こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ





『あおいさん、初めまして。
いきなりですがもう本当に限界で話せる相手がいないので、せめてあおいさんにお話を聞いていただきたくてメールします。

今現在同い年(両方19歳)の彼と半年ほどお付き合いしていますが、毎月絶えず喧嘩ばかりでした。ですがお互い謝り毎回喧嘩は終わり仲良しに戻れるのですが、先月その喧嘩に私が耐えられなくなりそうなときに男友達に告白されて揺れてしまいました。

そのとき彼に泣きながら謝られて、自分を選んでくれと言われ私は何をしてるんだと思い彼に謝り彼のほうへ戻りました。

しかし今月また喧嘩をして、彼が溜まっていたものを爆発させるかのように人が変わり普段の喧嘩の雰囲気とは全く違ったものになり、「呆れた」と言われました。
原因は積み重なった私の自分勝手な発言や行動です。
何度も泣きながら謝り「変わるから」と「迷惑をかけないから」そう言って変わろうと決めたのですが、今までと違う彼の態度に耐えられなくなり二度ほど「寂しい」という言葉をこぼして「自分のせいだろ」と言われそれからまた悪循環の繰り返しです。

昨日また「今の状況が辛い、苦しい」と相手に伝えてしまってもう取り返しのつかない状況になってしまいました。
「先月自分がしたこと本当に笑い事じゃない、俺がどれだけあのとき辛い思いをしていたか」
本当にその通りなんです。自分が情けなくて、沢山ひどいことを私に言うのに「別れよう」とは言われないこの状況が苦しくて

「悪いところをちゃんと見つめ直す」と言っても「絶対無理。期待していない。勝手にしてろ」等の言葉が返ってくるだけで、もう関係を戻すのは無理なのだなと思いました。

あおいさん、今丁度私は進路のことを考えないといけない時期なんです。
何が言いたいか、あおいさんに何を聞いてほしいのかよくわからないんですが、本当に死にたくなるときってあるんですね。
これを書いているときも涙が止まらなくて、彼には完全に呆れられ飽きられている状態で

過去に私も彼に呆れたと言った経験があります。彼も死にたいと嘆いたことがあります。私と同じような気持ちを彼にもさせていたんだと思うと本当に苦しくて、彼が私を許してくれないことが見えていて余計辛い。

自分から別れようなんて言えない。
側にいてほしい。この先もこの人と一緒に居たいと思ってしまいます。
彼に同じことを伝えたけれど、「あっそ」という返事だけでした。

大好きなんです。私が酷く傷付いているときに出会い、私を受け入れ必要としてくれました。だから私も彼に何かしたかった。
それを仇として返してしまいました。
この人が居なくなるくらいなら、消えてしまいたいと本気で思ってしまう自分が本当に嫌いです。

あおいさん、見ず知らずの方にこんなことを言うのはおかしいのかもしれませんが、あおいさんの言葉で助けてほしい
あおいさん、明日が来るのが苦しいです。』






喧嘩の絶えない仲というのはよくあるものなんですけどね
よくよく内容を聞いてみると同じようなことで何回も何回も喧嘩をしているんですよね

これはどちらかがどちらかに喧嘩することによって我慢を強いてしまっているからなんですよ

喧嘩というものは相手を黙らせることはできても
相手を変えることはできないものですから


喧嘩の絶えない仲というのは
変わり合うことができない仲になってしまうわけですね

喧嘩というのは感情のぶつけ合いでして
話し合いというのは理性の捧げ合いでして

人は自分のことにはなかなか理性は働かないものなんですよ
ですから喧嘩というのはお互いに自分のことしか考えていない者同士で起こってしまうものなんです

理性というのは違う誰かのために働くものですから
話し合いというのはお互いがお互いを思いやれる仲でしか成立しないわけですね


恋というのは感情でするものかもしれませんが
愛情というものはその人を思いやれる理性なんですよ

喧嘩もできない関係なんて恋愛じゃないと言う人もいますがちょっと違うんですよね

話し合いもできない関係なんて恋愛じゃないというのが正解だと思うんです

恋するだけじゃ続かないということ
それを続けるのは愛するということ

ですね












以上
DJあおいでした










お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね