こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ










『あおいさん相談があります
昨日2年ちょっと付き合った彼と私から別れを告げました
大好きだったけど
付き合っていても
プラスにならないし
私が苦しくなり
別れました

もっと愛されたかったし
もっと愛したかった
という想いが強くなり
後悔している自分もいます
彼以上の人はいないって
そう思ってしまいます
一緒いるだけでプラスだったのかなって考えてしまいます
どうしたら前に進めますかね

たくさんの相談もあって
お忙しい中すみません
あおいさんの目に
止まりますように
お仕事がんばってください!』











別れを決意する

   ↓

少し寂しくなる

   ↓

まだ好きかもしれない

   ↓

やり直す

   ↓

やっぱりうまくいかない

   ↓

ふりだしに戻る


別れられない無限のループですね

自分で別れを決意したのにいざ別れを切り出そうとすると
えもいわれぬ寂しさに苛まれたりするんですよね

この寂しさをまだ好きだという気持ちだと解釈してしまうとループにハマってしまうんですよ

この寂しさの正体はですね
愛情ではなくて欲求なんですね

もう愛していないのに
まだ愛されたいという欲求


もちろん愛されることで満たされる自尊心は誰にでもあるんですけどね

人間にとって大事な器というのは誰かを愛することで満たされる器だと思うんですよ

幸福感というのはこっちの器にあるような気がするんですよね

それに別れを切り出すというのはそれなりの責任と覚悟があってのことですから
気紛れにその人の人生を振り回しちゃいけないと思うんです

女が一度口にした別れは
寂しいなんて理由で揺らぐ決心であってはならないものなんだぜ













以上
DJあおいでした










お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね

















こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ










『あおいさん、こんばんは。

私には来月で付き合って3年になる彼氏がいます。
彼と付き合って1年くらいの頃、お酒が入っているときに喧嘩をし(お酒が入っていたのは彼だけです)道路で髪の毛を引っ張られながら引きずられたり、体を蹴られたりしました。
その時はお酒が入っていたから仕方ないと思い、許したのですが最近はシラフの状態で喧嘩をしたときも髪の毛を引っ張ってきたりお腹や足を蹴られたりします。この前は顔を叩かれました。

なんですぐ手を出すの?と聞くと、"むかつくから"と返してきました。

私は彼が好きで結局許してしまいます。普段怒ってない時の彼がすごく大好きです。

だけどやはり手を出されるのは怖いしやめてほしいです。

この行動はDVというものなのですか?DVというのは治らないのですか?もしDVならば私は彼を変えることはできないのでしょうか?

まとまりのない文章でごめんなさい。』











DVをする人って自分がDVをしている自覚があまりないんですよね

その人に自覚がないからDVを受けている側もこれがDVなのか何なのかわからなくなってしまうものなんです

第三者から見ればDVの加害者と被害者は一目瞭然なんですが
DVをしている側というのは加害者ではなく被害者のつもりなんですよ

『自分はムカつかされた被害者だ』という被害者意識が強いんです
その被害者意識を免罪符に暴力で罰を与えているつもりなんです

だからDVを受ける側は暴力で支配されると加害者意識を植え付けられて『悪いのは自分なんだ』と思い込んでしまうわけです

そしてその罪が許されることを愛情だと錯覚してしまい
DVから抜け出せなくなってしまうわけですね

第三者から見る被害者と加害者の関係性が
当事者の間では逆転してしまうのがDVなんです


DVというのは重度の依存ですからね
依存する対象がいる限り治ることはありませんよ

つまりあなたがいる限りDVは治らないということです

ですが被害者意識が強い人種ですから
距離を置きましょうと言ってもまた被害者意識が暴走して
次はストーカーになってしまうケースも少なくありません

話し合う際には必ず第三者に立ち会ってもらうことをお薦めします

あなたが思っている以上にこれは根の深い問題なんですよ

そこにどんな理由があろうと
暴力を振るわれたらあなたは被害者ですからね













以上
DJあおいでした










お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね


















こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ










『初めまして。18歳の女です。*受験生
今回はあおいさんの考えを聞きたくて仕方ありません。最後に決めるのは自分ですが、どんな踏み出し方があるのか意見を聞きたいです。

仲が良くて、友達以上恋人未満な存在の彼と最近喧嘩が多く、彼の隠していた性格を知り、落胆しました。彼は少し性格に難があり、人を簡単に信じず、猫をかぶっています。


彼は、男女どちらでも遊びにいくし、みんな同じ扱いをするし、彼女であっても特別扱いはしないし、基本的に人にあまり踏み込まれたくないと言っていて

じゃあ、大学行っても仲良くしたいと言われたあたしはどんな存在なんだと思いました。あたしもみんなと同じなら今言われた言葉は嘘なのかと。

彼はめんどくさいことは嫌いで、楽しく生きていればそれで十分なんだそうです。自分が楽しければいいし、彼女ができても、ここがどうしても無理だなって思えば別れを切り出すし…

わたしは彼と一緒にいたいし、少しずつこれからまた仲良くなりたいと思っています。
ですがこんな彼と仲良くするには、どんな風に考え捉えていけばいいのか疑問です。

彼を男性として好きという気持ちを抱えているわたしが、彼に今は合わせたほうがいいのでしょうか。正直彼に変わって欲しいなんて変な期待はしたくないのですが。

まだ経験が少ない自分なので視野が狭いです。どうかお答えいただきたいと思っています。冷えてきましたので、お体に気をつけて。』











『めんどくさいことが嫌い、楽しければそれでいい』
という考えは矛盾しているものでして

めんどくさいことが嫌いな人が求めているものって
『楽しい生き方』ではなく『楽な生き方』なんですよね


楽しい生き方というのは
めんどくさいことや辛いこと、苦しいこと
それ等を含めて『楽しい』と思える生き方なんですよ
どこまで自分自身に夢中になれるのかというところに『充実』というものがあるわけです

楽な生き方というのは
めんどくさいことや辛いこと、苦しいこと
これ等を全て放棄する生き方でして
どこまでいっても自分自身に夢中になれない虚しいだけの生き方なんです

人を信じるより信じない方が楽なんですけどね
人を信じることができるから楽しいんですよね


恋愛からめんどくさい要素を差し引くと何が残るのかといったら
『都合のいい女』なんですよね

彼にとって『めんどくさくない女』になろうとすると『都合のいい女』になってしまうわけです

執着するとケガするよ
気を付けて!













以上
DJあおいでした












お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね