こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談をいただきましたよ










お悩み




あおいさん

こんにちは。
いつもブログ拝見しております。

早速相談なのですが、
私は父親がどうしても好きになれません。

小さい頃いつも隣にいて
叱ってくれる、褒めてくれるのはいつも母だった為か父に対してどこか他人行儀になってしまいます。

また、職場の先輩が父のような人と結婚したいという発言に対し、わかる!の言葉を集めており私は何も言えませんでした。
それと同時に24歳にまでなって
思春期、反抗期のような感情があり恥ずかしくなりました。

私がまだ子供すぎるのでしょうか?
ご意見聞かせてください。











子供の親との関わりは
仕事の関係もあって
どうしても父親よりも母親との関係の方が密接になります
対して父親も
子供よりも母親との関係が密接で
父親と子供、子供と父親との関係を結びつけるのは
母親の役目になるわけですね

夫婦の会話では子供のことを話し
子供には『パパがあなたのことをこんな風に褒めていたよ』と伝え
そして父親には『あの子がこんなに喜んでいたよ』と伝え
母親を介して父親と子供は繋がるわけです

子供はそうして父親からも愛されている実感を得て
『私は愛される存在なんだ』と自己肯定感を育み
安心して大人へと育つことができるわけです

しかし母親が父親のことを伝えないと
子供は父親と分断されてしまい
父親から愛されているという実感を得られません
父親がどんなに家族を思い連日深夜まで働いていても
母親がその情報を堰き止めていたら子供にその愛情は伝わらないんです
そこから誤解が生じ『もしかしたら私は父親に愛されていないのかもしれない』と不安になり
自己肯定感がなかなか育まれず
その復讐として父親に反発するようになってしまうわけです

子供と父親を橋渡しする母親の役目が機能していないと
父親は家族から分断された存在になってしまうということですね

今からでも遅くはないので
お母さんにお父さんの話を聞いてあげてください
お母さんを真ん中にして、間接的にでもコミュニケーションをとってください
そして頃合いを見てお父さんと直で話をしてみてください
あなたの思いが単なる誤解だったとわかるはずです

そしていずれ自分に家族ができたら
父親と子供を繋ぐ存在であるように努めてください
ここが一番重要なポイントですよ



















以上
DJあおいでした



お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね























お仕事の依頼はこちらまで
mrnmtzk3159@gmail.com











女の人間関係はめんどうなのよ 人付き合いの処方箋
DJあおい
KADOKAWA
2018-03-24
重版出来!絶賛発売中!



想いよ、逝きなさい
DJあおい
幻冬舎
2017-09-21
絶賛発売中!







『じゃあ言うけど』シリーズ最新作!




50000部突破の処女作!




男と女の違いを紐解く一冊
重版決定!




美女の教科書『DJあおいの恋の悪知恵』
絶賛発売中!

DJあおいの恋の悪知恵
DJあおい
KADOKAWA/メディアファクトリー
2016-02-19




こちらも絶好調発売中!




『DJあおいの恋愛指南塾』連載中


















クリックにご協力お願いします