こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談をいただきましたよ










お悩み



あおいさん

いつもブログやツイート楽しく拝見しています。
母との関係に悩んでいてメールさせてもらいました。

私はもうすぐ30歳、夫と子供2人の4人家族、会社員です。
去年、高悪性度のガンが見つかり、抗がん剤治療を半年以上続けています。まだ色々と治療が続く状態です。
病気はショックでしたが、子供も小さいし、治すしかないとすぐに覚悟は固まり、治療は副作用が辛いながらも概ね順調で、家族も前向きな雰囲気です。

ですが、私の実母だけはいつまで経っても暗い顔をして、ネガティブなことを言い続けます。
「平気そうな顔してるけど、本当は落ち込んでるんでしょう?ちょっと前までガンと言われたら諦めなきゃならない病気だったんだから」
「そんな強い薬大丈夫なの?何かあったらどうするの?もっと自然派の治療はできないの?」
などなど。
心配してくれているのはわかりますが、いつまでも繰り返され、抗がん剤でヘロヘロの私が母に気を使って慰めなければならない日々に疲れました。

「ショックだったけど医者の説明に納得したからもう気持ちは切り替えた」と話しても、薬について病院で一緒に説明を受けても、本を勧めても、
「お母さんは難しい話はわからない」の一点張りで届きません。そして、
「ああ、孫たちの生活はどうするの?たくさん我慢してるだろうね。可哀想にね。」
と、ジワジワ私を追い詰めるようなことばかり。そういう言い方はやめてと言っても、
「悪く取らないで!こっちは代わってやりたいけどできなくて辛いのよ!」
と涙を流されます。

もう母が一緒にいると、子供達を不安にさせ、私の心身ももたないので、治療中はできるだけ会わないようにしていますが、
「頼られないのは辛い」「私も周りに色々言われる」とラインや電話が入ってきて、結局私の希望より自分の気持ちや世間体なのかと心が折れそうです。

私も新米ながら親、我が子が大きな病気をして心配で辛い気持ちは想像できるつもりなので、完全に連絡を断つことまではできずにいます。
でも連絡を取ればまるで母の方が悲劇のヒロインのようです。
どうして私の判断を尊重してくれないのか、孫のためにも静かに見守ってくれないのかと苦しいです。

母とのことばかり書きましたが、現実には治療と子育てと仕事で日々いっぱいいっぱいで、もう母を気遣う余力が無くなってしまった気がします。
まだまだ治療が続く中で、どう折り合っていけばいいでしょうか。

最後になりますが、小さな体で本当に辛い治療をこなしている娘さん、支えるあおいさん、心から尊敬して応援しています。
お互い頑張りましょう!

読んでくださりありがとうございました。










私も娘が白血病だとわかったとき
目の前が真っ暗になり明日が見えなくなりました
食欲もなくなり、生活も乱れ、不眠地獄に陥り、しばらくは生ける屍でしたね
今思えば親として失格だったと思いますが
当時は『かわいそうな私』に閉じこもって自己防衛していたんだと思います

そんな頼りない親を見て『私がしっかりしなきゃ!』と思ったんでしょう
娘が一番辛いはずなのに、娘が一番しっかりしていました
まるで弱った親を看病するように
無理して笑い、無理して話し掛け、無理して元気なフリをして
親を元気付けようと頑張ってくれたんです
ちょうど今のあなたのようにね

でもまだ子供じゃないですか
そんなに強いわけがないじゃないですか
ある日溜め込んだネガティブのダムが決壊したんです
帰りたい、学校の友達に会いたい、外に出たい、好きなものが食べたい、そして『生きたい』と
辛抱堪らずこんな情けない親に甘えてくれたんです

私はそこでやっと目覚めました
『私は今まで何をしていたんだ、こんなんじゃ子供が甘えられないじゃないか、かわいそうな自分がなんなんだ、今こそ親であるべきなんじゃないのかよ』とね

そこからです
『かわいそうな自分』はひとまず置いといて
今まで通りに身なりを整え、今まで通りに明るく振る舞い、今まで通りの生活をして
今まで通りに子供が甘えることができる自分に戻ったんです

そりゃ辛いですよ、夜な夜な泣きますよ、病まない日なんてないですよ
でもそれを子供に見せたら子供が甘えられないじゃないですか
だから自分に鞭を打って今まで通りの自分を演じているんです

それをわかってほしいなんて思わないし
むしろこの嘘は墓場まで持っていくつもり
この親の心なんて知らないまま元気になってほしいと願っています

それから娘は徐々に甘えてくれるようになりました
いつも通りの甘ったれな娘に戻ってくれたんです
やっぱり『いつも通り』ってしっくりくるんですよ、安心するんですよ
べつに根拠はないけど『大丈夫』って思わせてくれるんです

そして娘も親も『いつも通り』を取り戻し
今はいつも通りの親子で一緒に安心して闘病することができているんですよ

私にはあなたのお母さんの気持ちが痛いほどわかります
親としていかがなものかと思うでしょうが
きっとお母さんはお母さんとして甘えてほしいんだと思いますよ

あんまり強くなられると親は寂しいんです
たまには親孝行として
弱い自分を見せてあげてください




















以上
DJあおいでした



お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね























お仕事の依頼はこちらまで
mrnmtzk3159@gmail.com











女の人間関係はめんどうなのよ 人付き合いの処方箋
DJあおい
KADOKAWA
2018-03-24
重版出来!絶賛発売中!



想いよ、逝きなさい
DJあおい
幻冬舎
2017-09-21
絶賛発売中!







『じゃあ言うけど』シリーズ最新作!




50000部突破の処女作!




男と女の違いを紐解く一冊
重版決定!




美女の教科書『DJあおいの恋の悪知恵』
絶賛発売中!

DJあおいの恋の悪知恵
DJあおい
KADOKAWA/メディアファクトリー
2016-02-19




こちらも絶好調発売中!




『DJあおいの恋愛指南塾』連載中


















クリックにご協力お願いします