こんにちはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ










『DJあおいさん、毎日ブログチェックしてます。
いつも、あおいさんの視点に刺激を頂いてます!


今回のご相談ですが、
私は今年28際で、OLをしています。

社会人歴も長くなり、すっかり仕事にも慣れ、
入社してから、寝れないくらい忙しい日々に追われるということも無くなりました。
もう年齢的にも、周りも落ち着きはじめており、
彼氏ができ、結婚し、子供を産みという年齢にもなってきました。

それを「落ち着き」とか、「次のフェーズ」というべきなのかわかりませんが、
私も周りを見ていて、そろそろ・・・と思ってますし、
そうでありたいなとも思っ てます。

ただ、自分の理想が高いのか。
いい出会いの機会を逃しているのか、
恋愛も進まず。仕事も昔の様にバリバリ働いて充実!
という状況でもありません。
今は完全に、働くために生きるのではなく、
生きるために働いているような状況です。


性格的に白黒つけたがる性格ではあるので、
自分は、仕事か、恋愛か。を選ばなくてはいけないなとも思ってます。
両立ができれば一番だとは思うのですが、
仕事がうまくいけば恋愛もうまくいくというのはよく聞きますが、
どうしても、不器用なのか、50%ずつがうまくいかない職業柄、
どちらに重点をおくべきか悩んでいます。
< div>

なんだかハキのない悩みですみません。
なにが自分の根本の悩みなのかがぶれてしまうくらい、
最近自分が情けなく、中途半端な人間になっており、
どうにかしたいです。

こんな悩みですが、是非ともアドバイス頂ければ幸いです。
宜しくお願い致します。』















仕事と恋愛は天秤に掛けるものではなく共存すべきものですからね
分けて考えること自体が双方のパフォーマンスを落としてしまうことになるんですよ

仕事と恋愛を器用に50%ずつやろうとすると
どちらも50%程度の中途半端な結果になってしまうんです

二つ合わせて100%になるわけではなく
二つ合わせても50%は50%にしかならないのが仕事と恋愛の関係性なんですね

ですから仕事で100%のパフォーマンスができる人ほど恋愛もバイタリティが溢れていたりするんですよ

年齢的に焦る気持ちもわかるんですが
恋愛というものは探して見付かるものじゃないんですよね

好きになれる人を選んで見付けた恋愛というものは
いわば『条件付き』の恋愛になってしまうものでして
その条件はいずれ『別れの理由』になってしまう条件なんです

好きになれる人を探す前に
好きな自分に成ることが大事なことなんですよ

好きな自分になれたときに
他に選ぶことのできない『無条件』な恋愛との巡り合わせがあるものなんです


ですのでそれまでは好きな自分になれるような仕事をすることが大事なんじゃないかなと思います

結局それが一番の近道になるんですよね

自分の好きな道に自分の好きな人との出逢いはあるものですからね














以上
DJあおいでした

お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね


















こんにちはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ










『あおいさん、初めまして。

22歳の代の、社会人2年目です。
わたしは自分のことがすごく
嫌いです。
自分が自分でいることが、
たまにすごく嫌になります。

普段、周りからは
いつもニコニコしていていいね
考えがしっかりしているね
年の割に落ち着いているね
と、言われるのですが、
それはそれでとても嬉しく思い、
それとは逆に、
悩みがなさそうでいいね
人生気楽そうだよね
ひとりでも生きていけそうだね
根性あってこころが強いね
と、言われるととても腹が立ち
苦しくわたしの何がわかるのかと
壁を作ってしまいます。

変に真面目すぎて変に頑固で
弱いのを隠すために、あえて
能天気を演じてしまいます。

ひとりになると考えごとを
ひたすらしてしまい、
毎日ひとりで泣いて悩んで、
また、みんなの前では何も
ないように振舞ってしまいます。

自分が何かをしていないと
自分がいなくなってしまうような
気がしてしまい、自分が居る
意味がわからなくなってしまい
毎日朝から夜までたいした
休みもなく働いています。
仕事が終わったら遊んだり、
常にひとりを避けてしまいます。

人の裏の顔も見てしまうので
人をうまく信用もできないのに
妙に依存してしまったり、
誰かにわたしのことをわかって
欲しいと思ってしまったり、
褒めて欲しいと思ってしまったり、
自分がここに存在しているのを
認識していてほしいと思ってしまい
自分でも自分がわかりません。

自分の考えが甘えているのが
わかるので余計自分を嫌いになり
子供だなぁと思います。
誰かに認めてもらいたくて
必要とされたくて、そういう人が
居ない自分に焦っています。
どこに心を許し誰に頼ればいいのか
わからず、ひとりでふらついていて
どこに吐き出したらいいのかも
わかりません。

いつも明るくて悩みのなさそうな
自分でいたいのに、たまに心が
ついていかずに永久にその
スパイラルから抜け出せません。

喝を入れてほしいです。』













『どんなときでも笑顔でいれば幸せになれる』というのは嘘です

そんなことしても自分がイヤになるだけなんですよ


辛いのに辛くないフリをするために笑ってみる
それは自分の気持ちに嘘をつくということでして

人は自分に嘘をつく度に自分が嫌いになっていくんです

これは自分嫌いな人が陥りやすい悪癖なんですよ

悩みもなくいつも笑顔でひとりでも生きていける自分を装い
他人に迷惑を掛けない存在を演じているわけなんですけども

他人に迷惑を掛けない存在なんて
人から存在を忘れられるような存在でしかないんですよね

人から嫌われないために
嫌いな自分に成り下がり
そんな自分にまた嫌気がさしてくる

自分嫌いな人が抜けられない悪循環

人から嫌われないために嫌いな自分になるな
人から嫌われてもいいから好きな自分に成れ













以上
DJあおいでした











お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね

















こんにちはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ










『あおいさん
はじめまして
いつもたくさんのことを勉強させていただいています。
自分をせめてしまいつらくてどうしようもないのであおいさんにお話させてください。

悩んだことがあるときや、失敗して落ち込んだときに、私の母や彼などの本当に愛してほしい人からかけられる言葉が、なんでそんなこともできないんだ。そんなこと自分で解決しろ。という冷たい言葉ばかりでつらくなってしまいました。

甘えすぎてしまう性格のせいなのでしょうが、
大丈夫だよという優しい言葉や、落ち着いてかんがえられるように安心させてほしいと思ってしまうのは間違いなのでしょうか。
大人になったのに甘えていますか?

みてくださってありがとうございます。』













その人に辛いことがあったとき
厳しく突き放すことで『自立』を促せば
その人は自立するわけではなく
他人が辛い思いをしているときに
ただ突き放すだけの人になってしまうだけなんですよね

その人に辛いことがあったとき
優しく傍にいてあげることで
その人は誰かが傷付いているときに
優しく傍にいてあげることのできる人になるわけです

人は人の痛みを思いやることができたときに
人として強くなることができ
その繰り返しの中で『自立』していくものなんですよ

辛いことがあったときにひとりやせ我慢することが『自立』ではないんです

辛いことがあったら甘えればいいんです
迷惑かけたっていいんです

その代わり
その人が傷付いたときは
惜しみなく甘えさせてあげること
惜しみなく迷惑をかけさせてあげること

そういう支え合いの中で人は『自立』していくものなんですね


助けを求めることもできなくなってしまったら
誰かを助けることもできなくなってしまうんですよ

辛いなら辛いと叫んでください
叫び続けてください

支え合いのない『自立』なんてただの『孤独』ですからね













以上
DJあおいでした












お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね