解く一冊
重版決定!




美女の教科書『DJあおいの恋の悪知恵』
絶賛発売中!

DJあおいの恋の悪知恵
DJあおい
KADOKAWA/メディアファクトリー
2016-02-19




こちらも絶好調発売中!




『DJあおいの恋愛指南塾』連載中


















クリックにご協力お願いします