こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ





『あおいさん、初めまして
ブログいつも読ませて頂いてます!

相談があってメールさせていただきました。私には付き合ってもうすぐ9ヶ月の彼氏がいます。その人とは付き合ったり別れたりなど何度も繰り返して今に至る状況です。よりを戻した当初は今度こそ大事にしよう。と思うのですができずに、正直いまは好きかどうかもわかりません。なにより女々しいのが嫌で仕方ないです。ある程度ならいいのですが..でもいざ別れようと考えると躊躇してしまいます。別れたいような別れたくないような感じです。自分でもどうしたらいいのかわかりません。

わかりずらい文章で申し訳ないです。』









別れと復縁を繰り返すような恋愛はですね
気持ちのどこかで別れを軽く見ている節があるんですよ

別れたらもう二度と会わないくらいの覚悟があって
はじめて今の自分の気持ちが浮き彫りになるものなんです

終わりがあるから今が尊いものになるわけですね

その覚悟が欠如していると
今の自分の気持ちを見失い
『尊い今』が『当たり前の今』になってしまい
本当に好きなのかどうか気持ちに迷いが生じてしまうわけです

復縁に必用な覚悟とは
今度こそ大事にしようとする覚悟ではなく
今度こそこれで最後にしようという覚悟なんですよ


別れたら一生会わない覚悟が
一生を愛する覚悟に繋がるわけですね

同じ恋愛は二度しないのがいい女ってもんよ








以上
DJあおいでした







お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです

djaoi.otewohaishaku@gmail.com

お気軽にメールしてくださいね














こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ





『あおいさんへ

いつも夢中で記事を読ませて頂いています、ありがとうございます。

27歳一児の母です。
子供が生まれてから、セックスが明らかに減りました。旦那28歳。1人でしている様子はあります。
産後の体や、子供の存在に遠慮しているかとは思いますが、私は独身の頃のようにしたいです。
どのようにそんな雰囲気にもっていけばいいのでしょう。また、いつまでも抱きたい女でいるにはどうしたらよいでしょう。
新婚早々、肝に銘じておきたいので、宜しくお願いします。』






人というのは変わり続ける生き物でして
その大きなターニングポイントのひとつが出産だと思うんですよ

女は母に変わり男は父に変わる転機でして
また変わらなければならない一大イベントのひとつなんですよね

まだ子供がいなかった頃と同じように愛し愛されたいという願いは残念ながら願ってはいけないことなんです

お子さんが産まれて
お互いが新しい自分に変わったわけですから
今度は新しい自分同士でまた初めから恋愛を始めなければならないわけですね

お互いが変わる度に何回も何回もまた恋愛できるようなお互いに変わることが円満の秘訣だと思いますよ

同じ人に恋愛は一度きりではないんです
何回も何回も同じ人と恋愛を繰り返すんですよ


母になりたての妻として
父になりたての夫として
新しい二人の恋愛はまだ始まったばかりってことです

あの頃の続きではないってことさ







以上
DJあおいでした







お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね









こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ






『初めまして。あおいさんのお話、いつも読ませていただいております。

今、私は親しくなって4ヶ月程になる男性がいます。彼は結婚しており、お子様もいらっしゃいます。
私は世間一般に言う浮気相手です。
月並みなご相談になってしまうのですが、この関係いがなものでしょう。
もちろん正論としては、妻子持ちの方とそのような関係になることは決して褒められるものではないことは分かっています。
私自身、彼と今以上の関係を望むつもりもありません。遅かれ早かれいずれ終わりが来るであろうことも分かっています。
でもだからこそ、私は彼にとって憩いのような存在になれたらいいな、と思っています。彼の家庭のことはほとんど何も知りませんが、もし彼が仕事や家庭のことで不満があったとして、それを私がいることでうまくやっていけるのならいいな、と考えているのですが…
私が彼との関係をまだ今は続けていたいと思うが故の言い訳かもしれません。』








恋愛というものは弱さに流されると何でもアリになってしまうものでして
その最たるものが不倫なんですよね

好きなら何でもアリじゃないんですよ
好きだからこそしてはいけないことが沢山あるんです
だから恋愛にはそれを自制する強さが求められるんです
その強さが愛情というものなんですね


家庭を省みずに他所の女にうつつを抜かすような男を誰が愛せるでしょうか
不倫というものは自分でその人を愛するに値しない男に堕落させてしまうものなんです

だから本気になったら終わりにするのが二番目の女のルールなんですよ


『私は彼にとって憩いのような存在になれたらいいな、と思っています。彼の家庭のことはほとんど何も知りませんが、もし彼が仕事や家庭のことで不満があったとして、それを私がいることでうまくやっていけるのならいいな、と考えているのですが…』
とありますが
思い上がりもいいところです

仕事のことや家庭のこと
一緒に暮らしていれば不満はあるでしょう
でもそれを話し合い認め合いわかり合うのが愛情なんです

そこに二番目の女の入る隙間なんてありません

本気になったら終わりにする覚悟もなしに
人の男に手を出すな


一緒にいた証を残せないのが不倫なんですよ







以上
DJあおいでした






お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです

djaoi.otewohaishaku@gmail.com

お気軽にメールしてくださいね





×