こんばんはDJあおいです

Twitterでこんな相談を頂きましたよ



『あおいさん相談です。
一緒にいるとイライラする、嫌いなところばっかり見える、行動がいちいち癇に障る、、、。
自分にとってマイナスな付き合いはやめた方がいいですよね?』





他人にイライラしたりするのはですね
その人が自分の思い通りにいかないからなんですよね

思い通りにしたいという欲求があるからイライラするわけです

他人を思い通りにしたいと思うのは
自分が思い通りに生きていないから

思い通りに生きれない自分を違う誰かに求めてしまっている依存心がイライラの正体なんです


他人にイライラするときというのは
少なからずその人に依存しているときなんですよ

その人との付き合いを辞めたとしても
自分自身を改めない限り
イライラのターゲットが変わるだけで何も現状は変わりません

何かを変えたいと思ったときは
まずは自分が変わることです

自分が変われば全てが変わります





以上
DJあおいでした

















こんばんはDJあおいです

Twitterでこんな相談を頂きましたよ



『あおいさん、彼が自分以外の人と楽しんでる事が嫌です。
男女問わず嫉妬してしまいます。
自分以外の人と関わってあたりまえ、楽しんで欲しいという気持ちもあるんですが、最近我慢できません。
どうしたらいいですか?』




これはですね
正しく言えば
自分以外の人と楽しんでいる彼が嫌というより
彼が自分以外の人と楽しんでいるときの自分が嫌なんですね


このときの自分の嫌な部分というのは自分を愛せていない部分でして

自分で満たすべき自己愛を他者に求めてしまうことが嫉妬であり
重い女と言われる原因になる部分なんですね

よく女性は自分磨きをしたりするものなんですが

これは自分を愛するための手段になるものなんですよ

自分磨きとは要するに自分を育て上げることですからね

自分で育て上げたものというのはおのずと愛着が湧くものなんです

だから自分磨きをすると自分が愛しく感じられるようになるんですよ

自分を愛することができない人ほど他者に育てられることに依存しているわけです

子は親によって育てられるわけですが
大人になったら誰も育てちゃくれません
自分の意志で自分を育て上げなきゃいつまで経っても成長できずにそんな自分を愛することができないんですよ

自分を愛することができる者同士が真に愛し合い
そして今度は二人で周りを愛していくんです
そうやって幸せは成り立っていくものだと思いますよ


まずは自分を磨いて自分を愛すること
それができなきゃ自分を傷付けるだけの恋愛になってしまいます




以上
DJあおいでした










こんばんはDJあおいです

勘が鋭い女性ほど恋愛は短命に終わる

と言いまして

女の勘というものは危険察知能力ですから
残念ながら悪い予感しか当たらないんですよね

それはその勘の源というのは実は不安からきているものだからなんですよ

不安の中ほど神経が過敏になるものですから
恋人の何気ない行動にも過敏に反応して怪しいセンサーが発動してしまうわけなんです

不安が大きければ大きいほど女の勘は鋭くなっていくんですね

そういうピリピリした不安は男性にも伝わるものですから
男性からしたら信用されていないことに憤りを感じて
やがて信用されなくてもいいやと思える人になってしまうんです

信用できない人だから疑うのではなく
疑うから信用できない人になってしまうんですよ


ですから勘の鋭い女性ほど恋愛は短命に終わるんです

幸せの中ほど人は鈍感になるものですからね

鈍感になるにはまず幸せを感じること

鈍感力って結構大事なものなんですよ






以上
DJあおいでした








お知らせです

スカルプDの「まつ育直美会」更新しました

【目元に花を咲かせましょう】

 

ここでしか見られない記事なので

ぜひみてください

http://bit.ly/1iQ37mg