月別

2015年01月









こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ








『恋愛対象として好きになりそうな人の粗探しばかりしてしまいます。
いくつか見つけてしまうと、そのまま幻滅することも多いです。
この癖のせいで、なかなか彼氏ができません!

ちなみに友達に対しては全くありません。嫌なところを見つけても、そういう人なんだ、と許せます。』







DJあおい著『じゃあ言うけど、それくらいの男の気持ちがわからないようでは一生幸せにはなれないってことよ。』5万部突破発売中!
image




クリックにご協力お願いします







好きな人ができたとして
たいていの女性は自分の自信を失いますよね
自信を喪失してしまうから恋愛に臆病になったりするものでして
人というものは誰かを好きになると自分の劣等感にフォーカスしてしまうものなんですよ

そこに恋愛特有の葛藤があり
へこんだり悩んだりしながら自分を鼓舞して覚悟を決めていくものなんですね

ですが自分の抱えている劣等感が大きすぎると
自分の劣等感にフォーカスすることを心理的に拒否してしまうわけです

その最終的な手段が『相手の価値を落とすこと』になり
相手の粗ばかり探してしまうようになるわけですが

このときどこまで相手の価値を落とすのかといったら
『自分と同じ価値』になるまでその人の価値を落とそうとするんですよ

つまり幻滅してしまうまでその人の価値を落としてしまうのは
『自分の価値に幻滅しているから』ということになるんです

友達の前では劣等感は感じないけど
好きな人の前だと劣等感に苛まれるというのは
友達は異性として見ていないものですが
好きな人は異性として見ているものですから
つまりは自分の『女性性』の部分に幻滅するほど劣等感を持っているということになります

おそらくは
恋愛をしないと女になれないタイプだと思います

結果的に女であることをサボり続けて
恋愛をしそうになるとサボり続けた女である部分がイヤになり
恋愛ができなくなってしまう悪循環にハマってしまうわけですね

女は男に恋をするものですが
男も女に恋をするものなんですよね
まずは恋愛なしでも『女』にならなければその舞台には上がれないってことよ







以上
DJあおいでした







お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね














こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ







『始めまして。お忙しいところすみません。Twitterであおいさんの記事を読ませていただいてます。もしよろしければ、相談に乗っていただけますか?

昨日3年近く付き合っていた彼と別れました。他に好きな人が出来たとかケンカしたとか、そうゆう理由ではなく、些細なことで険悪なムードになったりして負の連鎖が続いていて、別れようということになりました。

別れを切り出したのは私です。でも1日中考えて、もっと頑張れたんじゃないか、私が弱かっただけで強くなればいいだけの話じゃないか、と本当に別れなきゃいけなかったのかわからなくなってしまいました。

もし時間があればでいいので、よろしければご相談させてください。』








DJあおい著『じゃあ言うけど、それくらいの男の気持ちがわからないようでは一生幸せにはなれないってことよ。』5万部突破発売中!
image




クリックにご協力お願いします







他に好きな人ができたわけではない
ケンカして嫌いになったわけでもない
これといった決定打はないけど何か疲れた

こういう気持ちは頑張っても頑張っても元に戻ることのない
最も修復不可能な気持ちなんですよ


恋愛というものはその人に対する『関心』で成り立っているものでして
決定打のない倦怠感はその関心がなくなってしまった証なんです

人というものは付き合っても付き合ってもわからないことだらけで
そのわからないところに不安になったり焦りを覚えたりするわけですけども
これが『関心』というものなんですね

実はここが分岐点になるところなんですが

その不安や焦燥感を覚えるその人のわからないところ
そこを信じることによって乗り越えるのが恋愛というものなんですね

ですが信じることとは『その人を思う自分の気持ちを信じること』ですから
自分の気持ちに自信が持てない人はいつまで経ってもその人に対して疑心暗鬼なんです

いつまで経ってもその人のわからないところに不安を感じてしまうわけですから
いずれその不安に疲れてしまいその人のわからないところは『関心を持てないところ』になってしまうわけですね

その無関心が理由の見当たらない倦怠感の正体なんです

別れを切り出してから思うことは誰にだってあります
『もっと頑張れたんじゃないか』『もっと強くなれたんじゃないか』
反省点は幾らでも出てくるものです

でも一番大事なことは
その頑張っている自分が好きかどうか
強くなろうと頑張っている自分が楽しいかどうか
なんですよ

それを楽しめる自分でなければ復縁はただの延命処置です

反省点は背負って次へ行くのが女ってもんよ
お手軽に楽になろうとして復縁を望まないように









以上
DJあおいでした









お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね


















こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ








『あおいさん、はじめまして。
いつもこちらのサイトを楽しみに見てます。
考えさせられることや反論したくなること(笑)ももちろんありますが、
わたしなりに解釈し自分にとってプラスの燃料となるよう熟読しています。

さて。
さっそく相談です。
わたしは少し前に彼からプロポーズしてもらったので結婚に向けて徐々にすすめていくことになりました。
そして、彼の仕事の都合で県外に行くことになりました。
式は数年後に挙げる予定です。

それで、なのですが。
仲の良い友達数人にこのことを報告したんです。
すると、はじめの方は祝福してもらったのですが何かにつけて
リア充コ○ス的なグループラインでの発言が多くなりました。
わたしに向けてではなく、そこらへんを歩くカップルを見た云々…リア充○破しろ!みたいな感じです。
みんな彼氏がおらず、前からそういう発言はあったのですが最近は特にひどく、
なぜか別の話題だったとしても必ずそういう流れになります。
わたしはとてもコメントし難く、返していません。
嫌味などではなく、たまたまなのだと言い聞かせていますが。
祝福されていないのかと、
仲が良いと思っていたがその程度だったのか、とわけのわからない考えになってしまいます。
顔色を伺う必要なんてないはずなのに、ハッピーなはずなのに気分は晴れません。
これから県外に行ってしまうまでにさらにたくさん思い出を作りたい!遊びたい!と思っていたのですが
なんだか気が引けてしまいます。
気にしないことが一番なのだとわかっていますが…難しいです。
このようなことは女性ならしょうがないことなのでしょうか。

お手隙の時にでも回答いただければ嬉しいです。

これからもお身体に気をつけて頑張ってください!
応援してます!本買いました!w』









DJあおい著『じゃあ言うけど、それくらいの男の気持ちがわからないようでは一生幸せにはなれないってことよ。』5万部突破発売中!
image




クリックにご協力お願いします








その中傷が誰に向けられている中傷なのかは幾ら考えてもわかりません
誰に向けられているのかわからないように中傷しているので当たり前ですよね

このテの気持ち悪い中傷は仲間内だけで楽しむものですから
誰に向けられているのかわからない時点でその仲間内に自分は含まれていないことだけは事実です

『リア充爆発しろ!』というネットスラング(?)は一時期頻繁に見掛けたものですが
ネットスラングの類って自分の言葉ではない分その言葉に対する責任も希薄なんですよね
その言葉を共有することによってただ群れたいだけで誰もその言葉に責任を感じてないように思えます

そんな中身も覚悟もない無責任な言葉ですから
わざわざ傷付いてあげる必要もないんじゃないですかね

もし自分が不幸になったとき
多くの友達は同情してくれることでしょう
もし自分が幸せを掴んだとき
自分のことのように喜んでくれる友達は
その数より少ないでしょう

本当の友達というものは
不幸に同情してくれる友達ではなく
幸せを一緒に喜んでくれる友達です

あなたはその友達が幸せになったとき
自分のことのように喜べますか?

そこにフォーカスしてみると
本当の友達が見えてきますよ









以上
DJあおいでした









お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね

















こんばんはDJあおいです

今回は匿名で出来るSNSでお馴染みの Rumor(ルーマー) からの相談です








image








恋愛というものに独占欲というものは付き物でして
独占欲のないものを恋愛とは言わないんですね

しかし独占欲だけの恋愛ではいずれ終わってしまうだけの恋愛になってしまうわけでして
そこら辺の葛藤が恋愛独特のわけのわからない悩みになるわけです

たまに『おれって独占欲がないんだよねー』なんて余裕ぶっこいている人もいますが
それはただの強がりか恋愛ではない恋愛ごっこをしているだけかの二択ですので悪しからず

では独占欲とは何なのかと言ったら
その人を独占したいという欲求なんですが
この欲求を原動力に恋愛をしてしまうと
嫉妬や束縛やモラハラ、最悪のケースですとDVにまで発展してしまい
恋人という存在がただの所有物になってしまうわけです

欲求というのは徹頭徹尾自分のためだけに働くものですから
それを原動力にしてしまうと自分のためだけの恋愛になってしまうというわけですね

ですがその独占欲が生じると多くの人が罪悪感に苛まれます
このときまさに恋愛特有の悩みが生じるわけですが
これは『この人を自分の所有物にはしたくない』という独占欲に対する反作用が働くわけですが
この独占欲に反作用する葛藤こそが『愛情』なんですね

この愛情こそが恋愛における最も大事な原動力なんですよ

欲求は自分のためのものですが愛情は相手のためにあるものでして
お互いがその愛情に従っていく恋愛というものが『最後の恋愛』というものになる恋愛なんですよ

独占欲だけでは報われない恋愛になりますが
独占欲のない恋愛も同様に報われない恋愛になります
独占欲があるから愛情が生まれ
愛情が生まれてはじめてそれは『恋愛』というものになるわけですね

一度は自分自身の独占欲に悩まされないようでは
それは恋愛とは言えないものだと思いますよ









以上
DJあおいでした








おまけ


image







努力もしないでフラフラしているだけのキリギリスよりも
当たって砕けるがんばり屋さんのアリの方がいいね










Rumor(ルーマー)
は匿名で行えるTwitterみたいな感じです

Twitterでは言えない悩みや本音が Rumor(ルーマー) なら気軽に呟けちゃいますよ

約2ヶ月に渡ってやってきたルーマー相談はこれでひとまず終了です

機会があればまたやりたいですね

2ヶ月間ありがとうございましたー!!














こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ








『DJあおい様
お正月も過ぎいかがおすごしでしょうか。

私は自己陶酔している人とお付き合いすることが多いみたいです。付き合うパターンも相談に乗る→好かれる→お付き合いする→お別れするというパターンが多かったように思います。
相談に乗っていたときは「可哀想な俺」
付き合っていたときは「お前を守る俺」
お別れしたときは「振られた俺」
もうこんな感じです。

努力は決して裏切らない!タイプの自己陶酔型と
どうせ俺なんかダメなんだしっていタイプの自己陶酔型
内容は違えど、根本的なものは一緒だったんだなとふと思いました。

自分のどういうところが自己陶酔男を引き寄せてしまうのでしょうか。
相談に乗っているときにウンウンと話を聞いているのがやはりいけないのでしょうか…。
またどういった男が自己陶酔型なんでしょうか?
自己陶酔していようが合えば上手くやっていける気がするんです。

今後自己陶酔男に引っかかったときの対処法にアドバイスをお願いします。

寒い日が続きますがご自愛ください。』









DJあおい著『じゃあ言うけど、それくらいの男の気持ちがわからないようでは一生幸せにはなれないってことよ。』5万部突破発売中!
image




クリックにご協力お願いします








相談に乗っていたときは『可哀想な俺』
付き合っていたときは『お前を守る俺』
お別れしたときは『振られた俺』
どこまで行っても俺、俺、俺

感情の降り幅が大きい『劇場形』の恋愛になってしまう男性というのは自分の感情だけが原動力になってしまう男性なので
そこに理性的な愛情が感じられないんですよね

感情は自分のために働くもの
理性は相手のために働くもの
感情は欲求であり
理性が愛情である


と言いまして
感情が原動力になっているわけですからそれは欲求に忠実になっているだけであり
相手に対する敬意や愛情に欠けているわけです

だからどんな優しさも自分本意な優しさになってしまいますのでそれに自己陶酔してしまい
その優しさを受け取る側は若干微妙な気持ちになってしまうわけですね

欲求というのは自分を振り回すものですから
欲求を原動力にしている人ほど落ち着きがなくなり
浮わついた気持ちに支配されてしまいますので
ケツの軽い男になってしまいがちなんですよ

女性が男性に求める最も大事なものは『落ち着き』です

欲求ではなく理性で人を愛することができたとき
人は落ち着くものですよ


自己陶酔男の扱いはこどもの扱いと同じです
ただ、惚れた女を母親代わりにする程度の男は男としてどうかと思いますけどね







以上
DJあおいでした






お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね