月別

2015年12月


image










こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ








『あおいさん、こんばんは。
いつもブログ見させてもらって、勉強させてもらってます。ありがとうございます!

相談内容なんですが、現在わたしは大学四年です。彼氏は高校当初に別れて以来ずっといません。
高校は勉強と部活に没頭し、充実して過ごし、第一志望の大学に合格しました。大学でも部活に入り、友達ともたくさん遊び、バイトもし、就活も頑張り、希望の職につきました。

彼氏はできたらいいなー程度でしか考えていませんでした。何人かの方からデートに誘われたり、告白してもらったりしましたが、わたしがいいなって思う人とは違ったのでお断りをしていたら何年も彼氏がいない現状です(笑)

じぶんが充実していたら彼氏はあとからできちゃうと思っていましたが、できてない現実で、わたしに彼氏できるのかな。好きな人に好いてもらえるのかなと考えてしまいました。

あおいさんの考えを聞かせてもらいたいです…!

よろしくお願い致します。』

















告白というものはバカが考えているほど軽くはないもの、臆病者が考えているほど重くはないものです

おそらく相談者さんは後者の方
重いものだと受け止めているから臆病になってしまうのでしょう

告白をOKしたからといって一生を誓う必要はありませんし
告白をOKしたからといってキスしなきゃならないわけでもありませんし
告白をOKしたからといってパンツ脱いで足をおっぴろげなきゃならないわけでもありません

キスをするのもパンツ脱ぐのも足をおっぴろげるのも愛を誓うのももうちょっと後の話
後に覚悟を決めるものを今自分に課せてしまうから臆病になってしまうんですよ

告白というものは本来『あなたを口説いてもいいですか?』という許可を頂くもの
それに対してのイエスかノーの返事なんです
イエスの返事をしたからといってもこの時点ではまだ付き合うかどうかの判断は保留なんですよ
その口説き方からその人の誠実さや信頼性を感じて好きになっていくわけです
そして好きになったら今度はこちらから晴れて『付き合ってください』と告白するんです
ここでやっと付き合うことができるわけです
後はパンツを脱ぐなり足をおっぴろげるなり好きにすりゃいいんですよ(自己責任)

口説いてくれる過程でその人の人間性は浮き彫りになるもの
その過程をはしょってしまうと後々幻滅することも多々あります
男には口説かせる時間を設けてあげましょう








以上
DJあおいでした







お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね





















       Kindle版はこちら!
オーディオブックもあるよ!




image 公式サイト『DJあおいの勘違いもほどほどに』















クリックにご協力お願いします




お仕事の依頼はこちらまで
mrnmtzk3159@gmail.com










image










こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ








『こんばんわ。いつも記事を楽しみにしています。ご相談があります。


わたしは最近何年も付き合っていた彼氏と別れました。


理由は価値観の違いです。


私は男友達がいなく、元彼は女友達が多いことで、私が相手の気持ちを分かってあげられなかったからです。


女友達が大事と言われて遊んだりするとやっぱり嫉妬してしまいます。

私は遊びに行っちゃダメとか言わないけど、心では嫌だと思っていました


だから相手にも伝わって、私にはあまり女友達のこととか話したいけど話せないと言われ、話したいのに話せない状態が嫌だったそうです


友達は女も男も関係ないらしいです


私は付き合っていた頃に、彼氏は女友達と遊ぶけど、私も同じことをしたら負けだと思って遊びませんでした


それが逆に相手のことを分かってあげられないからダメだったのでしょうか


友達のが大事だからと振られました


嫉妬問題は難しいです


嫉妬してしまう性格を直したいです
でも男友達を作ろうと思って作れるものでもありません。


どうすれば治るでしょうか。
そして、私は付き合っていた頃どうするべきだったのでしょうか。


忙しい中、目を通していただきありがとうございました。』

















その彼の交友関係のありかたにも問題はあるのですけども
男の交友関係なんて付き合う以前にわかりそうなものなんですけどね
それを踏まえて付き合ったということはその価値観を受け入れたということなんじゃないですかね

別れの理由を価値観の違いにする人というのは
付き合う理由は価値観が一緒だからという人が多いんです


でもこれは決して価値観が一緒だというわけではなく
価値観が一緒のところしか見ていないからなんですよ
お互いが違う人間同士ですから当然価値観の全てが一緒の人なんていません
だから違う価値観が見えてくると減点方式で次第に幻滅していってしまうんですよ
その結果が『価値観が違うから』という別れの理由になってしまうんです

見るべきところは一緒のところではなく違うところ
そこが許せるかどうかが付き合うかどうかの指針になるものなんです
嫉妬深いと自覚しているのなら尚更見なきゃいけないところ
それを許せなければ最初から付き合うべきではないんです

価値観は同じにするものではなく相性の善し悪しですからね
お互いの異なる価値観の相性で今後が決まるわけですよ

違うところから目を逸らしたらダメってこと
好きなところは価値観が一緒のところかもしれないけど
愛するところは価値観が違うところよ

最初から愛してなんかいなかったってことね






以上
DJあおいでした







お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね





















       Kindle版はこちら!
オーディオブックもあるよ!




image 公式サイト『DJあおいの勘違いもほどほどに』















クリックにご協力お願いします




お仕事の依頼はこちらまで
mrnmtzk3159@gmail.com










image










こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ








『DJあおいさん、はじめまして。
心に刺さるブログいつもありがとうございます。

わたしは社会人4年目、現在就活中の22歳です。
最近友人に「少しプライドが高く、発言したいのになかなか踏み出せないような女に嫌われるタイプだ」と言われました。 実際、わたしも女性に好かれていないのでは、と思うことが多いですが、対処法がわかりません。
友人から言わせると「あなたはしたいならしたらいい、嫌いなら嫌いと言えばいい、と物事をハッキリ言うが、実際そんなことできないからモヤモヤしているのにそんなこと言われたら嫌われるに決まっている。 男女関係なく、分け隔てなく話すので特に男に対しては媚びを売っているように見える」と言います。
わたしは無意識なのですが、そう言われると今後どう人と付き合えばよいかわからなくなりました。
学生から社会人になってまで、後輩には好かれますが、先輩とはうまく仲良くなれません。 正直なつくのも苦手で、自分で解決していくことも多いです。 もちろん、上司に指示を扇ぐこともありますが、基本的に頼ることなく部活、仕事等してきました。 これも関係しているのでしょうか。
男性に好かれる気も媚びを売っている気もありません。 ですが、逆恨みや恋敵として敵視されることは多々ありました。

これはわたし自身が変わらなくてはいけない問題なのでしょうか?
今後の就活にも参考にしたく、メールさせていただきました。
長々と失礼いたしました。
お身体に気をつけて、よい年を迎えてください。』


















あなたのことが嫌いな人は
あなたが何をしようとあなたのことが嫌いです
どう変わろうがどうへつらおうが
あなたがあなたである限り嫌いなのです
『嫌い』という感情に理由をくっつけているだけですので
そんな人のために変わっても何も得るものはありません

自分を嫌っている人のために変わる必要は一切ありませんよ
自分の好きな人、尊敬する人を指針に変わっていくこと
その方が人生は面白いように変わっていきます

一部から痛烈に嫌われている人は例外なく面白い人です
いい人になんかならなくていい、面白い人になってください








以上
DJあおいでした







お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね
























       Kindle版はこちら!
オーディオブックもあるよ!




image 公式サイト『DJあおいの勘違いもほどほどに』















クリックにご協力お願いします




お仕事の依頼はこちらまで
mrnmtzk3159@gmail.com










image










こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ








『あおいさん、こんにちは。
いつもブログ楽しく拝見しております。


私は今二十代半ばの会社員です。
私には子供の頃から将来の夢がありません。
今私の周りの人は夢をもち、夢に向かって動いている人が多くいます。
留学や自分のお店を持つ、スポーツ選手を目指す、昔からの希望の職に就くなどです。
そのような人たちの話を聞いていると、夢に向かって努力している事が非常に眩しく、また羨ましくもあります。

将来やりたいことは、と聞かれれば唯一浮かぶのが幸せな家庭を作ることです。
でもそんな当たり前のことを夢とは呼べず、
夢を持ちたくても、何をどうすればいいのか全く分からない状態です。

このまま夢も見つけられず歳をとるのかと焦りを感じるばかりです。
夢とはどうやって見つけるものなのでしょうか。


拙い文章ですが目を通していただきありがとうごさいました。
これからもお身体ご自愛ください。』


















本を読まない人に
読みたい本はわかりません
音楽を聴かない人に
聴きたい音楽はわかりません
現実を生きていない人に
やりたいことなんてわかりません



現実なんて何もしなければつまんねえ世界なんですよ
自分の現実なんて誰も楽しいものになんてしちゃくれねえんです
だからこそ自分の力で楽しいものにしていかなきゃならねえものなんです
その苦労の中で充実、生き甲斐、やり甲斐、というものがあるわけです
苦労の中に飛び込まなきゃ欲しいものなんて何ひとつ手に入らねえんです

現実がつまらないからといって現実を放棄してしまうと現実から逃げることが生き甲斐になってしまったりします
その生き甲斐を『夢』という人もいます
『夢を持っている』というと『素晴らしい』と思うのかもしれませんが
その中には『現実から逃げるための夢』というものも多数含まれているものなんですよ

やりたいことはなくても現実に夢中になって生きてみてください
その苦労の中に必ずあなたの欲しいものがあります









以上
DJあおいでした







お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね
























       Kindle版はこちら!
オーディオブックもあるよ!




image 公式サイト『DJあおいの勘違いもほどほどに』















クリックにご協力お願いします




お仕事の依頼はこちらまで
mrnmtzk3159@gmail.com










image











【男が苦悩する女の悪い癖】


女『ねぇねぇ、パソコンフリーズしちゃった』
男『再起動してみなよ』


女『わたしただYouTube観てただけなんだよ?』
男『うん、再起動してみな』


女『せっかくいいとこだったのに、、、』
男『いやだから再起動をね、、、』


女『もうほんとイライラする!なんなのこのハゲPC!』
男『だから再起動しろって、、、』


女『あーもうほんとムカつく!ねえ!どうすればいいのこれ!?』
男『だから再起動しろっつってんだろぉぉぉぉおおおぅおおあぁぁぁ!!!!!』


女『なんでそんなに怒るの!?やさしく教えてくれたっていいじゃん!!』
男『ハァハァハァ、、、』


女『サイテー、DV男、、、』
男『す、すみませんでした、、、』










以上
DJあおいでした







お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね





























       Kindle版はこちら!
オーディオブックもあるよ!




image 公式サイト『DJあおいの勘違いもほどほどに』















クリックにご協力お願いします




お仕事の依頼はこちらまで
mrnmtzk3159@gmail.com