こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談をいただきましたよ















お悩み






あおい様

こんにちは。
学生の頃からかれこれ5年以上ブログや書籍を拝読し、恋愛や人生について参考にさせて頂いております。
あおいさんの恋愛観もきっかけに自分なりに考えながら今のパートナーと結婚をしました。

今までは気にならなかったのですが、
「恋人と別れる時は、次の彼女候補と仲良くなってから別れてきた」
「元カノの過去の恋愛に嫉妬して風俗を利用した」
私と付き合ってからは「(私)と上手く行かない事を愚痴ったり、話すことをなんでも肯定してほしいから何度もキャバクラへ通った」
「断れる仕事の付き合いだけど何度もキャバクラへ行って、上記の話をした」
等のいい加減さが気になってきました。ここ数日で嫌悪感が増えてしまい、今は単身赴任中で不在なので良いですが帰ってきた時に今までと同じ様に接する事が出来る自信がありません。
何かアドバイスを頂けないでしょうか。

季節の変わり目で体調を崩しやすい時期です。ご家族の方々とご自愛ください。


















最も最適な人間関係(※恋愛関係、夫婦関係含む)とは
どちらが上でもなく、どちらが下でもない、対等な関係です
とくに親友や恋人、そして夫婦においての関係は
この対等な関係が成り立っていないとうまくいきませんね

エアコンの設定温度を27度にすると寒い
エアコンの設定温度を28度にすると暑い
ちょうどいい温度がなかなか見つからない
最適な温度の幅が極端に狭い人っているじゃないですか(オレ)

あれと同じように
自分にとって最適だと思える人間がなかなかいないという人がいるんです

友達なのに、どこか見下していたり
恋人なのに、どこか引け目を感じていたり
最適な人間関係を築くことがなかなかできなくて
尊大であるか、卑屈であるかの二択の人間関係になってしまうんですね

例えば恋人に不満があった場合
対等な関係ができているのなら
ちゃんとした話し合いができるでしょう

しかし、自分が上の立場だった場合
上から圧力を掛けて行動を制限してしまったり
自分が下の立場であった場合
その不満は外部に向けられてしまったりするわけです

どちらであろうと『話し合いにならない』というのが大きな問題ですね

相談者さまの夫くんの場合
妻ちゃんに引け目を感じているタイプの男性
もっと言えば元カノちゃんにも引け目を感じていたのでしょう

パートナーに対して引け目があるから
対等に話し合うことができず
不満があると外部の女性を慰みにしてしまうわけですが
そういう人に限ってプロのお姉様方等に対しては
尊大に振る舞ってしまう傾向があるようです
プロのお姉様いわく『労力が掛かるわりに見返りが少ない最も厄介な客』だそうですよ

夫くんが最適だと感じる温度はどこなのか
27度から28度までの間にその答えがありますので
そこはコンマ単位で微調整していくしかないですね

めんどくさいですけどね

















以上
DJあおいでした



お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね























お仕事の依頼はこちらまで
mrnmtzk3159@gmail.com














女の人間関係はめんどうなのよ 人付き合いの処方箋
DJあおい
KADOKAWA
2018-03-24
重版出来!絶賛発売中!



想いよ、逝きなさい
DJあおい
幻冬舎
2017-09-21
絶賛発売中!







『じゃあ言うけど』シリーズ最新作!




50000部突破の処女作!




男と女の違いを紐解く一冊
重版決定!




美女の教科書『DJあおいの恋の悪知恵』
絶賛発売中!

DJあおいの恋の悪知恵
DJあおい
KADOKAWA/メディアファクトリー
2016-02-19




こちらも絶好調発売中!




『DJあおいの恋愛指南塾』連載中


















クリックにご協力お願いします