月別

2014年10月









こんばんはDJあおいです

いよいよ待ちに待った書籍の発売が決まりましたのでここにお知らせします

タイトルは

『じゃあ言うけど、それくらいの男の気持ちがわからないようでは一生幸せになれないってことよ。』



image




タイトルながっ!
略して『じゃあ言うけど』で親しんで頂けたら幸いです

気になる中身なんですが
ブログ本ということでこのブログの記事を中心に加筆修正を行い書き下ろしも多数含まれている仕上がりになっています

どこのページから読んで頂いても楽しめるような構成になっていまして
ちょっとした時間の隙間でも充分に心に爪痕を残すことができるような一冊になっていますよ

イラストを添えてくださったのは有名なイラストレーター小山健さん
ワニブックスさんが大枚はたいて起用して下さいました
そちらも合わせて楽しんで頂ければ幸いです

あまり明言はしないのですが
自分なりの拘りというものがあるんですけどね
その『DJあおいずむ』 というものがギュッと詰まった一冊です

ぜひぜひ可愛がってやってくださいね


書店発売は11月27日です


先行予約はAmazonで出来ますよー


Amazonで先行予約はこちら


今すぐ予約して頂くことも可能なんですけどね
それはそれでもう足を向けて寝られないほど感謝感謝なんですけども

できれば11月3日の20時から21時の間にポチポチっとして頂けたら嬉しいです(もちろんそれ以外も嬉しいです!)

何故かと申しますと
Amazonのランキングの集計は1時間毎に行っていまして
20時から21時の集計で21時のランキングが更新されるわけです

もしそこで1位を奪取できたら
ステキやん、、、?



という目論見なんですけどね(照)
まぁ実際は1位なんて夢のまた夢だと思うんです
そんなに甘い世界ではないということも重々承知しております

でもそれを踏まえた上で
1位を奪取できたら、、、ステキやん、、、?

そんなわけで
書籍発売記念に『Amazonランキング1位奪取プロジェクト』を行いたいと思いますので
もしご協力して頂けるのなら
11月3日 夜の20時から21時の間にポチポチっとして頂きたく存じます

Amazonで先行予約はこちら

よろしくお願いいたしますね






以上
DJあおいでした














こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ










『こんばんは!
いつも為になる記事をありがとうございます!あおいさんのブログを見て勉強させていただいてます。

どうしても解決できない悩みがあり、あおいさんのご意見をお聞きしたいので、相談させてください。
悩みというのは、何に対しても無気力になってしまっていることです。
私は大学4年で、この時期は卒論が待ち構えてます。それなのにやる気が出ず、今全く進んでいない状態です。
でもなぜ急に、しかも卒論の期限が迫っている時期にこうなってしまったのかがわからず、どうにもこうにも解決できません。
どうしたら今の状態から抜け出せるか、教えていただきたいです。

長々とすみません。
寒くなってきましたので、お身体にはお気をつけて過ごしてください。』








いったんコマーシャル
11月27日にDJあおい著『じゃあ言うけど、それくらいの男の気持ちがわからないようでは一生幸せになれないってことよ。』が発売されます
先行予約はこちらから








まだ何も手をつけていない状況でゴールを見据えてしまうと
その道程の長さにウンザリしてしまうんですよね

それが最初の一歩を踏み出すことができなくなる原因になり
いつまで経っても踏ん切りがつかなくなってしまうわけです

ゴールまでの途方もない長さを乗り切るための途方もない大きさの『やる気』を自分に求めてしまっているわけなんですが
そんな大きなやる気なんて今は必要ないんですよね

何事もそうなんですが『最初の一歩』というものが最も大事な一歩なんですよ
今はゴールより最初の一歩の方が大事なんです

ですので今は最初の一歩だけに集中すること
そのたった一歩を踏み出すだけで良しとすること

やる気というのはやった分だけ等価交換で手に入るものです
一歩踏み出せば次に一歩踏み出すやる気が出るわけですね
あとはその繰り返しでゴールまで行けるってことです

最初の一歩だけはやる気に頼らないこと
最初の一歩だけはやる気を出すために踏み出すこと













以上
DJあおいでした













お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね















こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ










『あおいさんこんにちは。
いつもTwitter、Blog拝見してます。

私は22歳の社会人2年目で、社内に8歳上の好きな人がいます。
私は彼と2人になると緊張して会話が出来なくなってしまいます。
他の人とは日常会話がぽんぽん出来るのですが、彼と話そうとすると何を話そうと考えているうちにタイミングを逃してしまいます。
LINEもしたいのですが、迷惑ではないかと考えたり、送ろうにも何と送ったら良いのかわかりません、、、

社内での周りからの目もありますし、無意識に気持ちがばれないようにしてしまっているようなのですが、少し勘付くかも!?くらいがいいと聞きます。部署が変わり、話す機会もめっきり減ってしまったのですが、いいアプローチの方法はありますでしょうか。アドバイスお願いします。

これからもあおいさんのご活躍楽しみにしています。』








いったんコマーシャル
11月27日にDJあおい著『じゃあ言うけど、それくらいの男の気持ちがわからないようでは一生幸せになれないってことよ。』が発売されます
先行予約はこちらから







その人と一緒にいると
緊張で逃げ出したくなるのが憧れであり

その人と一緒にいると
楽しくてもっと一緒にいたいと思えるのが恋愛感情である


緊張して自己嫌悪してしまうのは自己肯定感の低さが原因ですね
好きな人を前にすると自分の女としての価値の低さが浮き彫りになり
結果何も出すことができなくなってしまうわけです

『女としての価値がない』という思い込み(劣等感)があるわけですから
自分の『女である部分』というものを出さなくていい相手としかマトモな会話ができないんです

恋愛というものは良くも悪くも『対等』なお付き合いしか成立しないものでして
『女として価値なき者』という劣等感を拭い去ることができない限り
『男として価値なき者』と思えるような人としか恋愛は成立しなくなってしまうんですよ


例え憧れの人とお付き合いすることができたとしても
その人を自分と同じ『価値なき者』にしようとして相手の粗ばかり探してしまうようになってしまうんですね

アプローチのやり方云々ではなく
根本的なところから見直した方がいいと思いますよ

女は女として生まれたから女になれるわけではなく
女は女として生きていかなければ女になれない生き物なんですね














おまけ
読者さんからこんな相談を頂きました








『あおいさん、こんにちわ。

彼氏が来月、男友達とおっぱいでかくてスタイルの良いJKとガールズバーの可愛い女の子とスノボーに行くみたいです。

メンタルどうすればいいですかm(._.)m』










しばき倒せばいいと思います










以上
DJあおいでした











お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね



















こんにちはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ










『あおいさんこんばんは。
最近日が落ちるのも早くなって風が寒くなってきましたね。くれぐれもご自愛ください。

今日はあおいさんのお言葉がほしくてメールしてみました。目を通していただけると光栄です。

わたしは高校3年生にもなって
まだ誰ともお付き合いしたことがありません。周りには彼氏がいそうと言われますが、男子とはほとんど話さないし、話してもたいして面白くもない話をしてしまってなに一つ盛り上がらないし、可愛くもないし、クラスではただはしゃいで騒いでるうるさい女子です。だからモテないんだなと実感する毎日です。
恋人なんて欲しくて作るものでも出来るものでもないのでしょうが、
私の友達でも付き合ったことがない子は稀で情けなくなってきます。
そして最近、私の憧れている人が『高3にもなって付き合ったことないとかやばいね。ないよ。』と言っていたのを偶然聞いてしまい、とてつもないショックを受けています。
18歳も生きていて誰にも好かれないなんておかしいのでしょうか?

最後まで読んでくださりありがとうございました!』













とある統計によると
20~30代で恋人がいない人は約6割にもなるそうで
『一度もお付き合いしたことがない』という人は約3割にもなるそうで

恋人がいない、できない
ということにそれほどコンプレックスを感じる必要もないのかなと思います


一昔前の時代というものは恋愛至上主義的な部分がありまして
『恋愛は幸せの象徴』みたいな気持ち悪い風潮があったんですけどね
それが『恋人がいない人 = 不憫な人』というイメージになってしまったわけですが

今はもう恋愛に充実は求めない時代になりつつあるんですよね
各々が個人としての充実を求める時代ですから
それほど恋愛に執着していないように思えます

ですから個人が充実していて魅力的な人ほど安易な恋愛はしないという人が多くなってきたわけですね

周りを見ればわかると思うのですが
自分の充実を満たすために恋人をつくっている人と
自分の充実を満たすためにひとりを楽しんでいる人とでは
その魅力は歴然とした差が見えるんですよね

後者の方が何倍も魅力的なんですよ

恋人をつくるだけなら容易いもので
そこら辺の恋愛指南の言う通りに八方に媚び打って胸もとチラリしながらテキトーーーーーにべたべたボディータッチしてりゃやっっっすい男はウホウホ寄ってきますよ

でもそれで満足するほど人の人生というものは安いものではないんです
そんな人生であってはならないんです

好きな人を見つけるよりも好きな自分を手に入れる方が最優先すべきことなんですよ

それを踏まえた上で
本当に価値のある恋愛に巡り会えるわけですね

無駄な恋愛をして無駄な時間を『消費』するくらいなら
その時間を自分に『投資』してやるのが幸せに最も近い道だと思いますよ












以上
DJあおいでした











お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね















こんにちはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ











『あおいさん、こんにちは。
私は俗に言う断れない日本人です。
親しい友人なら断れるのですがそれ以外の人だと断れず、前日にどうしても行きたくない気持ちでいっぱいになり結局、断ってしまいます。

そうする自分が嫌で嫌で仕方がありません。

どうしたらいいのでしょうか…。

最近、寒い日が続いてますがお身体に気を付けてください!』












過剰に人から嫌われることを怖がっているのが断れない原因になってしまうんですけどね

断られたくらいで人は人を嫌うことはしませんよ

むしろ断られたくらいで人を嫌うような人には早いうちに嫌われた方が今後のためなんですよね

『NO』と言えることで自分の人間関係は最適化していくものなんですよ


誰かに誘われたとき
その誘いに対してYESかNOかは二の次でいいんです
まずは誘われたことに対して嬉しいかどうかにフォーカスすること

それが嬉しいと思えたら誘ってくれたことを素直に喜ぶこと
それを踏まえた上でお断りすること
最後に誘ってくれたことにちゃんと感謝すること

人間関係を形成していく上で当たり前の作法なんですけどね
当たり前なことこそちゃんと身につけておいた方がいいですよ

嫌われたくないという恐怖心がNOと言えなくなってしまう原因なんですけども
NOと言えないことで誰よりも自分を嫌ってしまうのは自分なんですよね

誰にも嫌われないために嫌いな自分になってしまうわけです

嫌いな自分になってしまったら
例え誰にも嫌われなくても
今度は見るもの全てがイヤになってしまいます

人から嫌われることよりも
自分を嫌いになってしまうことを恐れた方がいいですよ













以上
DJあおいでした











お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね