こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ





『あおいさんこんばんは
いつもブログ読ませて頂いてます!
毎回助けられています。

私は今2年付き合ってる彼氏がいます。
好きだからこそ、相手の嫌いな部分、苦手とすることを認め合うものだと思うのですが
彼はそれは甘えで、直せるものなら直せるに越したことはないと言います。
ですが褒められる事も少なく、直せと言われると正直自信が無くなるし、完璧な女性と付き合えば⁈とも思ってしまいます。
ありのままの自分を好きと言ってくれる男性になってほしいという考えは甘えなのでしょうか。
だとしたら、全て完璧になるまで努力するしかないのでしょうか。
教えてください(>_<)
これからもお身体に気をつけて頑張ってください!応援しています。』






その人の至らないところ
不完全なところというものは
直すことを強要されたくらいで直そうとは思わないものなんですよね

人はそんな簡単に変えられるものじゃないんです

人が心から変わりたいと思うときは
それを許されたときなんですよ


自分の不完全なところをそれでも愛してくれるということは
その人が好きなほどその愛情が痛く痛く感じるものでして

そこで初めて心から変わりたいと思い
誰に強要されるわけでもなく自発的に変化していくものなんですよ

許し合い認め合うことができて
初めてお互いに変化していくものなんです

惚れた女を愛することもしないで

それを強要するだけで直ると思っているなんて

甘えてるのはどちらなんですかね?


許される愛情に変化する愛情で応えるのが恋愛なんですよ






以上
DJあおいでした







お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね














こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ





『あおい様

初めまして。いつもあおいさんのブログで
楽しく恋愛の勉強をさせてもらっています。

私は都内某所にある大学に通っている男子学生です。

今日は恋人を選ぶ”基準”についてご相談したいことがあり
メールいたしました。


さっそく相談の内容です。

A.もの凄く好きなんだけれども、常に振り回されてる女の子
B. 熱烈ではないけれど好きだと言え、常に安心感を与えてくれる女の子

もしもこのA,Bのような女の子がいて
付き合うことを考えた場合、あおいさんだったら
どちらの女の子と付き合った方がいいとアドバイスされますか?

もちろんこれには、私自身が「何を幸せに感じか?」によって
大きく変わってくると思うんです。

私は俗言う「おっかけタイプ」であり
ちょっとぐらい振り回せている方が恋をしているという実感を得やすいタイプです。

だからどうしてもAのような人と付き合ってる方が恋の実感を得やすく
その子と一緒にいる時間をどうしても作りたくなり
その結果、私生活に支障を来してしまう…といったことになってしまいます。

逆に、Bのようなタイプの場合の子と付き合うと
毎日がとても安定し、色々な部分で余裕が生まれ
恋人がサポートをしてくれる分、特に恋愛面以外で成果や充実感で出てきます。
でもその分、恋愛以外にのめり込んでしまうことも多く
恋人に寂しいを思いをさせてしまうこともただあるんです。
そして最悪の結末として別れにいたってしまう。

結局どちらも、私の心の弱さが露呈しているのであり
その部分を修正しない限りいい恋愛はできないと思うのですが
もしもこのような状況であおいさんがアドバイスをされるとしたら
どのようなアドバイスをされるでしょうか。

どうかお返事をよろしくお願いいたします。』






結論から言いますと

どちらか迷う程度の選択なら
どちらも選ばないのが正解です


私生活に支障を来してしまうような恋愛の多くは
感情が大きいわけではなく
理性が未成熟だからなんですよ

感情を自制する理性が成熟していないため
コントロールできない感情を大きな愛情だと錯覚してしまうわけですね

その理性の未熟さを補うためにそこそこ好きという程度の人とお付き合いしたとしても

安心は得られても感情は満たされません

こういう選択で恋愛をしてもですね
元々理性が未成熟故の妥協のような恋愛ですから
刺激を求めて浮気願望が膨らんでしまうわけですね


恋愛云々の前に人として成熟する方が優先だと思いますよ
付き合う女でコロコロ人格が変わるような男に中身があるとは思えません

その男としての中身は女に埋めてもらうものではなく
艱難辛苦を経験して自身で埋めていくものだと思いますよ


そもそも選択肢がある時点でそれは恋愛ではありません
恋愛とは他に選べないくらいに特別なものですからね







以上
DJあおいでした







お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね















こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ





『こんばんは。
いつも読ませていただいてます。
私の相談にも一言助言をいただきたくメールしました。

4月から一緒に仕事をしている新入社員のことです。
彼女は、メモをとらない、質問をしない、笑顔がない、声が小さい、、、意欲が感じられません。
新人で仕事ができないことは重々承知しています
だからこそ意欲的に動いてほしいです。
この2ヶ月一緒に働く仲間としてたくさんのことを教えてきたつもりですが、彼女の姿を見ているとたくさんのことを学んでほしいというこちらの気持ちまでどんどん薄れてしまいます。
私の指導力不足なのでしょうか?
ここまで意欲が感じられない新入社員は初めてなのでどうしていいか分かりません。
アドバイスをください!
どうかお願いします!!』






意欲が感じられないからといって
意欲を出すことを強要するような指導をすると
声が小さくなり、笑顔もなくなり、質問さえも出来ない状況に追い込まれてしまうんですよね

新入社員さんというのはいつも『自分はこの会社に必要な人材なんだろうか』という不安を抱えているものでして
自分自身の存在意義をそこに見出せずにいるわけです

意欲云々よりまずはその不安を取り除いてあげること
『あなたは必要な人間なんですよ』という安心を与えてあげることが大事だと思いますよ

人から必要とされるほど人間というのは意欲が湧いてくるものですからね

新入社員さんというのは上司や先輩の言うことは聞いていない生き物なんです
その代わりに上司や先輩のやることはよく見ている生き物なんですよ

言うことを聞くのは苦手だけど
その人の仕事の真似をするのは天才的に上手なんですよ


意欲を出せと強要するような指導をしても
意欲を出せと新入社員に強要するような先輩になるだけなんです

社会の厳しさだけを伝えるような仕事ではなく
社会は厳しくて辛くて
それら全てが楽しいものなんだということを伝えられる仕事をしてくださいね






以上
DJあおいでした








お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね







×