こんにちはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ








『夜分に失礼しますm(_ _)m
相談…というか聞いてほしいお話があります
わたしの友人の話です

わたしの友人が先日彼氏に浮気されて、別れました。別れを告げたのは彼女の方です。
彼女は言いました。
「すごく愛してるよ。他の女の人と1.2回何かあったくらいで嫌いになったわけじゃない。そのくらいじゃ嫌いになれない。だけどこのまま付き合っても、これから先わたしは心のどこかで彼を疑いながら過ごしていくと思う 。疑わずただ愛するってことがきっとできなくなると思う。だからもう別れたの。」

あおいさん
彼女のこの選択どう思われますか?
お忙しいとおもいますがあおいさんの考えを聞かせていただきたいです
本格的に寒くなってきましたのでお身体にきをつけてください』









DJあおい著『じゃあ言うけど、それくらいの男の気持ちがわからないようでは一生幸せにはなれないってことよ。』5万部突破発売中!
image




クリックにご協力お願いします








どれだけ好きなのかが愛情ではなく
どれだけ許せるのかが愛情

好きだという感情は自分のため
愛情というのは相手のため

どうでもいい人なら許せるのに
好きだからこそ許せないことがあります
だからこそそれを許すことが愛情になるわけですが
無条件に許すことは愛情ではなくただの『我慢』なんですよね

説教で許せるのなら
説教することが愛情でしょうし

一発シバき倒して許せるのなら
一発シバき倒すことが愛情でしょうし

セリーヌのバッグで許せるのなら
おねだりすることが愛情でしょう


人それぞれに『愛情のカタチ』というものがあるわけなんですが
愛情というものは無限にあるものではないんです
人として許せないことは個々の定義に必ず存在するもの
それを越えたところに愛情は生じません

最も愛情が欠乏したお付き合いというものは
それを許せないままお付き合いを続けるという選択でして
好きだけど許せない(愛せない)という関係なんですね
好きだという感情には愛情が伴っていなければただの執着になってしまうものですから
『好きだという感情だけなら別れる』という選択は英断だと思いますよ

どうすればそれを許すことができるのか
その最終的な手段が『他人になること』ですからね










以上
DJあおいでした









お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね














こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ








『初めまして!
いつもブログ拝見しています!
あおいさんの本も買いました^ ^

相談です。
最近いい感じだった男性に
彼女がいる事を知りました。
女の影があるのは薄々感じていましたが、彼女がいるのかと聞くといない。と答えるし、私とショッピングセンターも腕を組んで歩くので彼女はいないのかなって思っていましたが、彼女がいる事が分かりました。
ショックで立ち直れません。
彼に聞くと、私の事を本気で好きになり
嘘をついてでも会いたかったと…
だから彼女とは距離をおいてる。
と言っていました。
ちゃんと別れて私の所に来てほしいと思っていますが、なかなか言えず。
私はどうしたらいいのでしょうか。
私は彼の事がホントに大好きで
これからもずっと一緒にいたいと思っています。
あおいさんの意見聞かせて下さい。』









DJあおい著『じゃあ言うけど、それくらいの男の気持ちがわからないようでは一生幸せにはなれないってことよ。』5万部突破発売中!
image




クリックにご協力お願いします








彼女の有無なんて普通にコミュニケーションをとっていれば普通にわかるものです
それを言わないのは明らかに『故意』ですね
そこにはその男性の『意思』というものが働いています

言葉は嘘をつきますが行動は正直なものですから
その『意思』というものは言葉ではなく行動に表れるものなんですね

人というのはそれが本気の気持ちならそれを証明しようと躍起になるものでして
『行動の結果』でそれを証明しようとするものなんです
その気持ちを信じてもらうために『最もわかりやすい結果』というものを見せようとするはずなんですよ


彼女持ちの男が違う女に本気の気持ちを証明する手段はひとつだけ
『別れる』という結果を見せることだけです

そもそも『本気で好きだから本命彼女とは距離を置いている』という気持ち悪い折衷案がすでに本気ではないことを物語っているじゃないですか

基本その男の身辺はビタイチ変わっていないということ
あなたのためにその男が変わることはないということです

行動が伴わない言葉に騙されないように
男を見る目とは『行動を見る目』
盲目になるとケガしますよ








以上
DJあおいでした








お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね
















こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ








あおいさん、こんばんは。
いつもフムフムと思いながら勉強させてもらってます。

最近よく考えることがあり、助言が欲しくてメールします。

「好き」って何なんでしょう?

私はかれこれ5年くらい彼氏がいません。
それに好きな人も出来ませんでした。

自分はこのまま老いて行くのかと不安です。
ちょっと良いなと思ってもなぜか
「好き」という感覚がわからなくて...


あやふやな質問ですみません。
ご回答いただけたら嬉しいです。









DJあおい著『じゃあ言うけど、それくらいの男の気持ちがわからないようでは一生幸せにはなれないってことよ。』5万部突破発売中!
image




クリックにご協力お願いします








その人のわからないところに惹かれるのが恋愛感情ですから
好きだという感情がよくわからないのは当たり前なことなんです

だから人を好きになるということは
何度経験しても理解できないものなんですね

逆にわかったつもりの恋愛というものは危ういものでして
それは前の男の幻影を重ねているだけだったり
心に空いた穴を埋めるための恋愛だったり
自分が忘れられない恋愛感情の形を求めているだけだったりするんです


ですから前の失恋から立ち直ることができたときに
自分が知っている好きだという感情の形は忘れ去られて
また好きだという感情はわからないものになるんですね

好きだという感情がわからなくなったとき
それは次の恋愛へ進むことができる準備ができたということなんですよ

それを自覚するのは
そのわからない気持ちを信じることができたときになるでしょうね

それを信じることができないと
そのわからない気持ちに不安になるだけですよ







以上
DJあおいでした







お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね