こんばんはDJあおいです
読者さんからこんな相談を頂きましたよ







『こんにちは、あおいさん。
いつもTwitterやブログを見させてもらってます。
私の悩みを聞いてください。

私は、今年の春に高校生になります。私はいわゆる高校デビューをしたいです。周りから陰キャラと思われるグループにいるので、明るい子達がいるグループに行きたいです。
理由は、差別や周りの目が陰キャラのグループだとあるからです。

どうしたら、明るい子達のグループに入れますか?それとも、そういう考えはいけないと思いますか?』








DJあおい著『じゃあ言うけど、それくらいの男の気持ちがわからないようでは一生幸せにはなれないってことよ。』5万部突破発売中!
image




クリックにご協力お願いします







陰キャラって何ですか?
その陰キャラという枠に自分を押し込めていませんか?
自分は陰キャラだからという理由で自分を縛りつけていませんか?

自分で自分のキャラクターを決め付けないように
自分で決め付けたキャラクターに支配されてしまいますよ

強がりな人が泣いたっていいんです
弱虫な人が立ち向かったっていいんです
大人しい人がはしゃいだっていいんです

感じたことを感じたままに
それが世界でたったひとつの自分らしさなんですよ

人ひとりに向き合えるのは目の前にいる人ただひとりです
グループになんか入ろうとしないように
目の前にいる人ひとりひとりと丁寧に向き合ってください

スクールカーストというものがあるとしたならば
そのピラミッドの頂点にいる人はそういう人達です

自分らしさを偽って群れているだけのグループなんて最下層の人種だということをお忘れなく








以上
DJあおいでした







お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね














こんにちはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ







『あおいさん、こんにちは。
いつもブログを読ませていただき、心の支えにしております。
ただの読者の私ですが、最近どうしても
自分では解決出来ない悩みがあって思い切ってメールしました。
目を通していただければと幸いです。

私には、付き合って半年になる遠距離の彼がいます。
月に1度ほどのペースで会っています。
前の彼氏と別れてから、比較的すぐに付き合いました。
あおいさんが先日のブログでおっしゃっていたように、
前の彼氏との思い出から逃げるように付き合い始めましたが、今はちゃんと好きです。

彼は私のことを想ってくれますし、
気持ちをちゃんと伝 えてくれたり、話し合いが出来たり、
今までお付き合いしてきたタイプとは違って幸せを感じています。

でも彼の中で「好き」と伝えれば
それで彼自身も私も満足だよね、幸せだよねという傾向があります。

私は正直、それだけではないと思ってしまいます。
相手の為に何かしたい、してあげたいということも大事だと思うのです。
例えば、デートのプランを決めたり、
お店を前もって予約しておいたり、
記念日に彼が選んだプレゼントをくれたり…。
そういうことがほとんどありません。
それでも好き、一緒にいたいなどは毎日のように言います。
それって本当に好きってことなのかな?と思ってしまいます。

私は彼の喜ぶ姿が見たくて、
プレゼントなど一生懸命選びます。
プレゼントが欲しいわけではありません。
「選んでくれた」ということに愛を感じると思うのです。
ベタですがフジモンとゆっきーなのような夫婦に憧れます。

最近、なんとかそう思ってほしくて、
さりげなく気持ちを伝えているのですが、
そうやって思い通りにしようとしている自分に嫌気がさします。
相手が自分からそうしたいと思えるようにならないと意味ないとも思います。
そうなると私が彼にそう思わせる器量がないのでしょうか…。

もやもやがずっと晴れなくて、何をしていても楽しくありません。
こんな 私に何かアドバイスをいただけないでしょうか。

長くなってしまってすみません。
季節の変わり目で、気温差が激しいですので
お体には気を付けてください。これからも応援しています!』








DJあおい著『じゃあ言うけど、それくらいの男の気持ちがわからないようでは一生幸せにはなれないってことよ。』5万部突破発売中!
image




クリックにご協力お願いします








愛情とは原動力にするものでして
その多くは仕事や勉強、生活習慣に注ぐべき原動力なんですね
そうすることによって各々の生活というものが充実していき『余裕』というものが生じるわけです

その余裕の分だけデートやプレゼント等恋愛における『装飾品』というものを捧げることができるわけでして
それでも尚伝えられない感情を『あなたのことが好きですよ』という言葉で伝えるものなんです

この言葉が女性が最もほしい言葉なんですよね


愛情における言葉というものはパズルでいうところの最後のピースみたいなものですから
それだけ頂いても愛情というものは見えないんですよね

それを象るものはその人の生活習慣やデートやプレゼントだったりするものでして
その愛情を完成させるのが言葉という最後のピースというわけです

言葉なしでは伝わらないのが愛情ですが
言葉だけでは伝わらないのが愛情なんですよ

好きだー好きだーと言っているだけで満たされる程度の愛情なんてありません

生活が充実出来ていない人ほど言葉だけで愛情を伝えようとしますから
彼に足りないのはきっと生活の充実でしょうね

好きだという原動力はあなたの生活を充実させるために使ってくださいとお伝えください










以上
DJあおいでした











お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね
















こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ








『ブログやツイッターでいつも勉強させていただいてます。
私は、昔から学校の先生を含む大人達に反抗してました。
何故か喧嘩を売ってしまうのです。
怒った先生には大人をなめるな!という感じなことを言われました。
とても大らかで優しい先生にも納得できないことに関して噛み付いて怒らせてしまいます。
社会人になる時期に入っているのですが、このままでは。。と不安になってしまいます。
自分自身分かってるようで分かってないのです。
正直怒らせた時に勝った?とゆうような気持ちになります。
傲慢で生意気で自己中心的と言葉ではいくらでも表現できます。
それで自己防衛して開き直ってるんだろうな とは思うんですが、まだ思う段階です。
乱文ですみません、自分でもよく分からなくて将来が不安で怖くて涙が止まらなくなります。
こんな私に喝をいれてくれませんか?アドバイスを頂けたら嬉しいです。
春が近くにきてるみたいですね。
まだまだ寒いのでお体お気をつけてください。』








DJあおい著『じゃあ言うけど、それくらいの男の気持ちがわからないようでは一生幸せにはなれないってことよ。』5万部突破発売中!
image




クリックにご協力お願いします








反抗期というものは誰にでもあるものなんですけども
『自立したい反抗』と『自立したくない反抗』の二種類の反抗があるんですよね

『自立したい反抗』というものは
『それくらいひとりでできるよ』という反抗でして
分かりやすい例で言えば幼い子が食事を親に食べさせてもらうのを拒み
自らの手でスプーンを持って食事をしたがるような反抗ですね
これは自立心の現れなので喜ぶべき反抗です

相談者さんの反抗はおそらく自立したくない方の反抗
分かりやすい例で言えば『勉強しなさい!』という親の叱咤に反抗する『やりたくない反抗』
これは自立することを拒む反抗です

自立心故の反抗は自立するほどになくなっていくものですが
自立することを拒む反抗は自立しない限り永遠と続きます
ですからいい歳ぶら下げて反抗期真っ只中な人ほど自立できていない人が多いんですね

世話を妬いてくれる人が鬱陶しいと思うのならそれでいいです
やりたくなければやらなくても構いません
そのまま社会に出てください

社会は何もしない人に手を差しのべてあげるほど暇ではありません
何もしない人には何もしない人という評価が下されるだけ
反抗すらさせてくれないところが社会なんですよ

そこではじめて世話を妬いてくれた人の有り難みがわかるでしょう

傲慢?生意気?自己中?
そんなカッコいいものじゃありませんよ
ただ甘ったれているだけです








以上
DJあおいでした








お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね