こんばんはDJあおいです

Twitterでこんな相談を頂きました


『あおいさん、これは私だけではないと思うしよく聞く話なのですが
好きな人にはなかなか好かれないのに苦手な人には好かれたりするのって、なぜだと思いますか?不思議です。』


これはですね
過去にTwitterで呟いたものに答えがあるのでちょっと見てみましょう






気になる人の前では緊張して無口になってしまうけど



どうでもいい人の前だと思い通りに喋れる



これって典型的な



気になる人には振り向いてもらえず



どうでもいい人にモテてしまうタイプだなぁ






とまぁそんな感じです

嫌われたくない!と思うと自分らしさなんて全然出せないんですよね

何も言えず何もできず
自分の存在を抑制してただ遠くから見ているだけが精一杯になってしまうあるあるですね

一方特別な感情を抱いていない異性に対しては
べつに嫌われたくない!という感情も好かれたい!という欲求も働かないわけですから

余すことなく他人から嫌われてしまうかもしれない自分を出してしまうわけです

実はですね
自分らしさというのはこの『嫌われてしまうかもしれない』と思っているものの中にあるものなんですよ

自分の魅力というのは自分らしさの中にあったりしますからね

結果どうでもいい人からモテてしまうというスンポーなんです





以上
DJあおいでした





こういった相談はTwitterでも気紛れに乗っていますが
メルマガの方ではもっともっとガツンガツンに乗っています

へヴィーな相談、デリケートな相談、大人の相談
幅広くやっていますので
よかったら一度覗いてみてくださいね

時事ネタやコラムもやってますよ

blogosメルマガ DJあおいのちょっとそこ座りなさい

無料版もあるので気軽に登録お願いします


















こんばんはDJあおいです

よくね
別れ話なんかで

嫌いになったわけじゃない

って言われたりするじゃないですか

これを言われると
じゃあまだやり直せるかも!
とか思ったりするじゃないですか

その言葉に期待を抱いたりするじゃないですか

でも実はこれ
最もやり直しの効かない心理状態なんです

嫌いになったわけじゃない
でももう好きなわけでもない

これはですね
嫌いという心理の上をいく無関心という心理の表れなんですよ

もう好きとか嫌いとか
恋愛対象として関心がなくなってきているわけです

よくね
他人に戻ることが別れるということですよ
と、私はTwitterやメルマガで言ったりしているんですが

この台詞を別れ話に持ち出す人はですね

別れたらあっという間に他人に戻ります

相手には期待を持たせておいて自分はとっとと他人に戻ってしまうんです

ですのでね

嫌いになったわけじゃない
と言われたらね

もう修復は不可能だと思った方がいいですよ






以上
DJあおいでした










こんばんはDJあおいです

今日はちょっと多めの更新です


Twitterやメルマガでたくさんのお悩みに触れさせて頂いているんですけどね

その中で非常に多いのが


別れたのに毎日顔を合わせなければならない環境なので忘れられない


というお悩みなんですよ

元々ね
同じ環境内での恋愛は難易度が高いものなんです

同じ学校内
同じサークル
同じバイト
同じ社内

等々いろんなケースがあるんですが

まぁこういう別れたのに毎日顔を合わせなきゃならないというのも難易度に含まれるんですけどね

それよりも難易度が高いのは

同じ環境内で恋愛を維持すること

なんですよ

同じ環境内にいるということは毎日長い時間顔を合わせていなければならないということなんですけど

恋愛において重要なのは
どちらかといえば一緒にいない時間なんですよね

その一緒にいない時間にどう思えるのかが恋愛であり

そこから信頼が生じてくるものだと思うんですよ

その信頼を受けて

お互いがその信頼に値する人に育っていく部分が恋愛には大きくあると思うんです

その信頼を育む空白の時間がですね
同じ環境内だと難しくなってしまうわけですね

四六時中一緒にいるとですね
どうしても見えてしまうじゃないですか

その見えてしまっているもの以上の信頼はなかなかできないものになってしまうんですよ

なのでお互いがお互いの信頼で成長し難い環境になってしまうんですね

成長し難い関係というのは衰退していく関係とイコールですから
結果破綻してしまうケースが多いんです

そしてその難易度は別れた後の『他人に戻る』という行程に引き継がれてしまうんですね

もちろん同じ環境内で幸せになった人達はたくさんいます

でもその人達が誰よりも大切にしていたのは

各々のひとりの時間

なんですよ









以上
DJあおいでした