Twitterやメルマガでたくさんのお悩みに触れさせて頂いているんですけども
ひとつ気になる傾向があるんですよね

それは

恋愛相談をした異性に恋愛感情を抱いてしまう
という傾向なんです
このケースが非常に多いんですよ

これはですね
男女問わずに多い傾向にあるんですが
とくに感受性の強い女性に多くみられる傾向だと思われます

ではこのカラクリを少し紐解いてみましょう

まず女性から男性に恋愛相談を持ち掛けたとします
この時点ではまだ友達としての関係ですよね

友情というのは同質なものに惹かれるものであって
恋愛感情というのは異質なものに惹かれるものであるので
この時点ではまだ異性としての異質なものに惹かれてるわけではなく
同質なものに惹かれるただの友達なわけです

要するにまだ男として見ちゃいないわけですね
それは相手にとっても同じことで
女としては見てくれてはいないということなんです
そうじゃなければ男女間の友情は成り立たないですからね

それが恋愛相談をすることで
自分の女としての部分を見せなきゃならないわけです

恋愛というのは女の女としての部分と男の男としての部分が惹かれ合うものですから

恋愛相談をするには自分の女としての部分を晒さなきゃならないわけですね

またその相談を受けた男性は自分の男としての部分で答えなきゃならないわけです

今まで同質なものに惹かれ合っていた関係が
お互いの異質な部分でコミュニケーションを取らなきゃならないわけですね

その相談に親身になればなるほど
女としての部分と男としての部分が露呈されて
お互いを異性として意識するようになってしまうわけです

恋愛相談はお互いの異性としての部分を引き出すコミュニケーション
になるわけですね

これが『異性に恋愛相談をするとその人に恋愛感情を抱いてしまうカラクリ』なんですよ



これを応用してですね
少し気になる人に
その人が好きだということを伏せて恋愛相談を持ち掛け
自分を異性として意識させるという
少しズル賢い手段がありまして

まぁやり手な人がよく使う手段でもあるんですけどね

あまり計算高い駆け引きは裏目に出ると自己嫌悪の元になるのでオススメはできないですよ


以上
DJあおいでした








勇気のある選択は

必ず自分にとって必要なものが手に入るはずなんです

それが自分の欲しかったものとは限りませんけど

それは自分の欲しかったものより大事なものだったりします

迷ったら勇気が必要な方へ







勇気が必要な方を選択する生き方は

後悔しないための生き方なのさ

成功するとは限らないけど

決して後悔はしない生き方なのさ

成功することよりも後悔をしないこと

それが充実した毎日に繋がるんですよ

迷ったら勇気が必要な方へ






こんにちはDJあおいです

この『迷ったら勇気が必要な方へ』はTwitterで何度も何度も呟いたやつですね
せっかくなのでまとめてみました

迷えば迷うほど結局は『やっぱりやめておこう、、、』とやらないことを選択しがちになってしまうのが人間の性でして

迷えば迷うほど向上するよりも現状維持を選んでしまうんですよね

これは向上することによる変化への恐怖心なんですけど
人間は変化する生き物でありながら変化を恐れる生き物でもありまして
迷いが生じると変化しないことを選択しがちになってしまうわけです

でも人生って下りのエスカレーターを上っているようなものですから
現状維持を選択して立ち止まってしまうとどんどん下っていってしまうんですよ
勇気を出してその一歩を踏み出せないと現状維持もままならないんです

迷ったら勇気が必要な方へ
その選択の繰り返しの中に充実が詰まっているものだと思います