こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談をいただきましたよ




『いつもブログを拝見させていただき、勉強させていただいております。
突然の長文のメール失礼いたします。

私は今まで男性と付き合った経験が少なく、ここ8年は恋人が居ません。女子校で男の子とあまり関わることなく社会に出ました。でもいつか好きな人とお付き合いをして結婚したいと思っています。
しかし悲しくなるほど素敵だなと思う方には好かれません。
プライドが高い上にすぐ感情的になってしまうし、それでいて自己評価があまりに低すぎて友達にも呆れられてしまうことが多々あります。

また男性と連絡を取り合うようになっても、遊ぶ約束をして、日程がある程度決まりかけると連絡が疎遠になり、前日に日程が決まったりキャンセルされたりと、悲しくなる出来事が何度かありました。

こんなに雑に扱われてしまうのは何故なのか、自分の何からどう改善していけばいいのかわかりません。

まずは仕事に集中!と言い聞かせてもふとした瞬間に落ち込んでしまいます。

仲良くなる前で躓いてしまい、恋愛するまでいけず、心も弱くて情けなくて本当に自分が嫌になります。』

 





自己評価が低く、それをプライドの高さで補っている人は
好きになる人が苦手な人になってしまうケースが多いです
『好きなのに苦手』という矛盾を抱えてしまうことになりますので
話をする機会があってもうまく話ができなかったり
一緒にいても居心地が悪かったり
好きなのに避けてしまったりして
相手の方に好意よりも苦手意識が伝わってしまうんですよね
だから好きになる人にはことごとくフラれてしまう場合が多いんですよ

その人のことが好きなわけではなく
『その人と対等に付き合えるような自分になりたい』
という変身願望が元となっている恋愛感情ですので
プライドの高さと本来の自分が釣り合っていないと
自分の劣等感を刺激するだけの恋愛感情になってしまい
『好きな人=苦手な人』になってしまうわけですね

うまくいく恋愛というものは往往にして『気が合う人』なんです
しかし自己評価が低い人は自分と気が合う人を恋愛対象として見ることができません
なぜなら自分と気が合う人も自分と同様に価値が低いと思ってしまうからです
まずは自己評価を上げて自分を満足させてあげること
自分を好きになれば自分と気が合う人が恋愛対象になります
それでやっと幸せな恋愛ができる舞台に立つことができるわけですね

『どんな人と付き合いたいのか』よりも『どんな自分になりたいのか』
それを生活の指針にして自己評価を上げていくように





以上
DJあおいでした



お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね

























お仕事の依頼はこちらまで
mrnmtzk3159@gmail.com






『じゃあ言うけど』シリーズ最新作!



50000部突破の処女作!



男と女の違いを紐解く一冊
重版決定!




美女の教科書『DJあおいの恋の悪知恵』
絶賛発売中!

DJあおいの恋の悪知恵
DJあおい
KADOKAWA/メディアファクトリー
2016-02-19



こちらも絶好調発売中!




『DJあおいの恋愛指南塾』連載中


はあちゅう×DJあおいの電書絶賛発売中!










image 公式サイト『DJあおいの勘違いもほどほどに』











クリックにご協力お願いします