こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談をいただきましたよ










お悩み



djあおいさん

お金の事でご相談があります。

私は現在、国立の大学に通っています。
仕送りはありませんが、
大学の学費は親が払ってくれています。

私はバイトをしていますが、
光熱費、食費、生活費(ナプキンなどの必要なもの)、医療費、交際費などは、バイト代で払っています。

奨学金を借りていますが、卒業後の負担を減らす為、家賃代として最低限の金額を借りています。

バイト代は色々な生活費で消えてしまったり、
奨学金を卒業後に返済することや、あまり稼げなかった月のことを考えて、貯金にまわすので、
自由に使える(遊べる?)お金があまりありません。

ですが周りの人達は、
親が学費や生活費、何から何まで払ってくれており、
車も持っており、バイト代はほとんど遊びに使えています。

自分の家の収入が悪いわけではありません。
また、親に対して不満があるわけでもありません。

ですが、頑張っているのにずっとお金がなくて、
でも周りはとても楽しそうで、好きなものを買って、
色んなところに遊びに行っていて、、という状況に
段々しんどくなってきています。

私がキラキラしている人達を見過ぎなのは分かっています。
大学生全員が、親に全て払ってもらっているわけではないと思っていますし、親に負担をかけたくないと思っています。

ですが、しんどいです。
どうしたら自分は自分、相手は相手と、気持ちを整理することが出来ますでしょうか。

お手数ですが、ご返答頂けると幸いです。
よろしくお願いします。












散財して派手に遊びまわっている人が『キラキラしている人』なのですか?


自分の力で稼ぎ、自分の力で生活する
自立して生活することは自分の実力がそっくりそのまま生活に反映されるものであり
それが誇らしくもあり楽しかったりするものなんですよね
これが根本的な自立ってやつです

でも自立するといつも付きまとう不安が生じます
それは『生きること』への不安
当たり前ですよね
自分が働かなきゃ生きていけないわけですから
こんなにも生と死が隣り合わせになっているものなのかと
大人は定期的に不安になってしまうものなんですよ

親に養ってもらっているときには感じたことのない生への不安
当たり前のように生きてきたのに
それが特別な幸福だったと気付く瞬間です

これからは自分の命は自分で守っていかなきゃという責任感
忍耐力をつけたいとか自立したいとかではないんです
ただ『生きたい』という人間が持つ原始的な欲求ですね

その生への不安はどんなに頑張って稼いでも消えることのない不安です
それを燃料にして社会人は働いているんですよ
自立した社会人なら誰もが持っている不安
見えない未来は誰も作ってくれない
それは自分で作っていくしかない
という責任感を持って皆生きているんです

不安を幸せに塗り潰して生きていくのが充実であり
それは誰かに生かされているうちは決して味わうことのできない充実感
その充実感が大人の特権
自分の力で生きていくことっては
苦しくて辛くて、それでいて全てが楽しいものなんです

あなたは周りよりも大人に一歩近いところにいる
大人は皆美しい
それは周りよりもあなたが輝いているってことなんじゃないですかね?














以上
DJあおいでした



お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね























お仕事の依頼はこちらまで
mrnmtzk3159@gmail.com












女の人間関係はめんどうなのよ 人付き合いの処方箋
DJあおい
KADOKAWA
2018-03-24
重版出来!絶賛発売中!



想いよ、逝きなさい
DJあおい
幻冬舎
2017-09-21
絶賛発売中!







『じゃあ言うけど』シリーズ最新作!




50000部突破の処女作!




男と女の違いを紐解く一冊
重版決定!




美女の教科書『DJあおいの恋の悪知恵』
絶賛発売中!

DJあおいの恋の悪知恵
DJあおい
KADOKAWA/メディアファクトリー
2016-02-19




こちらも絶好調発売中!




『DJあおいの恋愛指南塾』連載中


















クリックにご協力お願いします