こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談をいただきましたよ















お悩み






あおいさん、こんばんは。
彼氏と5年ほど付き合っている大学4年の女です。

私の彼氏は有名女アイドルが好きです。これは今に始まったことではなく、昔から好きです。ライブにも行きます。私は、アイドルオタクをしたことがないので、アイドルを好きな気持ちが分かりません。ただ、アイドルのライブに行くことは相手の趣味だと思い、私のワガママで奪ってはいけないものだと思っています。そのため、この前ライブがあったのですが、その日のラインを昼から既読せず、夜になったら返そうと考えていました(昼から夜のどこがでライブがあると考えたため)すると彼から、なぜ返さないのかと怒られました。私の意図として、彼氏が好きな女アイドルを見に行っていることをよく思わないので返信を返しても冷たくなってしまうことや、アイドル好きの気持ちを理解することは難しいのでその部分とは離れようと思い、そのような行動を取りましたが、相手は悲しかったようです。(多分私も同じことをされたら怒ります、、)私は、彼氏のアイドル好きな部分に対してどう対応を取ればいいのでしょうか?
あおいさんの考えをお聞きしたいです。




















私もアイドルにハマったことがないので
『アイドルが好きだ』という気持ちはわかりません
しかし『理解』はできます

例え自分にとって興味のないことでも
自分に興味のあるものに必ず関連性がある
その関連性を見つけることを『知の越境』と言います

わかりやすい例で言えば
マラソンが好きな人は『人生はマラソンのようだ』と言いますよね
でも登山が好きな人は『人生は山登りに似ている』と言いますし
本が好きな人は『人生は一冊の本である』と言ったりします

どれも異なるジャンルでありながら
それ等を聞いてみると共通項がたくさんあったりするわけです

マラソンの話題にも登山や読書に通じるものがあり
登山の話題にもマラソンや読書に通じるものがあり
また読書の話題にもマラソンや登山に通じるものがあるということ

自分にとって興味のない話題でも
よく聞いていれば自分に興味のあるものに必ず関連性を見つけ出すことができるということです

その関連性を探りながら話を聞くのもまた一興
自分の持っている『知』が垣根を超えて越境する瞬間は
異なる『知』を持った人との隔たりを越える瞬間でもありますからね

そうやって異なる世代の人や異なる文化を持った人と繋がりを持つことも
自分の人生を彩るひとつの要素になるのではないでしょうか

それが理解し難い趣味でも
深く切り込んでみれば意外と共感できることもありますからね
興味のない話題だからこそ『知の越境』が試されるのですよ

彼はおそらく『アイドルが好きだ』という気持ちを共有して欲しいのではなく
入口で拒絶されていることが不本意なだけで
『知の越境』を求めているだけではないでしょうか
















以上
DJあおいでした



お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね























お仕事の依頼はこちらまで
mrnmtzk3159@gmail.com














女の人間関係はめんどうなのよ 人付き合いの処方箋
DJあおい
KADOKAWA
2018-03-24
重版出来!絶賛発売中!



想いよ、逝きなさい
DJあおい
幻冬舎
2017-09-21
絶賛発売中!







『じゃあ言うけど』シリーズ最新作!




50000部突破の処女作!




男と女の違いを紐解く一冊
重版決定!




美女の教科書『DJあおいの恋の悪知恵』
絶賛発売中!

DJあおいの恋の悪知恵
DJあおい
KADOKAWA/メディアファクトリー
2016-02-19




こちらも絶好調発売中!




『DJあおいの恋愛指南塾』連載中


















クリックにご協力お願いします