こんばんはDJあおいです

たまにはコラムをやってみますね






長らく恋愛相談をさせて頂いているのですが
少し前から多いなぁ多いなぁと思っていたのですが
最近は異常と思えるほど不倫に関する相談が圧倒的に多いんですよ

そこで不倫に二つのケースがあることに気が付きました

ひとつは軽いノリ程度の出来心で不倫をするケース
もうひとつはどっぷり肩まで浸かるような不倫をするケース

大きく分けてこの二つのケースがあるのですが
その根幹にあるものは同じものなんですよね
どちらもネガティブなところから浮気心というものは生じているようです

不倫というものは汚いものです
それに開き直るかごまかそうとするかの違いだけなんですよ

軽い出来心で不倫をする人は『どうせ自分は汚い人間なんだ』と開き直っているだけなんですが
どっぷり肩まで浸かるような不倫をする人というのは汚い自分を認めないんです

汚い自分を隠すようにその不貞を恋愛感情で塗り潰そうとするんですよ
だから過剰なまでに恋愛感情に火をつけてヒロイックに浸ったりするんですよね

『悪い恋愛ほど燃え上がる』とよく言うのですが
ただ単に汚い自分を正当化するために恋愛感情を活性化させているだけに見えるんですよ
いっちょまえに頭を抱えて悩むのも汚い自分を正当化するためのもの

恋愛感情で醜い自分をキレイに見せようとしているだけ
ブッッッッッッッサイクな自分を厚化粧でごまかそうとしているだけなんですよね

理性、倫理、道徳が整っていれば
恋愛なんて化粧はナチュラルメイク程度で充分なんですよ
それだけで充分満足できる美しさになるものなんです
それが最も幸せな恋愛と言ってもいいのかもしれません

過剰なまでに恋愛感情が燃え上がるような恋愛は
どこかで醜い自分を隠そうとしているものなのかもしれませんね









以上
DJあおいでした









お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね
















こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ







『こんにちは!20歳の大学生です!
いつもあおいさんのブログ拝見しております!

わたしはよく友達に「優しいね」と言われます。
でも、実際のわたしは優しくないと思います。家に帰れば親と仲が悪く、外にいる時のわたしと家で家族と過ごしている時のわたしでは別人です。外にいる時のわたしは偽善者なんだと思います。そう思うと友達に優しくする事もイヤになってきます。
「優しい人」ってなんなんでしょうか?人に優しく出来る人、気を使える人っていうのは所詮良い風に思われたいだけな気がしてなりません。人はみんな偽善者なのでしょうか?
是非あおいさんの考えをお聞きしたいです。
宜しくお願い致します。』









DJあおい著『じゃあ言うけど、それくらいの男の気持ちがわからないようでは一生幸せにはなれないってことよ。』5万部突破発売中!
image




クリックにご協力お願いします







優しい人とは
その人が欲しいものを差し出してあげる人ではなく
その人に必要なものを差し出すことができる人なんです

その人に癒しの言葉が必要ならば
癒しの言葉を掛けてあげるのが優しい人です

その人に厳しい現実が必要ならば
厳しい現実を突きつけるのが優しい人です

その人に自立心が必要ならば
手を出さずに見守ってあげるのが優しい人です

ですので優しい人というのは
決して万人に好かれるというわけではありません


何が正しいのかを知っている人
正しさを知っているのが優しい人
優しさとは正しさ
それを差し出すことができる強さです

嫌われることを怖がっていい顔しかできなくなった人は優しい人ではなくただの都合のいい人ですよ
『優しい人』というレッテルを貼られて都合のいい人に仕立てあげられないように

強くなれなきゃ優しくはなれん
強くなりましょう
優しくなりましょう









以上
DJあおいでした









お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね















こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ







『いま年上の彼と付き合って7ヶ月になります。
私は本当に心から大好きになれた人は
彼が初めてなのですが
彼は女の人にとても慣れています。

最近よく喧嘩するようになったのですが
その際に私が思ってることを伝えても無視してきます。
それだけでなく
そういう話はしたくない、気持ち悪い
とまで言われるようになってしまいました。

女の人に慣れていることが
関係するのかはわかりませんが
彼は楽しく話して過ごせたらそれでいいそうです。

私のことをただの話し相手や
暇つぶしくらいにしか
思っていないのでしょうか?

私が折れて思ったことがあっても
何も言わずに我慢して
笑顔でいるべきなのでしょうか?

私は大好きなので
そうしてでも一緒にいたいと
思ってしまいます。

昔は私が少しでも悩んでいたら
全て話を聞いてくれて
ちゃんと向き合ってくれました。

もう私のことを好きではないのでしょうか?
彼は何を考えているのでしょうか?
私はどうしたらいいのでしょうか?


お忙しいとは思いますが
お体に気をつけてください。』









DJあおい著『じゃあ言うけど、それくらいの男の気持ちがわからないようでは一生幸せにはなれないってことよ。』5万部突破発売中!
image




クリックにご協力お願いします







まずひとつ
『心から大好きになれた人は彼が初めて』
とありますが恋愛とはそういうものです
誰と付き合っても初めてだと思うものですよ
またそうでなければ恋愛とはいえません

それを踏まえて本題に入ります

喧嘩というものはお互いの言いたいことをアウトプットするだけのものでして
お互いの言いたいことをインプットする能力は失われているものなんですよ
なので喧嘩というものはコミュニケーションにはならないんです

だから喧嘩の理由というものは毎度毎度同じ理由だったりするものなんですね

喧嘩になってから話し合いをしようとしても結局は喧嘩になってしまうんです
当たり前ですよね
お互いが聞く耳を持っていないわけですから

多く場合、喧嘩をしてお互いの言いたいことを言い合ってスッキリして仲直りして終わりなのですが
これでは何も解決していないんですよ
仲直りしてめでたしめでたしにしてしまうからまた同じ喧嘩を繰り返すことになるわけです

仲直りした後こそお互いが聞く耳を持っているときですので
ここが話し合いの絶好のチャンスなんですね

お互いがお互いの言いたいことを引き出し合いそれを聞き合い話し合い
その話し合いの積み重ねでお互いがお互いのために変化をし合い深く深く繋がっていくわけです

喧嘩をして仲直りでは足りないんです
仲直りをして話し合うんです







以上
DJあおいでした








お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね