彼女がいる事実を伏せ

仲良くなり

距離が縮まったところで

彼女がいることをほのめかし

ガッカリさせて

彼女とうまくいっていないことを相談し

再び期待を持たせ

彼女が別れてくれないと悩み

同情を誘い

彼女とは別れず

自分は悪者にならず

都合のいい女を作ろうとする

ゲスい男の魂胆






Twitterからのお引っ越しシリーズです
Twitterやメルマガでたくさんのお悩みに触れさせて頂いてるんですけどね
このパターンで泥沼にハマる女性が結構多いんですよ

またこの手口の巧妙なところって
共通の敵のつくりあげてしまうところなんですよね
共通の敵というのは別れてくれない彼女さんのことなんですけど
共通の敵ができると妙に連帯感が深まってしまうもので
その連帯感が恋愛感情に拍車をかけてしまうんですね

そこで過ちを犯してしまうと
いつまで経っても彼女さんとは別れてくれず
いつまで経っても一番になれない
ズルズルと関係を引きずるだけの
都合のいい女になってしまうわけです

お気をつけて

あと都合のいい女になるパターンは
別れても諦めることができず
執着して
彼女というポジションから都合のいい女のポジションに成り下がるパターンも少なくありません

恋して情けない女になるくらいなら
ひとり凛と咲く花であれ

ちゅうてねー!!

以上
そんな昔もあったDJあおいでした



以前Twitterで
『男女間の友情は成立すると思いますか?』
という相談に

男女間の友情をこわすのは

男女間の恋愛感情だったりするけど

本当の男女間の友情は

こわれた男女間の恋愛感情から生まれる



と答えたことがあるんです
一度お付き合いをして
別れた後に残るものが男女間の友情に成りうると思っていたんですけど

男にとって別れた女はいつまでも友達以上の存在であり
女にとって別れた男はいつまでも友達以下の存在である


そういう傾向もあるんですよね
ですので別れた後というのも男女間の友情は成立し難いものなのかなぁと思えたりもするんです

そもそも友情というのは自分と同質なものに惹かれるものであり
恋愛感情というのは自分とは異質なものに惹かれるもの
なんですよね

お互いに異なる男と女という性別である限り
恋愛感情に発展してしまうリスクは絶えずにあるものなのかもしれません

では男女間の友情は成立しないのかというと
それも何か釈然としないものがあるんですよね

男と女という違う性別を持ちながら親友のような関係に成りうる人

いました
いましたよ

それは自分のパートナーなんですよね
私の場合は旦那になるわけなんですけども
べつに年がら年中イチャイチャチュッチュキャピキャピラブラブスリスリドキドキしてるわけじゃないんですよね
(HAPPY BIRTHDAY さんの『イチャイチャチュッチュキャピキャピラブラブスリスリドキドキ』好きです!)

普段は親友のような関係で対等にいられるのが自分のパートナーだったりするんですよ
もしこの人が同性ならきっと良い親友になれるだろうという人が自分のパートナーなんです

男女間の友情は男女間の恋愛関係の中にあったんですね

これが正解なのか不正解なのかはまだわかりませんが
とりあえず今はここまで答えを導き出しましたよ

以上
DJあおいでした



とくに意味はないんですけど
画像の貼り付け方を練習したかったんです
気にしないでください


Scan0003




なんか申し訳ない気持ちでいっぱいです