こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ








『こんにちは。
いつもあおいさんのブログを読ませていただいています。

突然ですが相談があります。
最近気になる人ができたのですが、その人は私より仕事ができて明るくて人気者で、私とはまるで正反対の人です。
いつか気持ちを伝えたいと思うのですが、そういう人を好きになるのは無謀でしょうか?
自分と不釣り合いすぎて、そもそも告白もしない方が良いのではないかと考えてしまいます。
この気持ちは憧れなのでしょうか?
もっと自分と釣り合う人(言い方が悪くてすいません)を好きになった方がいいですか?

アドバイスよろしくお願いお願いします。』









image

DJあおい公式サイト『DJあおいの勘違いもほどほどに』世の勘違い女子に告ぐ!いい加減、幸せ掴もうぜ?







例えばですよ

それほど綺麗でもない
それほど可愛くもない
それほど教養があるわけでもない
それほどスタイルもよくない
それほど面白いわけでもない
それほど乳もない

我々シックスナインズが密室で松潤と二人きりになったとしましょう
恐らく脂汗たらたらで何を言っていいのかわからなくなり錯乱悶絶して目が合っただけで潮吹きながらぶっ倒れてしまうと思います
何故ならば自身の劣等感に押し潰されてしまうからですね

憧れの人というのは自身の劣等感の目で見ている人でして恋愛感情とは違う云わば『羨望』のようなものですね
ですので相対すれば劣等感に苛まれて自分自身が嫌になってしまいます
付き合うことが出来たとしても常に自分が嫌いになってしまいめんどくさい女になってしまうわけですね
遠くから見ているのが最も心地いい関係なんです

恋愛感情というのは一緒にいて心地いい人
その人と一緒にいると自分を好きになれる人に抱く感情なんですよ
何が幸せかといえば好きな自分でいられること以上に幸せなことはありませんからね

『その人が好きなのか』という問題よりも『その人を好きな自分を好きなのか』という問題の方が重要視すべきことなんです

恋愛感情と憧れを混同すると地獄を見ますよ
お気をつけて










以上
DJあおいでした









お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね








image

DJあおい著『じゃあ言うけど、それくらいの男の気持ちがわからないようでは一生幸せにはなれないってことよ。』5万部突破発売中!

Kindle版はこちら!




image

タウンワークマガジンさんで『DJあおいの働く人を応援します!』連載中です!見てねー!



image

TOKYO CAWAII MEDIAさんで『DJあおいの発酵女子カルテ』連載中です!見てねー!




image

ワニブックスさんで『DJあおいのシネマカフェ』連載中です!見てねー!








クリックにご協力お願いします


















こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ








『あおいさんこんばんは
私は受験生です。
今、親との関係と受験のことで悩んでいて自分では解決できないのであおいさんの意見を聞かせてください

最近うまく言えないけど勉強したら負けな気がしてしまいます
親との会話は大学のことしかしていなくて、私の悩みだとかネガティヴな話は聞いてくれなし
私は親にもこの苦しみを分かって欲しいんだなーって
私は追い込まれてるんだって窮地に立ってるんだってことちゃんと知って欲しかったのだと思います
一緒に苦しんでほしかったんだなって
だから勉強して成績あげていい大学入ったら親が喜ぶから
それはそれで私は嬉しいけど
自分だけこんな辛い思いしてって思ってるんだと思うんです
親にこの苦しみを分かってほしくて向き合って欲しかったんだと思うのです

どん底にいって興味持って欲しかったのだと思います
うまく言えないけどガキです。

なんか自分がダメになっていくことでどこか親に復讐しているとこがあったと思うんです

特にやりたいこともないし勉強が自分のためじゃなくて親のためになっているのだと思います

勉強は自分のためにするものだし知ってるけどそう考えちゃってました
これは世で言う反抗期なのでしょうか​

あおいさんこの幼稚な考え方どうやって変えればいいと思いますか?』









image

DJあおい公式サイト『DJあおいの勘違いもほどほどに』世の勘違い女子に告ぐ!いい加減、幸せ掴もうぜ?








うだうだと屁理屈をこねているけど要するに『勉強やりたくなーい!!』ってことですね
それを親のせいにしているだけ
『わたしが勉強をやりたくないのは親のせいなのよー!!』と甘ったれているだけです

高校というのはある程度の規則があって
義務教育ではないにしろ
やるべきことはほぼ義務化されているんですよね
それを先生や親が世話を妬いてオシリを叩いたりしてくれるわけです
それが窮屈で鬱陶しく感じたりするわけなんですが

大学になるとその不自由な枠がなくなるんですよね
とりたい授業だけとっていればいいわけですし
行くも行かないも自由だし
あまりにも壮大な自由の中で何をしたらいいのかわからなくなってしまうんですよ

今までやるべきことは明確に整えられた環境にいたわけですから
やるべきことに迷うことはなかったのですけども
今度はそれを自分で整えていかなければならないのが大学なんですよ
誰も世話を妬いてくれないわけですから誰のせいにも出来ないんです

今まで世話を妬いてくれた人の役割を自分自身に課せなければならないわけですね

それができないと自由の中でただ迷子になってしまうだけなんですよね
やりたいことも見つからず
やるべきことも片付けられず
自由と対価で得た自己責任を負わされてただ劣化していくだけになってしまうんです

不自由で窮屈だと思っている今の環境は
実はとても恵まれている環境だということをお忘れなく
その恵まれた環境にさえ順応できない程度のお子さまでは大学のような『過酷な自由』には対応できませんね

勉強したら負けだと思うのなら勉強しなきゃいいです
そうやってずっと負けた自分を誰かのせいにして生き続けてください









以上
DJあおいでした









お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね








image

DJあおい著『じゃあ言うけど、それくらいの男の気持ちがわからないようでは一生幸せにはなれないってことよ。』5万部突破発売中!

Kindle版はこちら!




image

タウンワークマガジンさんで『DJあおいの働く人を応援します!』連載中です!見てねー!



image

TOKYO CAWAII MEDIAさんで『DJあおいの発酵女子カルテ』連載中です!見てねー!




image

ワニブックスさんで『DJあおいのシネマカフェ』連載中です!見てねー!








クリックにご協力お願いします


















こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ










『初めまして
いつもブログ楽しく読ませてもらってます(^O^)

相談です。
私は今大学1年生で、彼氏は浪人生です。
彼氏とは2年以上付き合っています。受験期も乗り越えてきました。
しかし最近、彼氏のことが好きなのかわかりません。
大学生と浪人生ということもあり、全然会えなかったり、LINEがほぼ「おはよう」と「おやすみ」だけになってしまいますが、それは受験期とあまり変わりません。
ですが、彼氏が「好き」「会いたい」と言ってきても、同じ言葉を返せず、困ってしまいます。キュンキュンもしません。
以前は純粋に嬉しく思い、「私も好き」「会いたい」と返していました。

今も、会って話すと楽しいですし、別れたいとは思いません。
また、新しい環境で他に良い人を見つけたわけでもありません。

ですが、ずっともやもやしています。この気持ちの変化は何なのでしょうか(´・_・`)

話長くなってすみません、回答していただけたら嬉しいです。』









image

DJあおい公式サイト『DJあおいの勘違いもほどほどに』世の勘違い女子に告ぐ!いい加減、幸せ掴もうぜ?








取っ替え引っ替え恋人が途切れないような人や本気という名の浮気を繰り返す節操のないヘソの下を持っているような人のお決まりの別れの台詞が『もうトキめかない』という台詞なんですよね

元々恋愛初期の高揚感というものは長くて4年程度、短ければ3ヶ月程度しか続かない期間限定のものなんです
人間はそういう風に出来ているんです
どんなにイケメンで優しくて毎晩毎晩激オコびんびん丸な恋人だとしても
高揚感だけを求めた恋愛ならばその恋愛はいずれ終わってしまうということです

そこを目的地に定めた時点でその恋愛は終わって当然の恋愛になってしまうということですね

刺激を得る恋愛なんて実は最も簡単な恋愛でして
飽きたら棄てれば別れも刺激になりますし
その人に恋人がいようが既婚者だろうが略奪してしまえばそれも刺激になりますし
無法になればなるほど際限なく刺激が得られるわけです

ですが安心を得るためには信用が必要なものでして
そのためには信用に値する人間性が必要ですし
自制心や理性等が求められるものなんです
それをお互いが有してこそお互いが造り上げた安心を共有できるわけですね
その共有できる安心を二人で創造していくことが愛情であり
その愛情の象徴である安心こそが本当に欲しいものなんです

刺激を求めるのは一瞬の欲望です
安心を求めるのは一生の愛情です

安心を得るに値しない人間性の人ほど刺激を求める傾向にあります
恋人に飽きたらまず自分の人間性を疑った方がいいですよ










以上
DJあおいでした









お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね








image

DJあおい著『じゃあ言うけど、それくらいの男の気持ちがわからないようでは一生幸せにはなれないってことよ。』5万部突破発売中!

Kindle版はこちら!




image

タウンワークマガジンさんで『DJあおいの働く人を応援します!』連載中です!見てねー!



image

TOKYO CAWAII MEDIAさんで『DJあおいの発酵女子カルテ』連載中です!見てねー!




image

ワニブックスさんで『DJあおいのシネマカフェ』連載中です!見てねー!








クリックにご協力お願いします










×