カテゴリ

恋愛









こんにちはDJあおいです

ちょっとだけコラムを










毎日たくさんの相談メールを頂いているのですけども
その中で多いのは『モテたい』という相談なんですよね

でも身も蓋もない言い方をすれば
モテたいときほどモテないときであり
モテたくもないときほどモテてしまう

というのが現実なんですよ

モテる女になるために
愛され女子の法則
等々、様々な恋愛指南があるわけですが
確かにそういう女性はモテるだろうなとは思う内容なんですけども
正直それをモテたい人が真似してもモテないんですよね

ではモテる女性とモテない女性の決定的な違いは何なのか
と言ったら
『モテたい』という欲求があるかどうかの違いだと思うんです

モテる女性ほどモテたいという欲求は持ち合わせていないものですし
もちろん胡散臭い恋愛指南なんて指針にしていないものですし
モテている自覚もあまりないものですし
むしろモテることが鬱陶しく感じたりするものなんですよ

『それはモテているからだ』と思う人もいるのかもしれませんが
それがそもそもの間違いなんですよね

欲求には必ず目的というものがありまして
『モテたい』という欲求の目的は何なのかと言ったら
『自尊心を満たしたい』という目的なんです

それは同時に自尊心が満たされていないサインでもあり自己評価が低いときでもあります
自己評価が低い人は周囲からの称賛や承認を求める傾向にありまして
それが『モテたい』という安易な欲求に結び付くわけですね

自尊心を満たすための周囲からの称賛や承認は『依存』の燃料になるものですから
『モテるためのアクション』というものは周囲から見ると痛々しいものに感じられて
モテようとすればするほど『痛ガール』になってしまうというわけです

自尊心は周囲に求めるものではなく自分自身の成長によって埋めていくもの

モテたい欲求があるときほど恋愛から離れるべきとき
モテる自分になる前になりたい自分になるべきときなんです
そのために夢中になりましょう

何かに夢中になっている人ほど美しいものですからね









以上
DJあおいでした










DJあおい著『じゃあ言うけど、それくらいの男の気持ちがわからないようでは一生幸せにはなれないってことよ。』5万部突破発売中!
image




クリックにご協力お願いします

















①人を好きになる
  ↓
  ↓
  ↓
②妄想全開
  ↓
  ↓
  ↓
③現実逃避で幸せの絶頂
  ↓
  ↓
  ↓
④好きな人が振り向いてくれる
  ↓
  ↓
  ↓
⑤現実に引き戻される
  ↓
  ↓
  ↓
⑥現実の自分とご対面
  ↓
  ↓
  ↓
⑦どう接していいのかわからない
  ↓
  ↓
  ↓
⑧うまく接することのできない自分キモい
  ↓
  ↓
  ↓
⑨キモい自分に好意を寄せる人キモい
  ↓
  ↓
  ↓
⑩唐突に片想いが冷める
  ↓
  ↓
  ↓
⑪そんな自分がますます嫌いになる
  ↓
  ↓
  ↓
⑫嫌いな自分と向き合いたくない
  ↓
  ↓
  ↓
⑬現実の自分から逃げたくなる
  ↓
  ↓
  ↓
⑭ふりだしに戻る








自分嫌いな女性にとっての片想いとは嫌いな自分から目を背ける手段

自分が嫌いだからちゃんと自分と向き合えないのではなく
ちゃんと自分と向き合わないから自分が嫌いになる






以上
DJあおいでした










DJあおい著『じゃあ言うけど、それくらいの男の気持ちがわからないようでは一生幸せにはなれないってことよ。』5万部突破発売中!
image




クリックにご協力お願いします








お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね


















こんにちはDJあおいです

今回はちょっとだけコラムです












毎日たくさんのメッセージを頂いているのですが
ナントカフレンド(察してください)に関する相談が非常に多いんですね

身体の関係もありながら友達であるという
相反するものが混在している理解し難い関係なんですけどね

どちらかが恋愛感情を抱いた時点でそれは友情とは言えませんので
今回それは除外するとして



男女間での友情というものは
だいたいが女性がオス化して成り立っているんですよね
男性がメス化して友情を成立することはあまりないんですよ

ですから男女間の友情というものは
見た目は男女であっても中身は『男同士』みたいな友情だったりするわけです


女は女であることを出さない
男は女に女であることを出させない

そうすることで成立する関係なんですよ







そして次は身体の関係の方なんですが

男は性欲で女を抱く(男性ホルモン)
女は愛欲で男を抱く(女性ホルモン)


という関係性で成り立つのが通常の身体の関係なんですけどね

まぁ実際は0か100ではなく濃度の問題なので
男性にも愛情の欲求はありますし
女性にもスケベ心はあります







それを踏まえて

ナントカフレンド(察してください)というものは
男同士の友情とお互いの男性ホルモンだけの身体の繋がりで関係を保っていることになるんですよね

要するに男同士でちちくりあっているようなものなんです

理解できないはずですよ
そこに『女』は存在しないわけですからね













以上
DJあおいでした












お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね














こんばんはDJあおいです

久しぶりのコラムです










恋愛には必ず独占欲が生じます
独占欲のないものは恋愛とは言いませんし
また独占欲しかないものも恋愛とは言いません



例えば恋人が他の異性と二人で遊ぶことを厳しく禁じること

これは独占欲だけであり恋愛とは言えません


例えば自分が他の異性と遊びたいがために相手にも束縛はしないこと

これは独占欲がないものであってこれも恋愛とは言えません


相手の独占欲を思いやり自らを律すること

お互いが自らを律し合い
お互いが相手に自由を与え合うこと

お互いを案じることで愛情が生じるものであり
そこではじめて『恋愛』になるわけです


独占欲があるから愛情があり
愛情があるから独占欲があるものなんです

最も虚しいのは独占欲のないお付き合い

最も苦しいのは独占欲しかないお付き合い

最も楽しいのが独占欲と愛情のあるお付き合い

どんな付き合いをするのかは

女の実力次第















以上
DJあおいでした












お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね



















甘えられない人というのは

意地っ張りな人でもあるんですが

意地っ張りな人というのは

『言わなくてもわかってほしい』

という欲求を抱えているものでして

その『言わなくてもわかってほしい』という欲求こそが

最大の甘えだったりするんですよね

伝えたいことは言葉にしないと何も伝わらんです







こんばんはDJあおいです

最近はQ&Aばかりになってしまっていたので
久しぶりのコラムにしてみました

といってもちょっと前にTwitterで呟いたものなんですけどね
なかなか反響が大きかったのでブログに持ってきました

Q&Aの相談でも『甘えられない』という悩みが非常に多いんですけどね

甘えられないというわりには何処か『甘ったれ気質』 なところを感じていたんですけど

自分の思いを言葉にすることは勇気が必要なことでもありまして
その勇気の欠如が『言わなくてもわかってほしい』という無茶な甘えに繋がってしまうわけですね


不機嫌になって無視する人とか
足音やドアを閉める音で感情を表現する人にありがちなことなんですけどね

そんなことされても『機嫌悪いなぁ』くらいしか伝わらないものなんです

言葉だけで全てが伝わるものではないんですけどね
言葉なしでは何も伝わらないものなんですよ









以上
DJあおいでした







お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね