こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ








『あおいさん、こんにちは。
いつもあおいさんの言葉に元気をもらっています。
私もご相談があるのですが、聞いていただけますか(>_<)

学生時代に仲の良かった友人で、明るい性格で友達の多い女の子がいたのですが、ある時彼女がたくさんの友達のことを「人脈」と言いました。
人脈とは、その人に利益をもたらすような関係のことだと思っています。
私は友達ではなく人脈の一つと思われることに抵抗があり、社会人になって自然と疎遠になりました。

どんな理由があっても、友人と疎遠になってしまったのは、自分の我慢が足りなかったからかな、とずっと悩んでいます。

あおいさんのお言葉をいただけますか(>_<)』








DJあおい著『じゃあ言うけど、それくらいの男の気持ちがわからないようでは一生幸せにはなれないってことよ。』5万部突破発売中!
image




クリックにご協力お願いします








私は『人脈』という言葉にそこまでネガティブな印象は受けないのでよくわからないのですが
基本的に友達というのは一方的な思いでいいと思っています

『人脈』という言葉に『利害だけの関係』という印象を受けて憤りを感じているのなら
それはその人に損得勘定抜きでの関係というものを求めていることになりますよね

それは自分と同じ思いを相手に求めているわけですが
それって見返りを求めた『損得勘定の友情』に当たるものではないでしょうか

つまり友達だと思ってくれないのなら友達を辞める
友達だと思ってくれるのなら友達になってあげる
という友情を取り引きの材料にした損得勘定なんですよね

人に友達であることを求める友情というものは
女子にありがちな『私達友達だよね!?友達だよね!?』という確認しなきゃ不安になる程度の友情と同じなんですよ

本当の友達ってそんなに複雑なものじゃなくて
その人が自分のことをどう思っているのかなんて
お互いが眼中にないものなんですよ

だからお互いが過剰に気を使う必要もないんですし
お互いが言いたいことを言えるわけです
それが友達特有の居心地のいい空間というものを形成しているんですよね

そこにあるのは『友達』という片思いがふたつあるだけなんですよ











以上
DJあおいでした









お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね


















こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ








『大学生の女です。
堂々としている人って、友達と対等に付き合うことができると思うのですが、自虐ネタを披露したり飾らないキャラの人はあからさまではなくても見下されがちな気がします。
私はそれなりに友達と上手くやれていると思って今まで生きてきましたが、本当は一緒にいると優越感を感じられるからなのではないかと思い、時々不安になります。
かといって、堂々としようにも自分に自信がないので上手く振る舞えません。

あおいさん、アドバイスお願いします。』









DJあおい著『じゃあ言うけど、それくらいの男の気持ちがわからないようでは一生幸せにはなれないってことよ。』5万部突破発売中!
image




クリックにご協力お願いします








自虐ネタをよくする人というのは他人を傷付けて笑いをとることに抵抗がある人なんですよね
だから身代わりに自分を傷付けて笑いをとろうとしているんです
優しい人がよくやる行為なんですよ


人をいじって笑いをとろうとする人とは正反対なタイプですので
必然的にいじられる側になってしまうことが多いのですが

自虐して笑わせることは好きだけど
他人にいじられて笑われるのはあまり好きではなんですよね


ですのでいじるのが上手な人は
あくまでも自虐ネタを引き出すための『前フリ』としていじり
笑いの花はその人に持たせてあげるいじりが出来るのですが

ただの承認欲求丸出しマンがいじる側に回ると
高圧的ないじりでその人をただの『笑い者』にしてしまい
笑いが生じたところで『自分は面白いんだ!』と勘違いしてしまったりするんです

それが自虐ネタをする人にとってのジレンマになってしまうものなんですけども
これはいじられていい人とダメな人
はっきりと区別して差別化した方がいいです

承認欲求丸出しマンがいじってきたら『はぁ!?』と強気で言ってやるだけでOKです

元々気が小さいのが承認欲求丸出しマンの特徴ですから
その一言だけで心中穏やかではいられなくなると思いますよ
あとは勝手に空回って潰れてくれるので
そのときに優しい一言をかけてあげれば勝利ですよ









以上
DJあおいでした










お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね














こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ








『あおいさん、多忙の中すみません。私は下ネタが苦手で、飲み会とかの席で一緒に下ネタで盛り上がれません。出来ればそういった話をしたくないのですが私の女友達は下ネタが好きでノリノリで話をして楽しそうです。この苦手意識を無くすにはどうしたらいいですか?』







DJあおい著『じゃあ言うけど、それくらいの男の気持ちがわからないようでは一生幸せにはなれないってことよ。』5万部突破発売中!
image




クリックにご協力お願いします








脳みそが疲れてくると飛び出すものは

愚痴や不満、人の悪口、そして下ネタです

だから下ネタを選択する人は実は優しい人なんですよ


まぁ下ネタ特有の下品な感じが苦手だとは思うのですが
何も下ネタにお付き合いするからといって下品になる必要は一切ないんですよ
いかに下品にならずに下ネタにお付き合いするのかというのが女の品格というものだと思うんです

例えば男性のシンボルを直接的な表現で言葉にしてしまうと品格が損なわれますが
これを品格を保ったまま表現すると

・バッキンガム宮殿
・バベルの塔
・夜のタフボーイ
・もうひとりのあなた様
・いけない張本人
・情熱のベクトル
・灼熱の侵入者
・進撃の巨●●
・つまようじ少年(時事ネタ)
・ほぉら、ぼくのアーノルドがこんなにシュワルツェネッガーだよ


等々
ほら下品










以上
DJあおいでした







お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね