こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ








『こんにちは。
いつもブログ、ツイッターで元気を頂いています。今日は、あおいさんにご報告とご相談があって連絡させて頂きました。

私は、あおいさんの『迷ったら勇気のいるほうへ』という言葉が大好きで、この言葉を胸に就職活動を頑張ってきました。その結果、勇気を振り絞って受けた公務員試験に合格し、自分のやりたい職の道に進むことができました。

就職活動で悩んだこと、それは友人や彼との距離が遠くなることです。多くの友人は大学と提携している職場へ就職します。現在お付き合いをしている彼も、地元への就職が決まっています。彼とは、春から遠距離、かつ職種が異なる状況になります。

友人は「自分なら彼との将来を考え、やりたい仕事よりも、彼との関係を優先し、彼の地元でも働ける職の道を選んでいた」と言います。実際に彼と結婚となれば、私は苦労して掴んだ職を離れることになると思います。
 
正直、自分でやりたい道を選んだのにも関わらず、友人や彼と距離が遠くなることに関して、孤独や不安を感じています。自分も周りと同じように、無難に就職先を見つけるべきであったのか。自分の意志が、一時の感情に負けてしまいそうです。

あおいさん、女性は結婚し、幸せを掴むためには、自分のやりたいことを犠牲にしなければならないのでしょうか。その決断は、学生時代からしなければならないのでしょうか。

お忙しいところ、目を通して頂いてありがとうございます。これからもご活躍を楽しみにしています。
ちなみに、既にあおいさんの本フラゲ済です。』










DJあおい著『じゃあ言うけど、それくらいの男の気持ちがわからないようでは一生幸せにはなれないってことよ。』増刷決定発売中!








遠距離になったからといって壊れるような関係なら
近くにいたっていずれ壊れてしまう関係です

遠距離にビビって職場を変える程度の思いなら
その恋愛はもうおわりにした方がいいでしょう


恋愛することが幸せというわけではありません
結婚することが幸せというわけでもありません

人によってそれは不幸にもなり得るものなんですね

幸せというものは社会的な自立の上に成立するものなんです
社会に出て最も優先すべきことは社会的な自立なんですよ

これから自立していくプロセスの中で
人は大きく変わっていくものなんです
また変わっていかなければならないものなんですね

その変わっていく過程の中で恋愛観も大きく変わっていくと思います
学生の頃の恋愛が『過去のもの』になるのがこのときですね

ここでお互いが社会的な自立に伴い
その恋愛観も共に自立したものになっていなければ
その恋愛はもう終わりになってしまうものなんですよ

『学生から社会人になるとその恋愛の多くは続かない』と言われる由縁はここにあると思います

ですから恋愛のために職場を決めてしまうと
その多くは社会的な自立心を損なうものになってしまい
その恋愛は破綻に向かうものになってしまうわけですね

恋愛はしがみつくものではありません
自分自身についてくるものです

好きなことをやりましょう
自分の決めた道を行きましょう














以上
DJあおいでした










お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね