こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ








『あおいさんこんにちは。

私は、巷で言う、面倒な人に好かれやすいです。人からは、「あなたはメンヘラホイホイだよ」と言われることもあります。
自己中心的で、あまり他人の立場に立って考えない子から、すごくなつかれたり、甘えられたりします。
そのなつかれ方がひどく、私の都合を考えず側に来て、他の友達との話を中断したり、話すことができないことも多いです。

その子自身、人見知りなのか、他の友達と話そうとしません。

面倒な人に寄られて来ないためには、どうすれば良いのでしょうか?何かアドバイスを頂けたら幸いです。
よろしくお願いします。』

















他人から依存される人というのは他人を放っておくことができない人ですね
『放っておけない』というと優しい印象を受けるのかもしれませんが
実は意地悪な側面がある人に多いんですよ

人は感覚で情報をキャッチして
そこから考え
そして行動に移すというサイクルがあります
この一連のサイクルで行動に伴う責任というものを持つことができるわけです

ですが他人から依存される人というのは他人のこの一連のサイクルを放っておくことができない人に多いんです

その人が情報をキャッチした感覚に『なぜそう感じたの?』と問い
その人が考えた思考を『なぜそういう結論になるの?』と問い
その人がとった行動を『なぜそんなことをしたの?』と問い
自分とは異なる感性、思考、行動に歩み寄ることができないんです
自分と同じ感性、思考、行動でないと許せないんです

簡単に言えば『いちいちうるさい人』なんですね

そして自分と同じ感性思考行動にするために
屁理屈や感情(ヒステリー)やときには暴力を用いて強制しようとするわけですね

ここで通常の人ならば(うるさいな、、、)と反発したりします
自分の行動に責任を持ちたいという反発心ですね

ですが依存体質な人というのは責任を持つことを嫌います
常に誰かにおんぶにだっこしてほしいと願っているものです
そこに自分の感性や思考や行動に注文をつけられると喜んで飛び付きます
なぜならば自分の行動に責任を持ちたくないからです

こうして口うるさい人の周りには依存体質な人が集まりひとつの『群れ』ができあがるわけですね

自分の行動に責任を持てない人ばかりが集まった集団
トイレに行くだけで民族移動するような烏合の衆
ボスが嫌いな人は私達も嫌い
ボスの言うことはぜったい(ただし責任は持ちません)
という最もめんどくさい集団の出来上がりなんですよ

そんな無責任集団の御輿になりたくなかったら
人を見守ってあげる強さが必要ですね

見守ってあげる強さがあれば依存体質な人も自立に導くことができるはずですよ










以上
DJあおいでした










お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね


























       Kindle版はこちら!




image 公式サイト『DJあおいの勘違いもほどほどに』















クリックにご協力お願いします