月別

2014年06月






こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ





『あおいさん、初めまして。
いきなりですがもう本当に限界で話せる相手がいないので、せめてあおいさんにお話を聞いていただきたくてメールします。

今現在同い年(両方19歳)の彼と半年ほどお付き合いしていますが、毎月絶えず喧嘩ばかりでした。ですがお互い謝り毎回喧嘩は終わり仲良しに戻れるのですが、先月その喧嘩に私が耐えられなくなりそうなときに男友達に告白されて揺れてしまいました。

そのとき彼に泣きながら謝られて、自分を選んでくれと言われ私は何をしてるんだと思い彼に謝り彼のほうへ戻りました。

しかし今月また喧嘩をして、彼が溜まっていたものを爆発させるかのように人が変わり普段の喧嘩の雰囲気とは全く違ったものになり、「呆れた」と言われました。
原因は積み重なった私の自分勝手な発言や行動です。
何度も泣きながら謝り「変わるから」と「迷惑をかけないから」そう言って変わろうと決めたのですが、今までと違う彼の態度に耐えられなくなり二度ほど「寂しい」という言葉をこぼして「自分のせいだろ」と言われそれからまた悪循環の繰り返しです。

昨日また「今の状況が辛い、苦しい」と相手に伝えてしまってもう取り返しのつかない状況になってしまいました。
「先月自分がしたこと本当に笑い事じゃない、俺がどれだけあのとき辛い思いをしていたか」
本当にその通りなんです。自分が情けなくて、沢山ひどいことを私に言うのに「別れよう」とは言われないこの状況が苦しくて

「悪いところをちゃんと見つめ直す」と言っても「絶対無理。期待していない。勝手にしてろ」等の言葉が返ってくるだけで、もう関係を戻すのは無理なのだなと思いました。

あおいさん、今丁度私は進路のことを考えないといけない時期なんです。
何が言いたいか、あおいさんに何を聞いてほしいのかよくわからないんですが、本当に死にたくなるときってあるんですね。
これを書いているときも涙が止まらなくて、彼には完全に呆れられ飽きられている状態で

過去に私も彼に呆れたと言った経験があります。彼も死にたいと嘆いたことがあります。私と同じような気持ちを彼にもさせていたんだと思うと本当に苦しくて、彼が私を許してくれないことが見えていて余計辛い。

自分から別れようなんて言えない。
側にいてほしい。この先もこの人と一緒に居たいと思ってしまいます。
彼に同じことを伝えたけれど、「あっそ」という返事だけでした。

大好きなんです。私が酷く傷付いているときに出会い、私を受け入れ必要としてくれました。だから私も彼に何かしたかった。
それを仇として返してしまいました。
この人が居なくなるくらいなら、消えてしまいたいと本気で思ってしまう自分が本当に嫌いです。

あおいさん、見ず知らずの方にこんなことを言うのはおかしいのかもしれませんが、あおいさんの言葉で助けてほしい
あおいさん、明日が来るのが苦しいです。』






喧嘩の絶えない仲というのはよくあるものなんですけどね
よくよく内容を聞いてみると同じようなことで何回も何回も喧嘩をしているんですよね

これはどちらかがどちらかに喧嘩することによって我慢を強いてしまっているからなんですよ

喧嘩というものは相手を黙らせることはできても
相手を変えることはできないものですから


喧嘩の絶えない仲というのは
変わり合うことができない仲になってしまうわけですね

喧嘩というのは感情のぶつけ合いでして
話し合いというのは理性の捧げ合いでして

人は自分のことにはなかなか理性は働かないものなんですよ
ですから喧嘩というのはお互いに自分のことしか考えていない者同士で起こってしまうものなんです

理性というのは違う誰かのために働くものですから
話し合いというのはお互いがお互いを思いやれる仲でしか成立しないわけですね


恋というのは感情でするものかもしれませんが
愛情というものはその人を思いやれる理性なんですよ

喧嘩もできない関係なんて恋愛じゃないと言う人もいますがちょっと違うんですよね

話し合いもできない関係なんて恋愛じゃないというのが正解だと思うんです

恋するだけじゃ続かないということ
それを続けるのは愛するということ

ですね












以上
DJあおいでした










お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね













こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ





『あおいさん、こんにちは。

結婚する前の理想や憧れと、実際に結婚してから感じるものは違うものですか?

結婚に憧れてるうちは、まだ結婚しないほうが良いのでしょうか?

あおいさんの考えを聞きたいです。
よろしくお願いします。』






結婚に対する理想はあって然るべきなんですよね
大事なのはそれを個々に秘めているのではなく
それを共有することなんですよ

結婚はそんなに甘いものじゃない
理想と現実は違う


シッタカぶった大人は結婚にマイナスなイメージを植え付けたりしますけどね

たしかに理想と現実は違います
ときに現実は厳しいものだったりもします

でも理想を共有することによって
ときに現実は思い描いた理想よりも楽しいものになります
そして厳しい現実も楽しいものになったりするんです


理想を共有することで
見つめ合う恋愛から
同じ方向を向ける恋愛に変わるわけですね

私は既婚者として
結婚の厳しさだけを伝えるような大人にはなりたくありません
結婚の楽しさを伝えられるような大人になりたいんです

結婚は人生の墓場なんて言ったりしますけどね
夜は墓場で運動会なんですよ














以上
DJあおいでした










お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね
















こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ





『あおいさん、はじめまして

いつもあおいさんの言葉によって心のモヤモヤがなくなることが多く、参考にさせていただいております。

実は、コンドームについてお聞きしたいことがあります。

わたしたちカップルは、コンドームを彼女のわたしが買っています。別に買わされているわけではなく、種類もわたしの方が知っているし、車でわたしを送ってくれたり、ごはんをつくってくれたりする代わりに、買ったという感じです。
先日、そのことがこの前母に知られたのですが、コンドームを女が買うことは、世間に売女と晒しているようなもの、わたしの子供とは思えないほどだととても怒られました。

あおいさんはどうお考えになりますか。
ご回答お待ちしております。』






コンドームは男性が用意すべきもの
というのは男性主導の恋愛がスタンダードだった昭和の頃のお話ですよね

その結果セックスも男性主導で独りよがりなものになってしまったり
望まない妊娠をしてしまったり

男性主導の恋愛によってたくさんの女性が傷付いてきた過去があるわけですね

過去から学び移り変わっていくのが世の常ですから
時代と共に恋愛はどちらが主導でも受動でもない
対等という形になってきているわけです

もちろんセックスにおける避妊の責任も対等であるべきものに変わりつつあります

責任が対等になってこそお互いが対等に楽しめるセックスができるわけですね

お互いが避妊の責任を相手に押し付けないのが大人のマナーだと思うんですよ

ですので恋人に会うときは
今夜のために1つ

いや2つ!

コンドームをバッグの中に忍ばせておくのが大人の女ってもんだと思いますよ

それに今はバリエーションが豊富ですからね
二人の身体の相性に合う商品を選ぶ楽しさもあるんですよ

商品によっては生よりいいかもしれないですぜ













以上
DJあおいでした










お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね













こんにちはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ





『あおいさん、初めまして。
いつもブログ拝見させて頂いています。

あおいさんは恋人と「距離を置く」という選択肢はあると思いますか?
私は先日、1年半程付き合っている彼氏から距離を置きたいと言われました。
私のどこが嫌になったというわけではなく、自分の気持ちや私に甘えている部分を考え、気持ちを確認したいという理由からです。
そのため、今の段階では別れるという選択は考えていないとも言っていました。
でも今は私に会いたくもないし話したくもないということだと思います。
距離を置いてからはメールも電話も一切なしで、今はまるで他人のような状態にあります。
また、期間が決められているわけではないので、相手の答えがでて連絡が来るまで私は待つことしかできない状態です。

私は彼のことは好きなので別れたくないし、できることならまた今まで通り、もしくはそれ以上の関係になれればと望んでいます。
でも、今までは毎日連絡をとっていたのに、相手から連絡が何もない状態の今、相手からの連絡を待ちきれなくて自分からしてしまいたくなったり、会いたくてどうしようもなくなったり、心が不安になったり、相手は何してるんだろう?とか考えたりっていう感情は不思議と全く無く落ち着いています。
これは別れたくないとは言いつつ、私の心は知らない間に彼から離れていっているということなのでしょうか?

距離を置いて何か良いことってあるのでしょうか?私は距離を置く選択は曖昧で弱くてずるい考えだと思ってしまいました。
また、私は一度距離を置いた末にあるものは別れしかないのではないかと今回色々と考えて思いました。
あおいさんの意見を聞きたいです、よろしくお願いします。』






『距離を置きましょう』という言葉のその殆どが
『別れましょう』という言葉が言えないだけのその場逃れ の言葉として使われているんですよね

希に距離を置いて復縁するケースもありますが
距離を置いて復縁しての繰り返しになりがちなお付き合いになってしまい
結局は別れてしまうというケースが殆どです

恋愛というものは同じ距離感を共有することが最も大事なことになるのですが
違う人間同士がお付き合いしているわけですから
当然距離感のズレは生じてくるものでして

そのズレが原因で不安になったり倦怠期になってしまったりするわけですね

それは一度だけではなく何度も何度も起こりうるものなんです

その度に二人で話し合い歩み寄り
お互いの距離感のズレを修正していくのが愛情なんですよ

二人の距離感を二人で修正する度に愛情は深くなっていくものなんです

だから私は常々言うんです
『付き合う』ということは『愛し合う』ということを『話し合い続ける』ということなんですよ

ってね



距離を置きたいと思うときこそ
それを二人で乗り越えるべきときなんですよね

お互いがバラバラになって距離を置いてもあまり意味はないんですよ

距離感のズレを修正する気がない者同士が
例え復縁したとしても
また同じことの繰り返しになってしまいますからね








以上
DJあおいでした









お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね










こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ





『こんばんは、あおいさん。
いつも興味深くTwitterやブログ拝見しています。
その中であおいさんはよく、
「嫌いになる人を選ぶのではなく
嫌われてもいい人を選ぶことが大事になりますね」
というようなことをおっしゃっていますが、実はこの言葉の意味がよくわからないんです。
選ぶ、というのはどういうことですか?
回答いただけたら嬉しいです。』






自分の人生を楽しめていない人というのは
人生を楽しんでいる人を嫌うものでして

その人生を楽しんでいる人の中から
嫌いになる人を選んでいるわけですね

その規準は様々なんですが
だいたいの場合は『嫌いになっても許してくれそうな人』をターゲットにするんですね

嫌っても文句を言わない人
嫌っても自分に害を与えない人

そういう人を選んで嫌い
自分の満たされない気持ちを埋めているわけです

人生を楽しんでいる人を楽しめないように仕向けることが
自分の満たされない気持ちを満たす唯一の手段になるわけですから
人を嫌う人というのは人を嫌うことに異常なまでに執着してしまうわけですね


だから人を嫌う人というのはあんなに声が大きいんですよ

もちろんそれで楽しくない人生が楽しくなるわけではありませんので
嫌っても嫌っても気持ちが満たされることはなく
嫌いになれる人を選び続けてしまうわけですね

残念ながらこういう人は世の中にたくさんいるものでして

嫌われることを怖がっていたら
人生を楽しむことなんかできないよってことなんです


そういう人には嫌われたって構わないんですよ
それが『嫌われてもいい人を選ぶ』ということなんです

嫌われたら嫌い返すのではなく
『こういう人には嫌われてもいいや』と切り捨てることですね

嫌い返すとそれは執着になりますが
『嫌われてもいいや』と切り捨てることは
関心さえも持ってあげないということですから

楽しむための人生の邪魔になることはなくなるんですよ

どうでもいい人に嫌われて傷付いてあげるほどお人好しな人生になっちゃいけないんです

自分を傷付けることができるのは
自分が傷付けたくない人だけですからね













以上
DJあおいでした











お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね