こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談をいただきましたよ




『あおいさん、こんばんは。
猛暑日が続いていますが、体調崩されていませんか?

あおいさんに相談させていただきたいことがあります。
私は昔から誰に対してもですが、内心腹が立っていても、「いいよいいよ〜」と許したフリをしてしまいます。
彼氏や友達に謝られると、本当は許していないのに、これ以上ややこしくなるのが嫌で、何とも思ってないように言ってしまい、内心モヤモヤして、何で本当の気持ちを言わなかったんだろうと後悔します。
周りには「本当に優しいね」とよく言われるのですが、優しいフリをしているだけなんです。
なので、「優しいね」と言われるのも嫌です。
怒らないから同じことを繰り返されたりもします。
それでも毎回、何も言えません。

この無限ループから抜け出すには、どうすればいいのでしょうか?』

 







許せること、許せないこと
自分の中でその線引きが確立せれていない人には二種類にタイプがいまして

ひとつは
その場の衝動的な感情だけで『許せる、許せない』という審判をしてしまう人
そのときの自分のご機嫌で価値観がコロコロ変わる人がこれですね
そして後になって『あのときなぜ許すことができなかったんだろう、、、』と後悔するのがこのタイプです

そしてもうひとつは
何でもかんでも『いいよ、いいよ』で我慢してしまう人
自分の中で何が許せて何が許せないのか
後になって後悔してしまうのが怖くてとりあえず何でも許してしまうわけです
そして後になって『あのときなぜ我慢してしまったんだろう、、、』と後悔してしまうのがこのタイプですね

人は身勝手なもので
そのときのご機嫌によって許容範囲が左右される生き物です
そのときのご機嫌に左右されていたら
自分の許せることも許せないことも
自分ではわからなくなってしまうんですよね
ですので自分の価値観を確立するためには基準値となる自分を設けなければならないんです

その基準となるのは『ご機嫌な自分』
どんなにご機嫌斜めなときでも、機嫌がいいときの自分の価値観に従うこと
どんなにご機嫌なときでも、許せないことは許せないと線引きをすること
後になって許せることなら今は我慢すること
ご機嫌な自分が許さないことはしっかりと話し合うこと

ご機嫌な自分の価値観に従って生きていれば
それはご機嫌な自分に自分をコントロールする術にもなります
だから価値観がしっかりと確立されている人というのは
ブレることなく上機嫌な自分でいることができるんですよ

欲しい答えはいつも幸せの中
機嫌が悪い自分には従うな
幸せな自分に従うことが
幸せな自分でいられる秘訣なんですよ








以上
DJあおいでした



お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね

























お仕事の依頼はこちらまで
mrnmtzk3159@gmail.com






『じゃあ言うけど』シリーズ最新作!



50000部突破の処女作!



男と女の違いを紐解く一冊
重版決定!




美女の教科書『DJあおいの恋の悪知恵』
絶賛発売中!

DJあおいの恋の悪知恵
DJあおい
KADOKAWA/メディアファクトリー
2016-02-19



こちらも絶好調発売中!




『DJあおいの恋愛指南塾』連載中




はあちゅう×DJあおいの電書絶賛発売中!











image 公式サイト『DJあおいの勘違いもほどほどに』











クリックにご協力お願いします