こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ






『初めまして、いつもaoiさんの
言葉に助けられ、感心しているばかりです。

悩みといいますか、、、自分は
高校を出て普通に、中小企業に
勤めはじめました。ですが
周りには、キャバやスナック
デリヘルをやってる子が多く
月収などを聞いて、焦りが出てきました。
自分の月収は、14万とかなのに
夜をやってる子は月、30万超え
してて、自分の仕事がバカバカしく
思えてきました。
体入などしてみたものの
出来なくはないんですが
なんかしっくりこなくて。

でもやっぱり世の中、お金も大事で
なにが正しいのか、これでいいのか
よくわからなくなってきちゃいました。

こんなにお金に心持っていかれるとは。何でもお金、お金になってしまって、この僻みが本当に嫌で
やっぱり世の中、お金が第一なんでしょうか...』






お金は大事ですよ
そこら辺の認識をごまかすと生涯苦労してしまいます

ですがお金以外の付加価値を見い出せない仕事には限界がありますよね

結局自分にとっての本当の財産というものは

キャバ嬢さんやデリヘル嬢さん
公認会計士さんや弁護士さん
アイドルさんやシンガーソングライターさん

どんな職種だろうと関係なく
『その仕事から何を学ぶか』
ということだと思うんですよ

職種は違ってもそこから学ぶことというのは
生きることや愛すること
人生における永遠のテーマというものに繋がるものなんですよね

道は違っても行き着く先は同じ場所になるのかもしれません

それを学ぶにはお金以外のが必要不可欠なものでして

だから仕事ではなく志事をしなさいとよく言われるんですね

お金は使えばなくなってしまうものですが
そこから学んだことというのは生涯残るものです

それを伝えて残していくのが本当の財産なんですよ

もし自分がいなくなってしまったとしても
自分が残した財産は受け継がれていくものですからね

自分の生きた証が本当の財産ということです

目先の小銭に目が眩んでいるようじゃ本当の財宝なんか見つけられないんだぜ









以上
DJあおいでした










お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね












こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ





『いつも凄く感心させられながら読んでおります。
今日は相談なんですが、同棲は長くなると結婚が遠のくものなんでしょうか??
私は現在30歳で付き合って1年2ヶ月の38歳の彼と1年同棲しています。
同棲のきっかけはお互いの結婚の意思もあり、本当は今年式もあげるくらいの予定だったので私の家に住むことになりました。
しかし、彼の会社の社長が逮捕されてしまい、会社はなんとか残ったものの、お給料も下がり、なんとなく今年は無理だなと思いました。
お恥ずかしいながら私も彼も仕事で作った借金が少しあるので早くてもそれがなくなってからとは考えています。
テレビなどで長い同棲は結婚を遠のかせるなどとやっていて、男性は同棲すると新鮮さもなくなり、母親や家政婦代わりになってしまうとか。
凄く誠実でお酒もギャンブルもやらず、今のところ浮気の心配もありません。(金銭的に余裕がないだけかもですが(^^;;)
不安な要素は特になく今現在はとても幸せなのですがここから2年3年と同棲して結局結婚しないとかになりかねないかな??とか少し思ってしまいご相談させていただきました。

なにかアドバイスしていただけたら嬉しいです。』






同棲をすると結婚が遠退く
よく言いますよね

主な原因としては

新鮮味がなくなる
お互いの悪いところを隠しきれなくなる
マンネリになる


こんなところでしょうか

でもこれってべつに同棲していなくても起こりうる事例なんですよね
これは同棲に限らず長くお付き合いをしていれば誰にでも起こることなんですよ

ただ同棲というのはその答えが早く出てしまうものなんです

同棲で結婚が遠退いてしまう程度の関係なら
同棲をしていなくてもいずれ結婚相手としては見れなくなってしまう関係というわけですね


とあるデータで
同棲した約80パーセントのカップルが破局している
というデータがあるんですけどね

一見ショッキングな数字に思えたりしますが
よく考えてみるとこれは当たり前のことなんですよ

恋愛なんて最後の恋以外は全て失敗みたいなものですからね
世の中は成就した恋愛よりも失敗した恋愛に充ちているものなんですよ


出逢った数から別れた数を
引いて残るはあなただけ
っちゅーてね

成功する恋愛よりも後悔しない恋愛をしていればオーケーよ





以上
DJあおいでした







お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね









こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ





『私は、小さい頃から人とコミュニケーションをとるのが苦手です

なんですが特に
相手を目の前にすると
何を話していいか分からなくなってしまうこと、
その場のたわいもない会話しか出来ずその会話が終わると、沈黙してしまうことも多々あります
返答に困惑すると
とりあえず何か言わないとと思い
適当な返事になってしまったり
することもあります

原因は他にもあって目を見て話すことも苦手で、素直に自分を出せなかったり、緊張して気が張ってたりそれを、見せないように強がってたり•••

そして、後から独りになってやっと
他にも話すことがこんなにあったと思い付く始末です
会話のタイミングを考えると
今更、聞けないなとか言えないなってなってしまったりしてしまいます
慣れてない人や異性は特にそうです
 
後悔したくないのにそう反応してしまうのがいつも府がなくて
何かいい方法などないでしょうか?』






コミュニケーションが苦手な人にありがちなことなんですけどね

こういう人は仲の良い友達や家族には結構な毒舌をかましたりワガママを言いたい放題だったりする人に多いんですよ

それが現時点での素の自分なので
まだそんなに親しくない人や少し気になる人には素の自分を出せなくなってしまうわけですね

素の自分を出せなくなるわけですから
必然的に自分を偽ろうとしてしまうわけですけども

自分を偽るほど器用というわけでもなく
器用に自分を偽ろうとして不器用に自爆してしまうわけですね

これは偽る必要のない素の自分を作り上げることが大事になるわけですけども

現時点での素の自分を発揮できる相手との関係性を見直すことが重要事項なんですよ

毒舌やワガママを言える人との関係性になるわけですが
毒舌やワガママを言えるというのは少なからずその人に依存しているということでして

それを許してくれることに甘えず
ちゃんと感謝すること

感謝から自立心が芽生え
自立した自分としてその人と向き合い
会話を重ねることで偽る必要のない素の自分になっていくわけですね


偽る必要のない素の自分を持っている人が
何に怯えることもなく自然とコミュニケーションがとれるわけです

友達や両親にちゃんと感謝の気持ちがあり大事にしている人ほど
自然なコミュニケーションをとれる人なんですよ













以上
DJあおいでした








お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね






×