こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談をいただきましたよ










お悩み



はじめまして。
私は半年前に、3年近く付き合った初めての彼氏と別れた大学4年生です。別れる前後、そして今もあおいさんの言葉に助けられています。

その彼の言葉が気になっていて、もう彼に聞くことはできないのであおいさんに質問させていただきたいと思いメールしました。

それは「少し束縛された方が嬉しい」という言葉です。

私達は毎日LINEしていて、いつどこで何をしているかを全て把握していました。私は二つのことを同時にすることが苦手で、何かに集中している時や友達と話している時はケータイを見ないのですが、私のLINEの返信が遅かったり少なかったりすると不安になるようで、喧嘩になったりもしました。

私はそんな彼に対して「束縛されるのは信頼されていないと感じるから嫌だ」と言っていたのですが、彼は逆に束縛された方が愛されていると感じる人だったようです。

私は断じて彼が不安になるようなことはしていないつもりで、むしろ彼の方が私からしたら異性と遊びまわっていた印象でした。

私が知りたいのは、束縛されたいのに自分は遊びまわる人というのはどういう人なのかということです。
私に嫉妬してほしかったのでしょうか?

以前あおいさんの記事で、愛することは自由を与えることという言葉を読んでから、自由を奪われたい人はどんな人なのか気になっています。
よろしければご返答お待ちしております。












束縛されたい人というのは
自由を与えられても何をしていいのかわからない人

誰かに縛られ、誰かに指示をされ、誰かの言う通りに生きていきたい人
つまり、自分の生き方に責任を持てない人です

誰かの支配下に入っていれば
何があってもその人のせいにできますからね
でも、実は誰も責任なんて取ってくれないんですけどね

彼が束縛を望んだのは責任転嫁の願望があったため
異性と遊ぶのも束縛をしてくれない(責任を持ってくれない)あなたへのあてつけ
『あなたが束縛してくれないから異性と遊ぶのですよ』というメッセージ
それほど責任感が欠落していたという証です

束縛されたいタイプは女性に多い傾向なんですけどね
近年では男性にも増えているようで
だから相互依存のカップルが増えているのかなという印象です

自由じゃなければ生まれてきた意味なんてないのにね
彼等はきっと、ある意味まだ生まれていないのかもしれません(大人として)



















以上
DJあおいでした



お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね























お仕事の依頼はこちらまで
mrnmtzk3159@gmail.com











女の人間関係はめんどうなのよ 人付き合いの処方箋
DJあおい
KADOKAWA
2018-03-24
重版出来!絶賛発売中!



想いよ、逝きなさい
DJあおい
幻冬舎
2017-09-21
絶賛発売中!







『じゃあ言うけど』シリーズ最新作!




50000部突破の処女作!




男と女の違いを紐解く一冊
重版決定!




美女の教科書『DJあおいの恋の悪知恵』
絶賛発売中!

DJあおいの恋の悪知恵
DJあおい
KADOKAWA/メディアファクトリー
2016-02-19




こちらも絶好調発売中!




『DJあおいの恋愛指南塾』連載中


















クリックにご協力お願いします