月別

2016年09月














こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談をいただきましたよ




『あおいさんこんばんは!
ひさしぶりにブログ拝見しました
よかったら読んでもらえたら嬉しいです!

18歳、専門学生です
私は韓国アイドルが大好きです。言葉もわからないし世界が違うのもよくわかっています。それでも接触イベントがあるし触れてしまうとなんだか距離が近くも感じてそのために何十枚も毎回毎回CDを買って毎日専門学校のあとバイトをしています。今一番人気のグループで1番人気のメンバーなのでなににしても倍率が高く人一倍努力お金がかかります。おかしいのもわかるけどどうしても彼しか見えなくてすべてのモチベーションが彼です。彼に会うために水商売にも手を出しいまは風俗嬢をしています。ただでさえ学校もいそがしく時間が無い中他の時間はすべてアルバイトにかけています。始めてから貧血や頭痛、体調が乱れているのもよくわかります。それでもお金が必要です日本のイベントでは数秒後でも韓国でのイベントに何十万かければもう少し長く近くで会うことができます。彼なしの生活が苦しくてたまりません、大好きで大好きでここまでしてでも彼に会いたいです。他の人にはわからなくてあたりまえのことですが私には本当に大切なことで一番の生きがいと幸せです、それくらい必要なんです。いつまでこんな気持ちが続くのかこわくてたまりません。』





ファンというのはアーティストから与えられる側
音楽やお芝居やパフォーマンス等
それ等から様々な力をいただいて生活のモチベーションに変換しているわけです

そのためにお金を払って彼等の作品を購入しているわけで
べつにそのアーティストとどうこうなりたいというわけではないんですね

彼等がいるから生活を頑張れるわけで
彼等が生活の全てになってしまうことはないです
日々の生活のサプリメントみたいなものですね

ファンはその作品によって生活のモチベーションをいただき
アーティストはそのお金で次の作品が作れる
それでウィンウィンな関係なんです

その一方通行な関係性が両者にとってウィンウィンの関係性になるものなので
ファンがアーティストに何かを求めちゃいけない関係性なんですね
ですので作品以外の何かを求めて大金をつぎ込み
生活を犠牲にしてしまうのは善良なファンのやることではないんです

生活を犠牲にしてまで夢中になってしまうのは
作品以外の何かを求めているからなんじゃないですか?
残念ながらそれは売り物ではありませんので
どんなに大金をつぎ込んでもリターンはありませんよ
せいぜいファンの間で有名になる程度でしょう

学生ならいただいたモチベーションは全て勉強につぎ込めよ
そういう用途のために彼等は作品を作り続けているんだぜ








以上
DJあおいでした



お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね

























お仕事の依頼はこちらまで
mrnmtzk3159@gmail.com



男と女の違いを紐解く一冊
絶賛発売中!




美女の教科書『DJあおいの恋の悪知恵』
絶賛発売中!

DJあおいの恋の悪知恵
DJあおい
KADOKAWA/メディアファクトリー
2016-02-19




こちらも絶好調発売中!




『DJあおいの恋愛指南塾』連載中














image 公式サイト『DJあおいの勘違いもほどほどに』











クリックにご協力お願いします





















こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談をいただきましたよ




『あおいさん、こんにちは。いつもためになるお言葉ありがとうございます。ブログを読んでいると、アラサーになっても日々成長が必要だと痛感します。

今回は「怒り」という感情のコントロール方法についてアドバイスを頂けたらと思い、勇気を出してメールをしてみました。

私はOLで職場で私の事をいじめてきた人がいて、体調を崩しながらも退職や休職はせず、泣きながら自分を奮い立たせながら、必死で働いてきました。その人はつい最近仕事を辞めたのでもう会うことはなくなりました。

体調を崩してからは毎日毎日その人への「怒り」の感情が収まらず、スポーツやカラオケ、お酒でうまく発散してもコントロールできなかった自分がいて、すごく感情的になって本人の前で感情的な言い合いをしたり、同僚や先輩に愚痴を言いまくって怒りをぶちまけてしまいました。なので、職場の人は、私に対して面倒臭い、大人気ない人だと思われてると思います。

職場には、完璧な人間関係も、理想の仕事もないし、ある程度妥協して強くならないとと頭では分かっていますが、私は妙に正義感や責任感が強く、正当論を振りかざしたくなって、それが怒りというストレスになってしまいます。もうその人に会うことはなくても、同じような状況が起こる事はありえるので、その時に怒りをぶちまけないようにする自信がありません。

仕事でも恋愛でも、怒りがこみ上げて来た時に感情的にならないようコントロールするにはどのようなことが必要だと思いますか?

長文になりましたが、お読み頂けるとうれしいです。寒くなってきましたので、お体にはお気をつけて。』





怒る人の目的というものは対象となる人を変えることなのですけども
怒りでその人の言動は制限できても
心から改めさせることはできないんですよね

どれだけ怒ってその人の言動を制限しても心までは変えられないわけです
ですが怒る人というのはその人の心が変わらないことにまた怒るんです

怒りで言動を制限しても本当に改心したのかどうかが気になって気になって仕方ないんですよね

怒ったことによって反感を買っているのではないか
怒ったことによって周りに悪口を吹聴しているのではないか

ネガティブな感情が自分を支配するようになり
常にその人の言動を追いかけるようになります
小さな舌打ちひとつも見逃さない高感度なアンテナを立てて
少しでも気に入らないことがあると『それ見たことか!』とまた怒るわけです

これが怒りの悪循環ですね

怒りはその人の心まで届きません
だから怒りではその人を変えられません

人の心まで届くものは言葉です
それは怒りよりももっともっとゆっくりとしたスピード
今言ってすぐに伝わるものではないということ
丁寧に丁寧にコミュニケーションを重ね続けてやっとその人の心まで届くもの
そのときやっとその人の心は変わりはじめるのです

怒りをコントロールするのはマメなコミュニケーションですよ






以上
DJあおいでした



お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね

























お仕事の依頼はこちらまで
mrnmtzk3159@gmail.com



男と女の違いを紐解く一冊
絶賛発売中!




美女の教科書『DJあおいの恋の悪知恵』
絶賛発売中!

DJあおいの恋の悪知恵
DJあおい
KADOKAWA/メディアファクトリー
2016-02-19




こちらも絶好調発売中!




『DJあおいの恋愛指南塾』連載中














image 公式サイト『DJあおいの勘違いもほどほどに』











クリックにご協力お願いします





















こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談をいただきましたよ




『こんにちは!
あおいさんのご意見をお聞きしたくメールさせていただきました。

先日友達から彼氏と別れたと報告されました。
彼氏さんが友達のことを好きではなくなってしまったそうで、別れを切り出されたようです。
その友達は、不満や嫌だと思ったことはその場で言ってくれればこっちも直せたのに言ってくれなかった。別れ話のときに言われて、直す時間を与えてもらえなかった。と言っていました。
そう言われ、私もまた同じような別れ方をしたのでギクリとしました。

以前あおいさんが、「誰かに好かれるための変化にしないこと」とおっしゃっていました。
すごく納得しました。
自分を殺してまで好きな相手に合わせて変わるなんて、いつかはボロが出るし、得策?ではないと思います。
不満や嫌だと思ったことを言って相手が性格を改めても、果たしてそれは幸せなのかと思います。
ですが、友達の言っていた「直す時間を与えてもらえなかった」というのもわかります。

話し合うことはもちろん大事とは思いますが、相手が性格や考えを改める時間を与えずに別れを切り出すのは酷なことなのでしょうか。
そもそも私は、あおいさんの「誰かに好かれるための変化にしないこと」という言葉を間違って解釈してしまっているのでしょうか。
お返事いただけたら幸いです。
よろしくお願いします。』





恋人の嫌なところ、直してほしいところくらい誰にでもあるものだと思うのですけど

それって殆どが許容範囲内のものでして

その嫌なところもその人を形成している『らしさ』というものでもありますし

その嫌なところがその人のいいところにも繋がっていたりするものですので

まぁ文句のひとつくらいは言いますけども

それもコミュニケーションのひとつみたいなもので

『しょうがねえな』くらいの気持ちでしかなくて
本気で直してほしいとは思わないですね

好きな自分でいてくれるのならそれで結構

それ以上はとくに何も求めませんよ


経験と共に許容範囲というものは広がっていくものですから

常識から逸脱していなければたいていのことは許せます

そこから外れている人とはそもそも恋愛関係にはなりませんので

恋愛関係になる人のパーソナリティを否定することは一切ありません


あれを直せこれを直せという人は
そもそもが恋愛をしていないんです

それを律儀に直していると
恋人ではなく都合のいい女になります

その人は恋人がほしいわけではなく
都合のいい女がほしいだけなんですよ



その人の悪いところは
ムカつくほど愛しいところでもありますからね






以上
DJあおいでした



お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね

























お仕事の依頼はこちらまで
mrnmtzk3159@gmail.com



男と女の違いを紐解く一冊
絶賛発売中!




美女の教科書『DJあおいの恋の悪知恵』
絶賛発売中!

DJあおいの恋の悪知恵
DJあおい
KADOKAWA/メディアファクトリー
2016-02-19




こちらも絶好調発売中!




『DJあおいの恋愛指南塾』連載中














image 公式サイト『DJあおいの勘違いもほどほどに』











クリックにご協力お願いします





















こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談をいただきましたよ




『こんにちは
いつもブログを見て自分の行動の裏付けとなったり、新しく学んだり楽しく読ませていただいています。
今回付き合っている彼氏との喧嘩?というほど喧嘩ではないのですが話し合いで、私もどうしたらいいのかわからないことがありましたので相談させてください。

私は26歳で看護師をしています。彼氏は一つ上で長期間日本にいない仕事をしています。
遠距離ですけど全然遠距離と感じない、安心できるお付き合いをさせてもらっています。
この前電話をしてくれたのですが、そのときに彼氏から「もっと本を読みなさい」と言われました。
私も仕事のことで本は読んでいます。医学書であったり看護書であったり。けれど本をたくさん読む彼氏は小説を1ヶ月に2冊以上読みなさいと言います。
前にあおいさんが本を読みなさいとブログで言っていたのも覚えていますし、本を読むことは大切なことだと私自身わかっています。けれど仕事が夜遅かったりするときもありますし、私にも趣味はあるのでプライベートをその趣味に使っているとなかなか小説などの本をたくさん読もうという気になれません。というか読書に時間をかけれません。これは言い訳なのでしょうか?
読書に時間をかけれないのでせめて1ヶ月に1冊と妥協案を出したのですが、彼が本をたくさん読むような彼女がいいと言ったので「じゃあそういう人を探してください」と言ってしまいました。ひどいことを言ったと反省しています。とても頑固な彼女だと感じたかもしれません。
例えですが、ピーマンは食べられるし必要であればチャーハンにも入れ、肉詰めでも食べてるけどピーマンが苦手な子に「毎食生で食え」と言っているように感じてしまいます。
私は本をたくさん読む女性になるべきなのでしょうか。

とーっても長くなってしまいすみません。拙い文章でうまく伝わらないかもしれないです。
読んでいただいてありがとうございました!
これからもブログ楽しみにしています。
これから寒くなりますのでお身体に気をつけて頑張ってください!』





音楽鑑賞や映画鑑賞、カラオケやゲーム
様々なメインカルチャー、サブカルチャー
その中で最もストレス解消効果があるのが『読書』と言われていますね

読書中は心身共にリラックスしていますから自然と眠くなるのも利点です(電書は逆に目が冴えてしまいます)

共感能力や客観能力も身に付くと言われていますし
何よりも様々な言葉を覚えることによって自分の感情を言葉で表現するのが上手になります
これができなくて鬱憤を溜めてイライラしている人は以外と多いんですよ
読書をする人は感情を溜めずに上手にアウトプットできるので穏やかな性格な人が多いんです

寝る前の30分程度で構いませんので
テレビやPCスマホ等々、ブルーライトが出る製品の電源は落として本を読んでみてください
すっっっごいリラックスできるので日々多忙な人こそオススメですよ


彼は読書の勧め方が下手くそですね
『本当に本読んでるの?』と思うくらい言葉の使い方と客観能力がないです
『本を読め!』と強要されて読む人なんていません
本を読みたくなるような表現をしてあげないと誰も耳を傾けちゃくれませんからね


寝る前の30分間読書、ぜひ試してみてください
すげー気持ちいいぞ




以上
DJあおいでした



お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね

























お仕事の依頼はこちらまで
mrnmtzk3159@gmail.com



男と女の違いを紐解く一冊
絶賛発売中!




美女の教科書『DJあおいの恋の悪知恵』
絶賛発売中!

DJあおいの恋の悪知恵
DJあおい
KADOKAWA/メディアファクトリー
2016-02-19




こちらも絶好調発売中!




『DJあおいの恋愛指南塾』連載中














image 公式サイト『DJあおいの勘違いもほどほどに』











クリックにご協力お願いします





















こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談をいただきましたよ




『あおいさんこんにちは。
私は人を好きになる時に、いつも顔から好きになってしまいます。
前の彼氏も顔で好きになって2年付き合ったのですが、やっぱり性格のクズさに耐えられなくなり別れてしまいました。
今いい感じの人がいるのですが、いつも顔で好きになっていたため、その人のことを好きになれるか自信がありません。
性格はとてもいい人だと思います。
顔より性格で好きになった方が幸せになれることはわかっています。
どうしたら顔より性格を重視出来るようになりますか?
くだらない質問でごめんなさい。
よろしくお願いします。』





コミュニケーションを重ねてくると見た目が変わって見えてきます

その人がどんな人なのか
それを知る術はコミュニケーションだけ
コミュニケーションができる人というのは
コミュニケーションでイケメンを見つけるものです

でも人見知りな人はコミュニケーションが苦手なので
視覚情報だけでイケメンを見つけようとしてしまいます

中身がわからないまま
視覚だけで恋愛対象にしてしまうので
好きだけど話し掛けられなかったり
うまく付き合うことができても
ただの目鼻立ちが整ったクズなんてこともよくあります

本当の意味でのイケメン(イケてるメンタル)を見付けるためにはコミュニケーション能力が必須です
そういう人はあまりハズレを引くことがありません

人見知りでコミュニケーションが苦手な人ほど
見た目に頼ってしまいハズレを引いてしまう確率も増えてしまうというわけです

コミュニケーション能力は思っている以上に大事なものですよ

いい男を見付けたいのならコミュニケーション能力を磨け





以上
DJあおいでした



お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね

























お仕事の依頼はこちらまで
mrnmtzk3159@gmail.com



男と女の違いを紐解く一冊
絶賛発売中!




美女の教科書『DJあおいの恋の悪知恵』
絶賛発売中!

DJあおいの恋の悪知恵
DJあおい
KADOKAWA/メディアファクトリー
2016-02-19




こちらも絶好調発売中!




『DJあおいの恋愛指南塾』連載中














image 公式サイト『DJあおいの勘違いもほどほどに』











クリックにご協力お願いします