こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ





『あおいさんこんばんは
いつもブログ拝見しています。
 
相談なのですが、お付き合いした男性と長く続かないことに悩んでいます。
今まで4人の男性と交際し、どの人とも8ヶ月~1年くらいで別れるというのを繰り返しています。原因は彼の束縛に耐えられなくなったことや、マンネリしてしまってお互い冷めてしまったことなど様々です。
私は20歳の大学生で、最近一つ上の彼氏ができました。彼のことは本当に好きなのでこれからも一緒にいられたら良いなと思う反面、心のどこかでまた同じような終わり方をしてしまうのではないかと思ってしまうことがあります。
 
長く続くカップルと、すぐ別れてしまうカップルにはどのような違いがあるのでしょうか?
 
文章にまとまりがなくてすみません
目を通していただけたら嬉しいです』






付き合いはじめの初期というものは非日常の恋愛になるものでして
その非日常が日常になったときに訪れるものが倦怠期なんですけど

特別だった好きだという気持ちさえ当たり前のことになり
それと同時に相手の嫌な部分だけが特別なことに思えてしまうんですよね

どれだけ好きなのかが愛情ではなく
どれだけ嫌なところを受け入れられるのかが愛情ですから


ここがお互いの愛情が試されるターニングポイントになるわけなんですけども

ただ好きなだけで敬意を持てない相手だとここで終了になってしまうんです

好きだという気持ちはときに色褪せてしまいますが
敬意というものは長く長く続くものなんです

その敬意からその人の嫌なところを受け入れられる愛情が生まれるわけなんですね

だから恋する感情というものが激しく浮き沈みすることに対して
愛する感情というものは浮き沈みのあまりない穏やかな感情になるわけですね


良い恋愛をしていても倦怠期は必ずありますよ
それも一度ではなく二度三度とあります

ですがお互いがお互いに敬意を抱いていれば
その度に新しい愛情が生まれ
その愛情で深く深く結ばれていくものなんです

敬意も感謝もない馴れ合うだけの恋愛は短命ってことですね









以上
DJあおいでした








お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね










こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ





『あおいさん初めまして。
いつも拝見させていただいています。
毎回ハッと気付かされことが多く、とても勉強になっています。
ありがとうございます。

こんな早朝から夜のお話で申し訳ないのですが、先日の「女が抱かれたい男とは」の記事を拝見し、勇気を出してメールをさせていただきました。

私は29歳のアラサー女子なのですが、セックス経験が少ない方だと思います。
初めてが22歳、経験人数は4人、お付き合いしていた相手ですが、どの人とも長続きしていないのでそれぞれ回数は1~4回といったところです。

問題は、指も本番も気持ちいいと思ったことがないんです。
好きな人と結ばれるということで、緊張するし恥ずかしいし…周りの友達によるとだんだん慣れてくるもんだと聞いたこともあります。
信頼関係の問題ですかね?

濡れることは濡れますし、触られるのは感じます。
痛いなどの嫌悪感はないのですが、感じていないことは相手にも伝わってしまうだろうし申し訳ないなと思うようになりました。
私はいわゆるマグロなんでしょうか(涙)?

そしてもう一つの問題が、5年ほど彼氏がいないのでその間セックスをしていないことです。
流れでそういった雰囲気になったこともありますが、私自身が真面目すぎるのかもしれませんが、お付き合いした人としかセックスはしたくないので、いくら酔っていても拒否してしまいます。
流されてしまえばよかったのに、練習と思って誰かに抱いてもらえばよかったのにと思ったこともありましたが、私の性格では絶対できません。

しかし、次いつかお付き合いする人が現れたら、セックスする時がきますよね。
その時に、こんな私を相手の人が引かないか、残念に思わないかと考えると申し訳なくて怖くなってきてしまうんです。

この問題に解決策はあるのでしょうか?

読みにくい長文に最後まで目を通していただきありがとうございました。
これからも素敵なご指摘楽しみにしています、頑張ってください!』






身体の繋がりに対する不安というものは
身体の繋がりを重視する男性の方が大きかったりするんですよ


遊びの女なら独りよがりなセックスもできるものなんですが
本気で惚れた女を抱くときには『満足させなければいけない』という責務を感じて必要以上に不安になってしまうそうです

本気で惚れた者同士なら不安はお互い様ということですね

なので最初はお互いの不安を払拭するように精神的な繋がりを重視した方がいいです

精神的な安心感があってこその身体的な快感ですからね

まずはお互いに安心を与え合うことが大事なんですね

抱き合うだけとかイチャコラするだけとか
そういう他愛のないことにじっくりと時間を掛けてお互いの不安を取り除くことが大事なんですよ

『キモチいい』より『心地よい』という土台があってこそ女は大胆になれるんです

あとセックスに練習は必要ありませんよ
いつだって本番なのがセックスなんだぜ









以上
DJあおいでした







お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね












こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ





『はじめまして。毎回、blog読ませてもらっています。

あおいさんに相談です。もう2年半も彼氏がおらず、新しいことを初めたり、出会いの場に行くなどしていますが、なかなか男性と親しくなれません。
よくいる、モテる女の子はしぐさや話し方がとても上手だと思うのです。そういう場で男性と親しくなるには、特別な何かが必要ですか?』






男性と親しくなれないのは
何か足りないものがあるわけではなく
何か余計なものがあるからなんですよ


余計なものとは恋愛目的という原動力なんですけどね

恋愛を目的にしてしまうとどうしても自分を偽るようになってしまうものでして
恋愛をしたいがために本来の自分を出せなくなってしまうんです

女性に限らず魅力的な人というのは楽しむことができる人でして

人は心から楽しいと思うときほど本来の自分を惜しみ無く出しているときなんですね

それが恋愛目的になってしまうと本来の自分を出せずに楽しむことが出来なくなってしまうわけです

恋愛目的になると空回りしてしまう原因の殆どがこれにあたるんですよ

男性と親しくなるために何か特別なものなんて必要ありません
本来の自分を出せない余計なものを棄てるだけです


恋愛を目的にして寄ってくるのは
ヤりたい目的の男だけですよ






以上
DJあおいでした







お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね