こんにちはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ






『初めまして。
いつもブログ拝見しています。

私は約1年不倫をしていて、2ヶ月程前に別れました。
ただ職場が一緒で、仕事の形態的に出勤の度に顔を合わせますし、協力して仕事しなければいけないことも多いです。
また、来月には相手に子供が産まれる予定です(そういった家庭事情も耳に入ってきます)。

不倫という間違ったことをしたことは自分の責任で、苦しむのは自業自得かもしれません。
しかし、仕事も家庭も順調で、彼が何も制裁を受けないことに納得できず、 本気で好きだったつもりですが、彼を見ると、悔しい、憎い、痛い目見ればいい、自分の前から消えてほしい、と負の感情がわいてきて、夜寝られなったり、気持ち悪くなったりしてしまいます。
このままでは感情を抱えきれず、自分が自分でなくなりそうでこわいです。
どうしたら黒い気持ちに勝って、強い自分になれるのでしょうか?
もしよろしければお返事いただけると嬉しいです。』






その人にとって最も辛い制裁というのはですね
痛い目を見ることではなく
関心を持たれなくなることなんですよ

もしその人が痛い目を見たとしても
『いい気味だ』とすら思ってあげないのが最大の制裁になるわけですね

過去に関わりがあった人に忘れ去られること以上の屈辱はないですから
無関心になることが最大の仕返しになるわけです

では何故その人に関心を持ってしまうのか
何故無関心になれないのかといったら

そこに自分の知りたいことがあるからなんです


なぜ自分はあの人に棄てられてしまったのか
自分の何が悪かったのか
どうすれば上手く出来たのだろうか

そういう疑問に関心を抱き
探しても探しても答えが見付からない堂々巡りの中で
その感情はネガティブなものになってしまうわけでして
それはその相手に答えを求めてしまっているからなんですよ

その人の見えない気持ちの中に答えを求めてしまっているから
いつまで経っても答えは見えず
それはやがて執着になり憎悪になってしまうわけですね

別れに納得できる理由なんていらないんですよ
大事なのは別れた事実を受け入れる度胸だけなんです

それを受け入れることができたとき
別れから様々なことを学び
人として女として大きく成長し
その別れから学んだことを自分のものに出来たとき
はじめてその別れは自分にとって必要のないものになり
無関心になれるものなんです

要するに幸せになってしまうことが無関心になれる一番の近道というわけですね

欲しい答えはいつも幸せの中にあるものよ












以上
DJあおいでした











お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね








こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ





『あおいさんこんにちは!
ブログが面白くていつも見ています!
相談というか意見というかなんですが、
私は高校生なんですが、あまりスッキリとした人間関係ではありません。
友達が他の友達の悪口を言ったり、言ったのにもかかわらず仲良くしたりします。それがよく分かりません。嫌いなら一緒にいなければいいのになぜ仲良くするのでしょうか?』






女子あるあるですね

女性というのは無駄に徒党を組みたがるものでして
どこかの集団に属していないと不安になってしまうんですね

その属している集団によって階級制度みたいなものが存在していたり
まぁめんどくさい習性なんです

これは独りになりたくないという不安で集まった集団ですから
独りにならないために他の子の悪口を言ってみたり
それに右へならえしてみたりしてしまうわけですね


『友達はいなければならない』という思い込みから友達がいないことへの恐怖心が生まれ
友達を作るために自分を曲げてしまうわけです

自分らしさと引き換えに友達を得ているわけですね

だからこういう集団というものは皆同じような顔に見えてしまうんです

友達はいなければならないものではありません
友達がいないことは恥ずかしいことではありません
自分を曲げてまで作った友達といるよりも
自分らしくひとりでいる方がよっぽど人生楽しいです


友達は無理矢理作るものではなく
自分らしく楽しんでいればいつの間にか出来てしまうものですよ

そういう友達が一生の財産となる友達なんですよ












以上
DJあおいでした










お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね










こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ





『葵さん初めまして。

いつも葵さんのブログを楽しく拝見させていただいています。
葵さんに自分が今、悩んでいることを
相談したくてメールを送らせていただきました。

私は、自分自身のことが嫌いでいつも自信がなく人の目を気にして毎日を過ごしています。

自分を好きになることは自分を受け入れることだとよく聞くんですが、
どうしても今の自分を受け入れる事が出来ず、自分から逃げてしまいます。

どうしたら自分の事を心の底から受け入れ好きになる事が出来ますか?

回答よろしくお願いします。』






自分のことが好きか嫌いかで言ったら
おそらく嫌いだと言う人が大多数だと思いますよ

ただひとつ違うのは
そんな自分を許せるかどうかなんです


許せないという人に共通していることはですね
行動力がないということなんですよ

これは失敗を怖れることによって行動力がなくなってしまうものなんですけどね

人は考えれば考えるほど『やっぱりやめておこう、、、』と行動することよりも諦めることを選択してしまうものでして

それは『行動するより諦める方が楽だから』なんです


楽を選んで行動できなかったことほど後悔が残ることはありませんからね

今の残念な自分を作り上げた過去の自分を許せなくなってしまうわけです

過去は変えられるものではありませんから
それを許せない限り今の自分を受け入れることもできなくなってしまうわけですね

一方自分を許すことができる人というのは行動力が伴っているものでして

それによって失敗をしたとしても
それは行動を起こしたことによって得た失敗ですから

それは後悔ではなく教訓になるわけですね

その失敗を教訓として次に繋げることができたとき
過去の自分を許すことができ受け入れることができるわけです

行動しなかった失敗は後悔になり
行動した失敗は教訓になるわけですね


成功することで命が輝くわけではなく
行動することで命は輝くものなんですよ












以上
DJあおいでした









お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね





×