こんにちはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ










『夜分遅くにすみません。いつもブログを拝見しています。今日は、ぜひ質問させてもらいたいと思います。

私は22歳女子大生です。友達もそれなりにいて人間関係には特に問題はありませんが、私には愛嬌が全然ありません。昔から冷めている性格で、人見知りなこともあり、愛想がなく、周りから近寄りがたいと思われているので自分でも損していると思います。

来年から社会人になる上でも、同性からも異性からも好かれるために愛嬌は特に大切だと思うのですが、人が何かをしていても冷めて見てしまうこの性格でどうしていったらいいかわかりません。
愛嬌、愛想はどうやったら身につくと思われますか?

教えていただけたらとても嬉しいです。寒くなってきましたがお体に気をつけてくださいね。』











『愛嬌』とはその人に元々備わっているもの
誰にでもある『天然』な部分ですね

自分では治すべき『汚点』と感じているものだったりしますが他人から見たら『愛すべき点』だったりします

『愛想』とは自分を取り繕うこと
『愛想笑い』という言葉に代表されるように
自分の本心とは裏腹にその場凌ぎのために自分を取り繕う『技術』だったりしますね

これが行き過ぎると『媚び』と感じさせるものになったりしますので乱用は避けた方が利口です

あまり関係ありませんが
『愛嬌』を演じて『愛想』をふりまくのが
俗に言う『天然を装った養殖』ということだったりするんですよ





ちなみに天然を装って男に媚びている友人を見付けたときの図がこちら

image


話が脱線しました
元に戻しましょう




社会で生きていくためには最低限の『愛想』は必要なんですけどね
自分の得のために愛想を使うとそれは『媚び』になってしまいます

『愛想』は自分が損しない程度に上手に使っていくだけでいいと思いますよ

あくまでも人から愛される点は『愛想』ではなく『愛嬌』

それは自分が元々もっているものですので
違うどこかから拝借してくるものでもありませんし
出そうと思って出るものでもありません

『愛嬌』とは自分らしさの中にあるものですから
自分らしく生きていればイヤでも出てしまうものなんですよ

他人から好かれよう好かれようとすると自分らしさから遠ざかってしまうものです

『他人からどう思われているのか』より『その自分は好きか嫌いか』を指標にしてあらゆる選択肢を乗り越えてください

それが『自分らしさ』にたどり着く一番の近道ですよ













以上
DJあおいでした











お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね




















こんにちはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ










『こんばんわ☆
相談があります


経験人数が大事と思っている男の人の心理がわかりません。

自分の元カレもそうでした。
経験人数が少ないから損をしている、死ぬまでにもっと遊びたいと言われ振られたことあります。
周りに流されている部分もあると思うのですが

自分はその人の何だったんだろう
原因は自分にあるのかなってネガティブになってしまいます

そんなに経験人数は大事なのですか?』











恋愛と仕事って似ていると思うんですよね

たくさんの職歴を重ねる人より
ひとつの仕事を極めた人の方が『仕事』というものの本質をよく理解しています

履歴書に書ききれないくらいに職歴だけを重ねた人ほど『仕事』というものをナメていたりするんですよ

前者は豊かになりますが後者はいつまでも貧しいだけです


恋愛において経験人数をステイタスだと思っている男ほど恋愛観が貧相だということですね

それはいつまでも定職に就かずにプラプラしているフリーターと同じ

自分が本気になれる仕事も見付からず
誰でも出来るアルバイトで『とりあえず』食い繋ぐだけの毎日

イヤになったら辞めイヤになったら辞めの繰り返しで重ねた職歴の
いったいどこにステイタスを感じるのでしょうか

経験人数を誇らしげに言うということは
『私は欠陥品ですよ』という自己紹介みたいなものですね

それは誇るものではなく恥じるべきもの

恋愛は遊びではなく仕事に近いものだと思いますよ











以上
DJあおいでした












お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね

















こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ










『こんばんは、いつも更新たのしみにしています。

悩みではないのですが、歳をますごとに涙もろくなります。
最近では友人の結婚式はもちろんテレビや動画などの会ったことのない人の結婚式やサプライズを見てないてしまいます。
こんな私は心が病んでいるのでしょうか。』











人間にとって最も有効なストレス解消法とは『泣くこと』なんですよ

泣くことは自分の感情を解放する手段のひとつで癒しの効果もあるものなんです

その効果は一晩ぐっすり睡眠をとれたときの効果に匹敵するほどのものなんですよ

人が泣いて生まれてきたように
泣くことで生まれ変わったようにスッキリとした気分になれるわけです

泣ける人ほど心身共に健康なんですよ


『病んでいる』というのはどちらかと言えば泣けない方です

辛いことや悲しいこと
泣きたくなるような感情を感じないように感じないように我が身を守ってきた結果が泣けない自分を作ってしまうわけです

泣けないということはストレスが蓄積されるということ
泣けない人ほど常に悶々としたものを腹に抱えているものです

それが嬉しいことでも悲しいことでも
泣けるのはいつか傷ついた傷跡に沁みているからなんですよ

人は傷ついた数だけ優しくなれる生き物ですからね

笑顔は外見をキレイにしてくれるもの
涙は内面をキレイにしてくれるもの

いっぱい泣いて
いっぱい笑ってください















以上
DJあおいでした












お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね






×