こんにちはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ










『こんばんわ☆
相談があります


経験人数が大事と思っている男の人の心理がわかりません。

自分の元カレもそうでした。
経験人数が少ないから損をしている、死ぬまでにもっと遊びたいと言われ振られたことあります。
周りに流されている部分もあると思うのですが

自分はその人の何だったんだろう
原因は自分にあるのかなってネガティブになってしまいます

そんなに経験人数は大事なのですか?』











恋愛と仕事って似ていると思うんですよね

たくさんの職歴を重ねる人より
ひとつの仕事を極めた人の方が『仕事』というものの本質をよく理解しています

履歴書に書ききれないくらいに職歴だけを重ねた人ほど『仕事』というものをナメていたりするんですよ

前者は豊かになりますが後者はいつまでも貧しいだけです


恋愛において経験人数をステイタスだと思っている男ほど恋愛観が貧相だということですね

それはいつまでも定職に就かずにプラプラしているフリーターと同じ

自分が本気になれる仕事も見付からず
誰でも出来るアルバイトで『とりあえず』食い繋ぐだけの毎日

イヤになったら辞めイヤになったら辞めの繰り返しで重ねた職歴の
いったいどこにステイタスを感じるのでしょうか

経験人数を誇らしげに言うということは
『私は欠陥品ですよ』という自己紹介みたいなものですね

それは誇るものではなく恥じるべきもの

恋愛は遊びではなく仕事に近いものだと思いますよ











以上
DJあおいでした












お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね