こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談をいただきましたよ










お悩み



あおいさん
いつもブログ見ています。

今年社会人3年目になるのですが、
あおいさんに質問があります。

自分らしさとは何ですか?

時には自分らしさを出して
時には周りに合わせてと
その使い分けがよく分かりません。
そんなこと考えてしまう私がダメなんでしょうか?

寒くなってきたのでお体には十分気をつけてください!!










『自分らしく生きよう!』と思うと
独立性と引き換えに親和性がなくなり
『周りの人と仲良くやろう!』と思うと
親和性と引き換えに独立性がなくなり

独立性を損なわずに親和性を保つためには
どちらにも傾倒せず
ちょうどいい『真ん中』をキープする必要があるんですよね

真ん中にチューニングを合わせることは
親和性を犠牲にして独立性を保つストレスと
独立性を犠牲にして親和性を保つストレスの
両方のストレスが掛かることになります

このストレスに耐えられなくなると
独立性を捨てて集団に依存してみたり
親和性を捨てて独りになってみたり
どちらかに傾倒してしまうわけですが

それはどちらも人間関係に掛かるストレスの耐性がないだけの話で
方向性は違えど根本はどちらも同じなんですよね
ですので独立性を選んだ人は
やがて親和性のなさに嘆き苦しみ
今度は親和性を得るために独立性を全て捨ててしまいます
反対に親和性を選んだ人は
やがて独立性のなさに嘆き苦しみ
今度は独立性を得るために親和性の全てを捨ててしまうでしょう

独立性と親和性
これはどちらも生きていくためには必要なものであり
それは二者択一の問題ではありません
人として人の間で生きていくためには両方必要なもので
どちらも捨ててはいけないものなのですよ

人付き合いというものは
良くも悪くもストレスが掛かるものです
あなたの存在もまた
違う誰かにとってはストレスなのです
だからこそお互いに気を使い合い
整合性を保っていかなければならないのが人間関係なのですよ

ほどほどに人の目を気にして
ほどほどに自分を大事にして
ほどほどの関係を保ち
ほどほどのストレスを受け入れること
0か100かの二元論にならないように
ほどほどに、上手に、人間関係の海を泳いでください

独立性と親和性のバランス感覚が上手な人
それが『大人』なんですよ

自分らしくあることも大事だし
周りと調和することも大事
どうでもいいことは他人に合わせて
『これだけは譲れない』という部分だけ自分らしさを出していけばいいと思いますよ

そのためには自分の価値観を整理整頓する必要があります
多すぎる価値観は自分らしさの押し売りになってしまいますからね
価値観なんて二つ三つあれば充分なんですよ













以上
DJあおいでした



お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね























お仕事の依頼はこちらまで
mrnmtzk3159@gmail.com











女の人間関係はめんどうなのよ 人付き合いの処方箋
DJあおい
KADOKAWA
2018-03-24
重版出来!絶賛発売中!



想いよ、逝きなさい
DJあおい
幻冬舎
2017-09-21
絶賛発売中!







『じゃあ言うけど』シリーズ最新作!




50000部突破の処女作!




男と女の違いを紐解く一冊
重版決定!




美女の教科書『DJあおいの恋の悪知恵』
絶賛発売中!

DJあおいの恋の悪知恵
DJあおい
KADOKAWA/メディアファクトリー
2016-02-19




こちらも絶好調発売中!




『DJあおいの恋愛指南塾』連載中


















クリックにご協力お願いします