こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ







『あおいさんはじめまして。
朝早くにすみません。とても長くなってしまいましたが目を通してもらえたら嬉しいです。
いつもブログやTwitterで励まされたり考え直すきっかけをもらっています。

最近悩んでることがあり、ぜひあおいさんの意見を聞かせてもらいたいな。と思いメールをさせてもらいました。


私には付き合って半年になる彼がいます。今までもそれなりに恋愛はしてきた方だと思います。
でも今まではすぐに終わってしまう恋愛というか、長く続かなくて。
まだ半年という期間ではありますが私にとっては続いててあおいさんのお言葉に考えさせられたりして、自分自身、成長したのかなと思っています!
また冷めやすかったはずのあたしが半年経っても大好きで、冷めるどころかどんどん好きになっています。

今でも付き合った頃のように、それ以上にラブラブなのですが、3年ほど続いてるカップルの子にこんなことを言われてしまいました。
「付き合って半年も経ってるのにまだベタベタラブラブしてるの?そんなにイチャついてばっかりだと、長く付き合う気があっても飽きられちゃうよ。半年も経ってるのにまだ付き合ったばっかりみたいな関係なの?そろそろ落ち着けば?」
と、言われたことがすごく心に残っていて、私自身半年も続いたことがなくてこのままの付き合いかたで良いの悪いのかわからなくて。私は私たち2人がいいと思っているならこのままでいい。と思っていたのですがどうも気になってしまって。

あたしは長く付き合うことよりも、毎回会う1回1回を大切にしたくて、、と思って行動してきたのですが、あたしは間違っていたのでしょうか。

彼と会う頻度もエッチの回数も比較的多い方だと思うのですが控えた方がいいのでしょうか。

彼に話しても、「飽きるわけないじゃん。今まで通りで大丈夫!」と言ってくれたのですが、あおいさんはエッチの回数や会う回数が多いカップルはやはり別れてしまうものだと思いますか?o(;_;)oまた、落ち着いてるカップルとはどういったカップルなんでしょうかo(;_;)o

最近そんなことばかり考えていて、涙が止まらなくなってしまったり苦しいです。
よければあおいさんのお言葉をいただけたら嬉しいです(;_;)これからも、無理し過ぎないようにお体にお気をつけください。応援してます。
大好きなあおいさんへ。』








『恋する』というのは感情であり
『愛する』というのは理性である

感情は自分のために働くもの
理性は違う誰かのために働くもの

自分のための感情は熱しやすく冷めやすいもので
違う誰かのための理性は穏やかに続くものです

人は自分を幸せにすることは苦手な生き物ですが
違う誰かを幸せにすることは得意な生き物なんですよ


恋愛を長続きさせる秘訣とは
自分の感情を抑えることではなく
違う誰かのための理性を養うことなんです

感情は自分のために働くものですから
毎日のように会っていないと不安になるものですが

理性というのは相手を思いやる気持ちですから
一緒にいないときでもわりと安心感があるものなんです

一緒にいないとき
不安だと感じる恋愛ならば
その恋愛は
感情優先の短命で終わる恋愛なのかもしれませんね












以上
DJあおいでした













お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね
















こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ








『初めまして!
なちと申します!
いつもなるほどーと思いながら拝見させて頂いています。


私は現在大学3年生なのですが、高校の時から付き合っている年下の彼がいます。
特に喧嘩もなく良いお付き合いをしていると思うのですが、友人などに「最近彼氏とどう?」と聞かれると上手く答えられません。
彼のことは情とかではなく、本当に好きです。自分では依存しているつもりありません。
しかし、らぶらぶっていうほどいちゃいちゃするわけでないけれど、かと言って冷めているわけでもないんです。
だからどう?と聞かれてもどのように答えたらいいのかわからなくて…。

こういった付き合いはどうなのでしょうか?
彼と私の両親公認の付き合いで、私の母からは老夫婦と言われたりします。

周りから見たらどうなのかと不安に思いました。
教えてください!あおいさん!』










よく女性が集まると自分の恋人の至らないところの話題で盛り上がったりするじゃないですか

あれってべつに不満に感じていることをぶちまけているわけじゃないんですよね

どれだけ好きなのかが愛情ではなく
どれだけその人の至らないところを許せるのかが愛情ですから


あれは『私は彼のこんなところも愛しているんですよ』というのろけなんですよね

だから『最近彼とどう?』と聞かれると
真っ先に頭に浮かぶのは恋人の至らないところだったりするんです

恋人の至らないところ
つまり愛しているところが真っ先に頭に浮かび
返答に困ってしまうというわけなんですね

イチャコラぶっこいてラブラブしているのが愛情ではないんですよ
愛情とはもっと深いところに存在するものなんです


『最近彼とどう?』と聞かれて真っ先にラブラブチュッチュしているイメージが浮かぶような関係は
逆に危うい関係なんですよね

それは愛しているわけではなく
ただ好きだという感情が先行しているだけですからね









以上
DJあおいでした








お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね










こんにちはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ










『アオイさん初めまして☺︎
相談があって連絡しました。

元彼と別れて半年以上経ちます。
私は振られて、友達に戻る関係に
なりました。

でも、私は元彼とは友達に戻れない
性格な子だと時間が過ぎるたびに
思うようになりました。

嫌いになるとこがなかったので
自分からちゃんと離れることを
話すのが本当に怖いです。

赤の他人にならなきゃ
今の自分は変わらないし
重荷になりたくないです。

何度も何度も後悔ない選択
して考えて考えての結果

あたしは彼と繋がってたら
甘える自分がいるのと
最初から好きな人として
彼を見てたので友達として
見れません。見たくないです
彼が彼女を大事にするか
知ってるのともう離れないと
いけないかなと思うようになった。

最後別れ話のとき会わずに
電話で別れました。

最後彼に会いたかったです。
荷物もお互いあるのにこの中途半端なままです。どうすればいいかな?』










後悔をする人は
どちらを選択しても後悔してしまうものです

後悔をしない人は
どちらを選択しても後悔しないものです

後悔をする人というのは
その選択で正解が決まると思っていますが

後悔をしない人というのは
その選択を正解に導いて行くのは自分自身だと自覚しているものです

選択を正解に導いて行く原動力というのは勇気です

だから後悔をしない人というのは
迷ったら勇気が必要な方を選択するんです



この世にある別れというのは概ね全て中途半端なものなんですよ

それ故に『お互いが納得できるキレイな別れ』という幻想に溺れて執着になってしまうわけです

恋愛の終わりほど中途半端で呆気ないものはなくてですね

後で思い返してみると
あれほど忘れたいと苦しんだ失恋でも

いつ忘れたのかわからないくらい
気が付けばいつのまにか忘れているものですからね














以上
DJあおいでした











お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね