こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談をいただきましたよ







あおいさん、こんにちは。いつも楽しく拝見させて頂いてます。
私は28歳で半年前、長年付き合った彼とお別れしました。
それからは少しずつ一人で居ることの自由、楽しさを感じ、今では一人を楽しむ事が基盤になりとても充実した日々を過ごしています。

そして最近ある男性と知り合う機会があり、それから毎日連絡を取り合い何度か2人で食事に行き、あれだけ恋愛は必要ないと思っていたのに、彼に惹かれている自分に気づきました。

そんな彼とこの間会った時「実は先週母親が亡くなったんだ。まだ誰にも話せていないんだけど。」と打ち明けてくれました。
どんな思いでわたしに打ち明けてくれたのか、考えただけで簡単に励ます言葉も掛けられず、塞ぎ込んでいてもおかしくないのに元々約束していた私との時間を作ってくれた事。お母さんの事を打ち明けてくれた事。
何故話してくれたのかその真相は彼にしか分かりませんが、「こんな話してごめんね」とつらそうに笑う彼を見て、言葉にならず純粋に抱きしめたいと思いました。

けれど「恋人でもなんでもない自分」という立場がブレーキをかけ、黙ってただ彼の話を聞き「話してくれてありがとう」と伝える事しか出来ず、無力な自分が悔しかったです。

その後彼はLINEのやりとりでも今まで通り普通に接してくれますが、こんな時彼はどうして欲しいのだろう。私がして欲しい事をするのはただのエゴで、ましてやその行為が今の彼の負担になったらと思うと、何も動けません。
そうなると選択肢は1つしかありませんが、わたしからは何もせず、このまま彼がアクションを起こすのをただ待っていて良いのでしょうか?

あおいさんの意見を伺いたいです。よろしくお願い致します。

 









母親というのはなんだかんだで偉大な存在ですよ

普段はその存在感は感じないのかもしれませんが
亡くしてしまうとその存在感の大きさに気付くんですよね

大人になると母親が何をしてくれるというわけではないのですが
『生きている』というだけで大きな心の支えになっているものです
存在そのものが安心できるというか
自立したつもりでもやっぱり心のどこかで頼りにしているんですよね

子供に戻れる存在があるということは
大きな安心感をもたらしてくれるものなのかもしれませんね

母親を亡くしてしまうと
もう子供に戻れる場所がなくなってしまうわけで
そんな世界でこれから生きていくのかと思うと
少し不安になる気持ちはよくわかります
彼もきっと悲しさと不安を感じていたのでしょう

そんなときに救いになってくれるのが
親友や恋人等の親しい人たち
不安を共有してくれる人がいることは有り難いことです
一人で抱えていたらしにたくなってしまうような不安も
誰かが共有してくれることで生きる希望になってくれるんですからね

彼はいつかあなたが不安になったとき
その不安を共有してくれる人になるでしょう
あなたを大切に思っているから
彼は自分の不安を打ち明けたのだと思いますよ

とは言え、これは恋愛感情云々のお話ではありません
彼は人としてあなたを信頼しているということ
だったら人として支えてあげるのがあなたの誠意なんじゃないですかね?

女としてではなく人として
その根幹を信頼されているということは
これ以上ない誉れだと思いますよ

この先彼とあなたが男と女としてどうなるのかはわかりませんが
人と人としては支え合える関係にあると思います
今はそれでいいんじゃない?
と私は思いますけどね
















以上
DJあおいでした



お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね























お仕事の依頼はこちらまで
mrnmtzk3159@gmail.com












女の人間関係はめんどうなのよ 人付き合いの処方箋
DJあおい
KADOKAWA
2018-03-24
重版出来!絶賛発売中!



想いよ、逝きなさい
DJあおい
幻冬舎
2017-09-21
絶賛発売中!







『じゃあ言うけど』シリーズ最新作!




50000部突破の処女作!




男と女の違いを紐解く一冊
重版決定!




美女の教科書『DJあおいの恋の悪知恵』
絶賛発売中!

DJあおいの恋の悪知恵
DJあおい
KADOKAWA/メディアファクトリー
2016-02-19




こちらも絶好調発売中!




『DJあおいの恋愛指南塾』連載中


















クリックにご協力お願いします