こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ










『こんにちは。
いつも勉強させていただいております。ありがとうございます!

私は男なんですが、メールや電話を頻繁に女の子にすることを女々しいというか、カッコ悪いことだと思っています。

でも巷では、「マメな男性」や「押しの強い男性」がモテるという話をよく聞くのですが、私からすると「マメ」と「押しが強い」と「しつこい」の境界線が分からず、メールしたいなと思う時も戸惑ってしまいます。
最近も出逢ったばかりの女性に、メールをする期間を空けすぎて疎遠な感じになってしまいました。

ありのままが一番いいと思いますし、受け取り方も相手と自分の関係次第だとは思うのですが、なにか明確な区別や、「しつこい」と言われない方法があるのであれば教えていただきたいです。
くだらないですが、私の中では割と深刻な悩みなのでよろしくお願いします!』











マメな男性というのはこちらの都合に合わせてくれるものでして
自分が忙しいときでも時間を捻出してくれたりして
それが例え僅かな時間でも女性のために自分の貴重な時間を割いてくれる人なんですよね

その献身的なところに男性の『マメさ』が伺えるものなんです

一方『しつこい男』というのはこちらの都合なんて知ったこっちゃなくて
自分の都合のみで女性に時間を割かせようとする人なんですよね

暇に任せて怒涛のメール攻撃をするような感じですから
その自分勝手なところに男の『しつこさ』が伺えるものだったりします

暇な男ほどしつこくて
多忙な男性ほどマメだということですね


あともうひとつの課題
『押しの強い男』なんですが

女性には『イエス』を『ノー』と言ってしまうめんどくさいところがありまして

それを『押しに負けた』という『言い訳』を与えてあげる押しのできる男性を押しの強い男と言うんですね

それを察知できずにただ我を押し付ける男はただの無粋な男と言います

お気をつけて












以上
DJあおいでした











お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね




















こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ










『あおいさんこんちにちは!
いつもブログ、Twitter
拝見して勉強してます!

最近新しいバイトを始めました。仕事の量が多く、求められることのレベルが高くて、必死にがんばっているところです。周りの人々もとてもいい人ばかりなんですが、ただ1人だけ私に対して当たりが強い方がいます。店長さんや他のスタッフさんがよく声をかけ面倒をみてくださるので、それが目障りなのかもしれません。2人だけになった瞬間に見た目のことや、仕事のことで嫌味を言われます。せっかく新しいことを始めてやる気を起こしていましたが、その人と一緒の日はバイトに行くのが嫌でたまらないです。そのような人にはどのような対応をすれば、これ以上攻撃されずに済みますか?

これからもブログ楽しみにしてます!よろしければ回答お願いします!』











自分にとって嫌な人というのは環境を問わず一定数必ずいるものです

その人を排除してもまた新しい嫌な人が
その新しい嫌な人を排除してもまたまた新しい嫌な人が出てくるものでして
どこまでいってもイタチゴッコなんですね

それは自分が自分である限り逃れられないものでして
どんな人でも一定数の人には嫌われるように出来ているものなんですよ

嫌われることを許さない人というのは
嫌われたら嫌い返すものなんですが

これは『嫌いという感情の両想い』なんですよね
嫌い同士で心が通じ合っちゃっているわけです


『好きです付き合ってください』と言われても
その人に関心を持てなければお断りしますよね

嫌いという感情もまさしくそれでして
嫌われたからといって嫌い返すことはしなくていいんですよ

その人に関心を持てなければ『ごめんなさいお付き合いできません』という態度で接していればいいんです
ずっと片想いさせてあげていればいいんですよ

そのうち寂しくて違う誰かに想いを寄せるはずですからね

好きな人に相手にされない人よりも
嫌いな人にさえ相手にされない人の方が不憫なものです

嫌味のひとつやふたつで
自分の人生は何も変わりませんよ















以上
DJあおいでした












お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね


















こんにちはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ










『あおいさん。いつもブログ見させてもらってます^_^
見ているだけだったのですがあおいさんの言葉が欲しくてメールを送らせてもらいました。

まとめるのが下手ですが読んでくださると幸いです。

私には一年半年お付き合いしている彼がいるのですが
彼は二人でデートしている時でも食事をしている時でもちょっと可愛い子がいると周りばかり気にしてチラチラそちらばかり気にしたりします。
それで会話もままにならないこともたくさんあります。

自分を好きでいてくれてるとはわかってるのですが
気にしないようにしても彼は相当可愛くない女の人じゃなかったらすごく意識します。

おかげで私が話してるのも耳にさえ入らないこともあって(普段からそうなんですが)それが尚更悲しくて、心が狭いことに腹立たしくてたまらないです。

男だから仕方ないと彼に言われます。
男の人はこれが当然なのですか?
こんなことでさえ気にしてしまう自分が嫌です。
もっと魅力があったら、と思ってしまいます。』











道行く女性をチラチラと見るのは
男性からしたら幸せの証なんですよ

自分の恋人とうまくいっているときによく見られる現象でして
要するにこれは今の関係に満足している証拠なんですよ

それは浮気心というよりただの『観賞』ですので
それをどうにかしようとは思っていない場合が多いです

本当に浮気心がある人はそれを悟らせないために必死になりますので
注意深くこちらを観察するようになります
なので『他の女には目もくれないフリ』をしたり
気持ち悪いくらいに優しくなったりするわけです


まぁ『男だからしょうがない』というのは真実なんですけどね
それは男性が言う台詞ではなく
女性が言うべき台詞なんですよ

男が道行く女性をチラチラと見たら
一緒になってその女性を観察して褒め
その女性が着ているような服でも買って貰うのが
誰も傷付かずに自分が得する賢いやり方なのかもしれませんね













以上
DJあおいでした










お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね








×