こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談をいただきましたよ









あおい様
はじめまして、30才女性です。
いつも欠かさず拝読し色々考えさせて頂いてます。

ご相談です。
2ヶ月前、目指してた事に見切りをつけ、どっぷり浸かっていたあるコミュニティを抜けました。
同時に2ヶ月間不倫関係にあった人から別れを告げられました。

今はある意味平和な日々を送ってます。
会社の仕事はあるし、大切な友達もいるし、少なからずやりたい事や夢もあります。
そして時間もあります。

けれども何をしても楽しくありません。
心がのらず、行き場のない感情と虚無感にいつもかられています。
時間があれば本を読んだり、自分の心が喜ぶ事をしようと心がけてはいるですが、全然響く事なく、同じ事ばかりグルグル考えてしまう日々です。

私は、思考は割とネガティブですが、根本はポジティブに、曲がりなりにもここまで前進してきたつもりです。
しかし、ここに来て全く人生に希望が見出せず
感情をぶちまける事も出来ず、
私ってこの程度の人間なんだなと思うと、
またこれから頑張る気力が湧いてきません。

時が解決してくれるものなのでしょうか。
ご返信頂けると幸いです。
こんな私に渇を入れ下さい。












失敗の処理の方法は
大きく分けて二通りになります

ひとつは自分の能力を伸ばす材料にする方法
そしてもうひとつは自分の価値を落とす材料にする方法

失敗をひきずってしまう人というのは
失敗で自分の価値を落としてしまう人ですね

失敗した自分を責めて『どうせ私はその程度の能力しかない人間』 と自分の価値を落とし
失敗をしてしまったことに納得したいわけです

そうやって失敗から生じたストレスから
逃れようとしているわけですね

なぜなら 『その方が楽だから』 なんですよ

失敗を経験値にして能力を向上させるためには
時間も労力も掛かりますが
自分を責めて自分の価値を落とすには
何も苦労することはありませんからね

『楽をしたい』 という心理が働いてしまうと
『でも、だって、どうせ』 というネガティブ3Dワードで向上することを拒否して
自分の価値を落とすことを選択してしまうわけです

自己評価を切り売りして失敗のストレスから逃れているわけですから
当然自己肯定感は失われていきます
無気力、無関心、無感動という症状を引き起こし
失敗を失敗とも思えないほどの無価値な自分になって
自分を守ろうとしてしまうんですよ

楽を選んだ代償が最も辛い思いをしてしまうという典型ですね

脳というのは自分に必要のない記憶から忘れていくもので、
失敗を教材にして学び、それが身について、失敗が能力に変わったとき
その失敗から学ぶものがなくなって初めて忘れることができるものなんですね

もちろん失敗した記憶は残っていますが
失敗によるストレスは綺麗さっぱり忘れることができるんです

やってしまった失敗は自分の能力に変えていかないと
いつまでも自分の中で『後悔』 というストレスとして居座り続けてしまうということ

失敗を経験値にして自分の能力に変えていくことは
時間も労力も掛かるように思えますが
結局はそれが失敗から立ち直るための最短距離になるということです

失敗をプラスに切り替えるのが早い人というのは
べつに特別な魔法を使っているわけではないんですよ
当たり前のことを当たり前のこととして
愚直に失敗と向き合い
学んでいるだけなんですよ























以上
DJあおいでした



お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね























お仕事の依頼はこちらまで
mrnmtzk3159@gmail.com












女の人間関係はめんどうなのよ 人付き合いの処方箋
DJあおい
KADOKAWA
2018-03-24
重版出来!絶賛発売中!



想いよ、逝きなさい
DJあおい
幻冬舎
2017-09-21
絶賛発売中!







『じゃあ言うけど』シリーズ最新作!




50000部突破の処女作!




男と女の違いを紐解く一冊
重版決定!




美女の教科書『DJあおいの恋の悪知恵』
絶賛発売中!

DJあおいの恋の悪知恵
DJあおい
KADOKAWA/メディアファクトリー
2016-02-19




こちらも絶好調発売中!




『DJあおいの恋愛指南塾』連載中


















クリックにご協力お願いします