女の人間関係はめんどうなのよ 人付き合いの処方箋
DJあおい
KADOKAWA
2018-03-24
重版出来!絶賛発売中!

























こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談をいただきましたよ




『DJあおいさんこんばんは。
いつもブログを拝見しては、勇気付けられたりハッと気づくことがあったり、とても救われています。

今日はご相談がありメールさせていただきました。
どうしたら前向きに進めるのかアドバイスを
いただけたら嬉しいです。

私には最近彼氏ができました。学生時代に出会った頃は全く恋愛対象でなかったのに、社会人になり数年ぶりに再会し、告白されいつのまにか私も彼のことが大好きになっていました。
彼は私のことを本気で好きでいてくれて、その気持ちは私にも痛いほど伝わっています。私は元々怖がりで、考えすぎる性格です。今のこの幸せがずっと続かないんじゃないか、彼の過去の恋愛(女遊びをした時期があったことも全て包み隠さず話し、その上で私に告白してくれました)を引きずり出して心配になっては、自分から別れてしまおうとしてしまいます。その度にこんな自分が嫌だとますます自己嫌悪に陥ります。恋愛は二人でするもの、愛することを話し合い続けること、あおいさんのこの言葉を読んで、私は自分を信じ、結果がどうなろうとこの人のことを愛し抜きたいと初めて思いました。相手を愛するためには自分自身をまず愛してあげること。本当にその通りだと思います。しかし、私はどうやって自分を愛すのか分かりません。過去の恋愛はいつも相手が与えてくれる幸せが怖くて自分から別れを切り出してきました。今の彼は私と結婚したいと言ってくれています。私も初めて結婚したいという感情が芽生えました。今までの様に、幸せや、いつか裏切られるという恐怖心から逃げずにこの人を愛するために、自分はどうしたらよいのかアドバイスいただけたら嬉しいです。長くなってしまいましたが、あおいさんもご多忙かと思いますのでお体ご自愛ください。読んでいただきありがとうございました。』

 












『自分を愛する』とは『自分を許す』ということであり
『自分を好きになる』ということとはまた別のお話です

自分を愛せない人、自分を許せない人の努力とは
自分以外の違う誰かになるための努力であり
その努力は自分自身の存在そのものを否定する努力
努力をすればするほど自分を許せなくなり
自己肯定感を著しく損傷してしまうのです

人は違う誰かには決してなれません
自分は自分にしか成れないように出来ているのです
自分が自分であることを許して(愛して)あげない限り
あなたはあなたに成ることもできず
『自分』という存在感が曖昧なまま
その不安に身を焼かれることになるでしょう

自分自身の存在を許すこと(愛すること)によって
人は人との違いに寛容になることができます
自分は自分、他人は他人、という線引きができるわけですね
それができてやっと他者の尊厳を尊重できるようになるわけです
これが他者への愛情、つまり違う誰かを愛するということ
他人は自分とは違うということを認識できない限り
人は真の意味で人を愛することはできないということです

自分を愛することは自分にしかできないこと
他者からの愛情で代替えすることができないのが自己愛
自己愛を恋愛に求めても何も満たされることはありません
愛されても愛されてもその愛情を疑うだけでしょう

そういう人にとって恋愛は有害なものにしかなりませんからね
一人になって自分と向き合うことをお勧めします
違う誰かと付き合うよりもまず自分自身と付き合えよってことよ
一生一緒にいなければならないのが自分なんだ
自分と仲良くなれなきゃ浮かばれないぜ






以上
DJあおいでした



お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね
























お仕事の依頼はこちらまで
mrnmtzk3159@gmail.com









想いよ、逝きなさい
DJあおい
幻冬舎
2017-09-21
絶賛発売中!







『じゃあ言うけど』シリーズ最新作!



50000部突破の処女作!



男と女の違いを紐解く一冊
重版決定!




美女の教科書『DJあおいの恋の悪知恵』
絶賛発売中!

DJあおいの恋の悪知恵
DJあおい
KADOKAWA/メディアファクトリー
2016-02-19



こちらも絶好調発売中!




『DJあおいの恋愛指南塾』連載中



はあちゅう×DJあおいの電書絶賛発売中!










image 公式サイト『DJあおいの勘違いもほどほどに』











クリックにご協力お願いします