こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ








『あおい様

はじめまして。
大学生のカナと申します。お忙しい中、目を通して頂きありがとうございます。いつもブログ拝見しております。納得させられることも多く、とてもためになります。

早速ですが、ぜひあおいさんのご意見を伺いたいことがあります。
いわゆる「乗り換え恋愛」についてです。周りに「乗り換え恋愛」をする方があまりにも多いのです。
彼氏や彼女がいるのに、なぜか他の人を好きになる、平然とアタックをする、うまくいけばそちらに乗り換える、といった感じです。

私には、「乗り換え恋愛」をする方々の気持ちが全く理解できません。乗り換えられ傷ついた友達を何人も見てきたこともあり、そのようなことを繰り返す方に怒りさえ覚えます。

元々彼、元彼、今彼とすべて乗り換えて付き合ってきた友達からは、「好きになってしまったものは仕方ないじゃん。元彼の○◯なとこ嫌いだったしさ。乗り換えの何が悪いのか分からない。」と言われました。
実は現在私がお付き合いさせて頂いている方も、その子と同じような考えを持っており、過去に「乗り換え恋愛」をしたこともあるようなのです。

私はこれまでお付き合いしている間に、彼氏以外の人を気になったことさえありません。
また、彼女がいるのに自分言いよってくるような男性には、拒否反応が出て完全にシャットアウトしてきています。

「乗り換え恋愛」をする方々の考えを理解しようと色々と考えてきましたが、どうしてもどうしても理解できません。
考えが理解できないため、現在の彼氏にいつか乗り換えられるのではないかという不安もあります。

あおいさんのご意見を聞かせて頂ければと思っております。

拙い文章で失礼致しました。
今後益々のご活躍をお祈りしております。』















まずは薬物による精神依存についての解説をご覧ください


【精神依存】

依存性薬物を連用することにより薬物が欲しくなる状態のこと

ある薬物を繰り返し摂取し習慣的に使用しているとしだいに「ないと物足りない」「その薬物なしではいられない」という状態になります
このように薬物に対する渇望、欲求が生じる状態を精神依存といいます

精神依存が形成されるとその薬物がないと家の中を探し回ったり
わざわざ出かけて買いに行ったりするなど行動に変化が見られるようになります
このような状態になるとその薬物をやめようと思ってもしばらくすると薬物が欲しくなるためやめることが難しくなり
さまざまな理由をつけて薬物の摂取を続けるようになってしまいます

実際は本人はそのような状態にあると意識していないことも多いですが
毎日のようにアルコール、薬物を続けている状態は精神依存がすでに形成された状態だと考えられます(@厚生労働省)



薬物のところを恋愛に置き換えて解釈して頂ければだいたいOKです
要するに乗り換え恋愛を繰り返す人は恋愛ジャンキーってことですね
快楽を得るために恋愛を過剰摂取(オーバードーズ)しているだけの灰人です
恋愛をしていなければ不安に襲われていてもたってもいられなくなったり、イライラとヒステリーを起こしたり、様々な離脱症状(禁断症状)が出てしまうわけです
自分ひとりでは精神的な安定を保つことができなくなってしまうわけですね

恋愛は用法用量を守ってこその良薬
過剰摂取すればただの毒ということです

ひとりに戻れないうちは恋愛なんかしちゃいけないってことよ










以上
DJあおいでした










お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね


























       Kindle版はこちら!




image 公式サイト『DJあおいの勘違いもほどほどに』















クリックにご協力お願いします