月別

2015年02月








こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ







『あおいさん、はじめまして。

いつもブログを見て、感心させられてます。
まだまだ子どもな私にあおいさんのブログは心に響くものがあり、勉強させていただいています。

突然で申し訳ありません。
ご相談があります。

私は現在20歳で、2年ほど付き合っている1つ年上の彼氏がいます。
私の経験は浅く、彼で3人目です。
彼は私の前に30人近くの女性と、時間を共に過ごしてきています。

この人数の差で、私はいつも彼の行動を素直に喜べません。
手慣れているからです。

抱き締められても、何人もの女の人に同じことしていたのかな?とついつい考えてしまいます。
それが、苦しくなるときもあります。
愛し合うという行為をしている時にも、
こんな風に前に付き合っていた女の人にも愛を囁きながら行為をしていたのか、と考えると
その行為が辛くも思えます。

ですが、私は彼のことが心から好きで
この先の人生をこの人と過ごしたいと思っています。

この過去を気にしてしまう
という私の性格のせいで、お互いに純粋な気持ちで愛し合うことができないのではないかと考えてしまいます。

この、性格をどうしたらいいでしょうか。
過去を気にしないようにするには、どうしたらいいでしょうか。

長々と読んでいただきありがとうございました。』









DJあおい著『じゃあ言うけど、それくらいの男の気持ちがわからないようでは一生幸せにはなれないってことよ。』5万部突破発売中!
image




クリックにご協力お願いします







例えば一人の人と一年間お付き合いした人と
一年間で十人の人とお付き合いした人
どちらが経験豊富と言えるのでしょうか?

答えは一人の人と一年間お付き合いした人です


恋愛における経験とは『どれだけたくさんの人を愛したのか』ではなく『ひとりの人をどれだけ深く愛したのか』ですから
人数で経験を計るとその人数が多いほど経験が浅いということになります

よく人数を誇らしげに言う人もいますが
あれは『ぼくは恋愛経験浅いでーす』と申告しているようなものです
だからそのテの人は軽薄に見えてしまうわけですね

恋愛はとっかえひっかえする方が簡単です
越えるべきものが来たら尻尾巻いて逃げちゃえばいいだけの話ですからね

何が尊いのかといったら
何を乗り越えどれだけ深い信頼関係を築いたのか
そのプロセスが経験となり糧になるものなんです

実際経験人数が多い人ほど人を愛することが下手くそです
ドーテーか!と思うほど人に愛されたいだけで人を愛することができません

経験人数が多い人ほど恋愛経験が浅い人です
『人を愛するとはなんぞや!?』と教え込むのに難儀します

彼の経験人数にビビる必要はありません
むしろそれは哀れむものです
不憫な人だと思って接してください









以上
DJあおいでした










お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね















こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ







『あおいさんこんばんは。
唐突な質問をさせて下さい。
あおいさんは【復縁】をどう思われますか?
また、復縁したあとは幸せになれるのでしょうか?

最近復縁について疑問に思うことがありあおいさんの考えをお聞きしたいと思い質問させて頂きましたm(_ _)m

立春も過ぎ、日々温暖の差がありますが体調にはお気をつけてください。』








DJあおい著『じゃあ言うけど、それくらいの男の気持ちがわからないようでは一生幸せにはなれないってことよ。』5万部突破発売中!
image




クリックにご協力お願いします







別れるということは

お互いに別々の道を行きましょうという約束を交わすこと
お互いにもう元には戻りませんという約束を交わすこと
お互いに忘れましょうということを約束を交わすこと
お互いに赤の他人になりましょうという約束を交わすこと

復縁というものは
別れる覚悟に対する裏切りです


友達に戻るにしても恋人に戻るにしても
一度他人に戻らないと別れの約束というものは果たせませんよね
まぁたいていの場合は
他人に戻ったらもうどうでもいい人になっていますけどね

別れてすぐに友達になれる関係
別れもすぐに復縁できる関係なんて
別れに対する覚悟もない関係
そんな関係なんて
最初から恋愛なんてしていなかった関係なんですよ








以上
DJあおいでした







お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね















こんにちはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ








『あおいさんに相談です。
小さい頃から父親に、『お父さんよりも、お前のことを愛してくれる人と結婚しなさい』と言われて育ってきました。
父親からたくさんの愛をもらって、大切に育ててもらいました。父親が娘を想う気持ちほど強いものはないのではないかと思っています。父親も、『そう簡単にはいない。』と言っていました。
大人になった今、結婚したいと思う彼ができました。私のことをすごく大切にしてくれて、愛してもらっていることを感じます。私もまた、愛していきたいと思えた人です。

父親に、結婚したい意思を伝えるとき、どう伝えたらいいのか分からないのですが、何と言えば良いのでしょうか。『お父さんよりも娘を愛していない』と否定されそうで怖いです。』









DJあおい著『じゃあ言うけど、それくらいの男の気持ちがわからないようでは一生幸せにはなれないってことよ。』5万部突破発売中!
image




クリックにご協力お願いします








DJあおい著『じゃあ言うけど、それくらいの男の気持ちがわからないようでは一生幸せにはなれないってことよ。』5万部突破発売中!
image




クリックにご協力お願いします








『子を思う親の心に勝るものはなし』
と言いまして
どんなにいい男でも父親より愛してくれる男はいないと思いますよ

親というものはもし自分の子供が生きていくために違う心臓ひとつが必要だとしたら
一切の迷いもなく自分の心臓を差し出すでしょう
それが親というものです

惚れた腫れたで越えられる存在ではありません
安易に『自分はお父さんより娘さんを愛しています』と言うような男性の方が眉唾です

大事なことは父親を越えることではなく
それを認め一緒に敬い供に親を愛してくれる
そんな男性を愛することだと思いますよ

そしていつかふたりの間に子供が産まれたとき
親から愛されたように誰よりも我が子を愛するふたりになってください

それが親の本望だと思いますよ

いいお父ちゃんじゃないですか
ビビる前にちゃんと感謝しな
その感謝が届いたとき
きっと許してくれると思いますよ

お幸せに








以上
DJあおいでした








お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね














こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ







『あおいさんこんにちは。

いつもためになるお話ありがとうございます。
今回は本当に本当に悩んでいることを相談させてください。

わたしはいつも他人と自分を比べてしまいます。
現在就職活動中なのですが、他人と比べる悪い癖のせいで、自分を見失っています。

幸いにも、まわりには本当に心から尊敬できるすごい人たちがいてくれて、話もたくさんしてくれるのですが、
話を聞くたびにわたしには何もないと感じて一緒にいると辛くなり、どんどん自信がなくなっていきます。

昔から比べられて育てられてきたせいもあるとおもうのですが、人と比べずに自信をもって生きていくにはどうすればいいでしょうか。

あおいさんにこんなわたしに喝を入れていただきたいです。』







DJあおい著『じゃあ言うけど、それくらいの男の気持ちがわからないようでは一生幸せにはなれないってことよ。』5万部突破発売中!
image




クリックにご協力お願いします







自分に何もないと思うのは自分が何もしていないからです
自分というものを測るものは
どれだけ悩んだかではなく
どれだけ行動したのか
行動からしか自分というものを測る術はありません


傷付くのが怖いから
自分に期待しない

フラれるのが怖いから
告白しない

報われないのが怖いから
努力しない

叶わないのが怖いから
夢を持たない

いつかなくなるのが怖いから
幸せは望まない

ネガティブな人ほど考えるだけ考えて行動をしないことを選択します
自ら何もしないことを選んでいるわけですから
自分というものがわからなくなるのは当たり前です

傷付くことのないネガティブという安全圏から出てこない限りその悩みの連鎖から抜け出すことはできないでしょう

傷付いているわけではなく
傷付くのが怖いだけなのがネガティブ
実際傷付いているのはポジティブな人の方なんです

本当に救いの手が必要なのはポジティブな人の方
傷付く覚悟もないくせに自信がほしいなんて図々しいにもほどがあります

まずは傷付くことのできる舞台に立ってください
悩むより苦労をしてください
悩みは報われませんが苦労は必ず報われます

成功はしなくていい
後悔はするな










以上
DJあおいでした








お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね














こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ







『あおいさんこんばんば。(*^^*)

わたしは男性に奢られるのが苦手です。
奢られてしまうと、どんなに楽しくても次回またお誘いするのが億劫になってしまいます。
「奢られるのが苦手なので、次回は割り勘にしてください」と伝えるときもありますが、ここは男性を立てて有り難く(?)奢られるべきなのでしょうか?
奢られ上手な女性の方が幸せなのでしょうか?

春とは名ばかりの寒さが続いていますので、体調崩されませんようご自愛ください。』








DJあおい著『じゃあ言うけど、それくらいの男の気持ちがわからないようでは一生幸せにはなれないってことよ。』5万部突破発売中!
image




クリックにご協力お願いします







その人が『また会いたい』と思える人ならば
奢って頂けるのなら有り難く奢って頂きましょう
次に恩返しするいい口実になりますよ

その人が『もう会いたくない』と思える人ならば
意地でも割り勘にしましょう
後を濁すことなく飛んで去るのが女ってもんです


おそらく奢ってもらうのが苦手な人というのは『ありがとう』が『すいません』になってしまう人なんでしょう
そこは感謝すべきところで引け目を感じるところではありません

『ありがとう』が言えないのは『対等な関係』というものに拘りがあるからだと思うのですが
対等な関係というのは何も割り勘にすることではないんですよね

奢ったり奢られたりの繰返しの中で
感謝で繋がる関係
になることが対等な関係を築くことになるものだと思います

対等とは金額の大きさではなく
感謝の大きさのことですね

お互いがどれだけ感謝できるのか
そこに対等な関係というものがあると思いますよ











以上
DJあおいでした







お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね