こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談をいただきましたよ




『いつもブログ読ませて頂いてます。
ご相談があり連絡しました。
1週間前、彼氏に振られました。
3年記念日の次の日でした。

嫌いになったわけではないけど
最近大きな喧嘩も多かったし、
性格的に自分たちは合わないと思う。
お前に悪いところはない、
俺の気持ちの問題だ。もう無理だ。

と言われました。
私は縋りましたが、また喧嘩ばかり
繰り返したくない。ごめん。と、
拒絶されてしまいました。

振られてからご飯も喉を通らず
5キロ痩せました。ずっと涙が出てきます。
そこでいかに自分が彼の存在に
依存していたのかを自覚しました。

彼と職場は違いますが地元で同じ趣味の
コミュニティに所属しています。
できることなら復縁したいです。
その場合どのような行動を
取れば良いのでしょうか。
それとも切り替えて失恋から立ち直る
方法を模索するべきでしょうか。

長くなってしまいすみません。
目を通していただけたら嬉しいです。
あおいさんのこと、これからも
一読者としてずっと応援しています。』

 





『嫌いになったわけではないけど
最近大きな喧嘩も多かったし、
性格的に自分たちは合わないと思う。
お前に悪いところはない、
俺の気持ちの問題だ。もう無理だ。』

この言葉の中に絶望のワードが二つ隠されています
ひとつは『嫌いになったわけではない』というワード

これには続きがあるものでして
全文を言えば『嫌いになったわけではないけど好きでもない』
ということ
つまりもう関心がないということなんです

好きも嫌いも関心から生じているもの
まだ『嫌い』という感情の方が可能性は残っているものでして
関心がないということは取りつく島さえないということ
ゼロに100を掛け算したってゼロってことです

そしてもうひとつは『お前は悪くない』というワード
これは言葉そのままの意味ではありません
直して欲しいところはいっぱいあったはずです
でもそれさえももうどうでもよくなってしまったという意味
『直して欲しいところはいっぱいあったけどもういいよ、今更直してもらってもやり直す気もないからそのままのあなたでいてくださいね』
という二人の繋がりをバッサリ斬るワードです

優しいようで残酷なワードが二つ入った別れのセリフ
期待を残さない天晴れな言葉だと思います

あなたがどれだけ病んでもどれだけ痩せこけても無理なものは無理
相手の幸も不幸も一切関与しない覚悟があってこその別れですからね
相手の気を引くための病んでいるアピールなら無駄な抵抗なのでやめた方がいいと思いますよ

基本的に恋愛というものはやり直しがあってはいけないものです
やり直しなんかできないから今という一瞬が尊いものになるんです
その覚悟があるから素敵な恋愛ができるってこと
安易に復縁を望むものではないんですよ

失恋に希望は毒にしかなりません
失恋には絶望が薬になるもの
希望は捨てて絶望しなさい






以上
DJあおいでした



お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね

























お仕事の依頼はこちらまで
mrnmtzk3159@gmail.com






『じゃあ言うけど』シリーズ最新作!



50000部突破の処女作!



男と女の違いを紐解く一冊
重版決定!




美女の教科書『DJあおいの恋の悪知恵』
絶賛発売中!

DJあおいの恋の悪知恵
DJあおい
KADOKAWA/メディアファクトリー
2016-02-19



こちらも絶好調発売中!




『DJあおいの恋愛指南塾』連載中


はあちゅう×DJあおいの電書絶賛発売中!










image 公式サイト『DJあおいの勘違いもほどほどに』











クリックにご協力お願いします