image










こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ








『あおいさん、こんばんは。
いつもブログ見させてもらって、勉強させてもらってます。ありがとうございます!

相談内容なんですが、現在わたしは大学四年です。彼氏は高校当初に別れて以来ずっといません。
高校は勉強と部活に没頭し、充実して過ごし、第一志望の大学に合格しました。大学でも部活に入り、友達ともたくさん遊び、バイトもし、就活も頑張り、希望の職につきました。

彼氏はできたらいいなー程度でしか考えていませんでした。何人かの方からデートに誘われたり、告白してもらったりしましたが、わたしがいいなって思う人とは違ったのでお断りをしていたら何年も彼氏がいない現状です(笑)

じぶんが充実していたら彼氏はあとからできちゃうと思っていましたが、できてない現実で、わたしに彼氏できるのかな。好きな人に好いてもらえるのかなと考えてしまいました。

あおいさんの考えを聞かせてもらいたいです…!

よろしくお願い致します。』

















告白というものはバカが考えているほど軽くはないもの、臆病者が考えているほど重くはないものです

おそらく相談者さんは後者の方
重いものだと受け止めているから臆病になってしまうのでしょう

告白をOKしたからといって一生を誓う必要はありませんし
告白をOKしたからといってキスしなきゃならないわけでもありませんし
告白をOKしたからといってパンツ脱いで足をおっぴろげなきゃならないわけでもありません

キスをするのもパンツ脱ぐのも足をおっぴろげるのも愛を誓うのももうちょっと後の話
後に覚悟を決めるものを今自分に課せてしまうから臆病になってしまうんですよ

告白というものは本来『あなたを口説いてもいいですか?』という許可を頂くもの
それに対してのイエスかノーの返事なんです
イエスの返事をしたからといってもこの時点ではまだ付き合うかどうかの判断は保留なんですよ
その口説き方からその人の誠実さや信頼性を感じて好きになっていくわけです
そして好きになったら今度はこちらから晴れて『付き合ってください』と告白するんです
ここでやっと付き合うことができるわけです
後はパンツを脱ぐなり足をおっぴろげるなり好きにすりゃいいんですよ(自己責任)

口説いてくれる過程でその人の人間性は浮き彫りになるもの
その過程をはしょってしまうと後々幻滅することも多々あります
男には口説かせる時間を設けてあげましょう








以上
DJあおいでした







お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね





















       Kindle版はこちら!
オーディオブックもあるよ!




image 公式サイト『DJあおいの勘違いもほどほどに』















クリックにご協力お願いします




お仕事の依頼はこちらまで
mrnmtzk3159@gmail.com