あなたはいつも

黙って私を抱きしめてくれるだけだけど

そのぬくもりが優しくて

その優しさが愛しくて

もうこのまま時間が止まればいいのに

大好きだよ

おふとん







一番悲しいのは別れてしまうこと

一番寂しいのは会えないこと

一番楽しいのは共に過ごすこと

一番幸せなのは出会えたこと

出会いと別れを繰り返し

やっとあなたの大切さに気付きました

もう離さないよ

福沢諭吉






ポエムというのは好き嫌いが激しいものだと思うんですけども
ポエム嫌いな人も
だいたいの恋愛系ポエムというのは
おふとん宛か福沢諭吉宛だと解釈すると
ものっスゴいしっくりきますよ


以上
DJあおいでした


長く付き合っていれば

乗り越えるべきトラブルはたくさんありますけども

許して乗り越えれば

愛情は深まり

諦めて乗り越えれば

愛情は薄くなっていくんですね

許すということは

話し合い 認め合い わかり合い 許すこと

諦めるということは

それらを放棄して

自分が我慢すればいいと思うこと





これもTwitterからのお引っ越しシリーズなんですけどね
一番簡単なのは自分さえ我慢すればいいと自分を抑制しちゃうことなんですよね

これを続けていると最後には愛情がなくなりどうでもよくなっちゃうんです

話し合ったりすることは結構な労力が必要になるわけですけども

付き合うということは
病めるときも健やかなるときも
愛し合うということを
話し合い続ける

ということですからね









以上
DJあおいでした


『あいつまじしんでほしい!』

と陰口を叩いて

数時間後にその人が事故でお亡くなりになったら

いくら嫌いな人でも凄い罪悪感に苛まれると思うんだ

だから陰口は

『あいつまじラブホテルのエレベーターで両親と鉢合わせになってほしい!』

みたいな命に別状のないレベルに抑えとくべきだと思うんだ





はい
これもTwitterで反響が大きかった呟きなんですけどね
ブログにお引っ越しです

命に別状のない程度の陰口は他にも

・全裸でイカの天ぷら揚げてほしい

・自転車のサドルからじわじわ雨水が染みてきてほしい

・ストッキングをがに股グイッ!と履いてるところを好きな人に見られてほしい

・極度な人見知りの人と丸一日ふたりっきりで過ごしてほしい

・コンビニのレジ待ちで前の人に中華まんを大量に頼まれてほしい

・銀紙噛んでほしい




等々
フォロワーさんからの声がありました

全然関係ないんですけど
人の陰口って自分の姿が見える鏡がある場所ではなかなか言えなくなるものらしいですよ
人の陰口を言っているときって自分から目を逸らしているときなんでしょうね

以上
『しぬ』という字がどうしても漢字で打ち込むことができないビビりなDJあおいでした