こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ








『あおいさん、こんにちは。
とても真剣に悩んでいます。お願いします。
男性から見た、女の価値ってなんだと思いますか?

私は学歴が悪いです。高校時は、途中で公立から通信制の学校へ転入。大学はとりあえずの気持ちで行き、やる気が出ず、2年目の留年中です。大した資格もないので就職も期待出来ません。彼氏にも、やるべき事が出来ていないし尊敬できないと振られてしまいました。

そこで一念発起の気持ちが出ており、3年間の専門学校へ行こうか悩んでいます。
国家資格を取り自分に自信を持ちたい、人に認めてもらいたい、素敵な人と結婚したいなど。。

しかし、ストレートにいけても就職時には28歳。それならば、大学卒業時の25歳で、とりあえず就職し、婚活をする方が、女としての幸せは掴める可能性が上がるのでしょうか…。
専門に行き手に職があっても、年齢がネックに思われることがとても怖いです。また、28まで社会経験無しというのも、男性は敬遠してしまうでしょうか。アルバイトは色々としてきました。

正直、ある程度の生活水準の方と結婚したいです(ホワイトカラーなど)。ならば、私にもそれなりの価値がなければならないと考えております。

家庭的な面や中身も大切とは言いますが、年齢的な若さや職、女の価値として、男の人は何を求めているのでしょうか。

断片的なことでも構いません。
ぜひ、何かしらのお考えをお聞き出来ればと思います。』









恋愛において年齢がネックになることはありませんよ

10代には10代の恋愛があり
20代には20代の恋愛があり
30代には30代の、40代には40代の恋愛があるものです

その価値は等しく同じものでして
ただ私達はまだ30代40代の恋愛というものを知らないだけで
その価値を測れるほど成熟していないだけなんですよね


男性は女性に『若さ』を求めるものですが
それが年齢的な若さだとしたら
一生一緒にいることはできませんよね

いつか年齢を重ねてしまったときにポイッと棄てられて終わりの恋愛です

そんな恋愛ならこちらからお断りですよね

一生一緒にいることのできる若さというものは
年齢に左右されない普遍的なものでして

それは見据えている方向によって異なる若さなんですよ

『後ろを見れば今までの人生で最も年老いた自分

これから先を見れば残りの人生で最も若い自分』

そのどちらを見ているかで『女性の普遍的な若さ』というものが滲み出るものだと思います


その普遍的な若さこそが女性としての魅力であり
それが女性としての価値になるものじゃないでしょうか

人はいつ老いぼれると思う?
やりたいことをやらない理由を
年齢のせいにしたときなんだぜ

幾つになっても自分の好きな道を選んでください
自分の好きな道には
自分の好きな人との出逢いが必ずあるものです












以上
DJあおいでした













お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね

















こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ









『あおいさん、質問です教えてください。

よく恋愛において、
自分を好きになることから始めよう
とかをよく耳にするのですが
なんで自分を好きになる必要があるのですか?
いまいちピンとこないので教えてください!』









自分を好きになれないと
自分を好きになってくれそうもない人にしか好意を抱けなくなってしまいます

自分が好きではないわけですから
相手に求めるものも『自分を好きにならない人』になってしまうわけです


仮にお付き合いをしたとしても

自分が好きではないわけですから
相手の好意を信じることができなくなり
常に疑いを感じるようになってしまいます

それでも好意を寄せてくる人には
次第に嫌悪感を抱くようになり
自分を嫌いになるように仕向けてしまうんですね

追い掛ける恋愛にしかならず
いつまで経っても悲恋の繰り返し
それが自分を好きになれない人の恋愛です


自分を好きになることに理由はいらないものです

自分の存在そのものを受け入れること

自分を愛することができる人は

他者からの愛情は疑わないものです

疑わないことがどれだけの強さなのか

自分を好きになれない人には

よくわかるはずですよね













以上
DJあおいでした












お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね

















こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ









『あおいさん、こんにちは。
いつもブログを見てたくさん考えさせられています。

相談したいことは、彼氏との金銭感覚についてです。
お互い仕事をしていますが、収入が倍近く違います。
私の方が収入が多いです。
彼と私のお金の使い方やお金に対する考え方はお互いあまり変わらないと思っていますが、
2年付き合って、最近、収入の違いにより結婚や会う頻度(遠距離なので)などで揉めることが多くなりました。
お互い大好きですしずっといっしょにいたいと思っていますが、揉め事の原因はいつもお金に辿り着きます。
この壁をどう乗り越えたらいいのでしょうか。

お忙しいとは思いますが、お答えいただけたら嬉しいです。』







男性より女性の方が収入が多い関係は続かない
とよく言うんですけどね

これは少し違いまして
正確に言えば『男性より女性の方が生活水準が高い関係は続かない』ということなんです

男性は主に視覚で情報を得る生き物ですから
目に見えない給料明細より目に見える生活水準に敏感なんですね

着ている洋服や乗っている車
よく行くお店等
そういう目に見える生活水準から劣等感を感じてしまい関係に不和が生じてしまうものなんですね

収入の格差があっても生活水準が同じなら親近感というものが必ずあるものですから
あまり収入格差による劣等感は生じることはないと思うんですけどね

可能性があるとしたら三つ

男性が無理して女性の生活水準に合わせているか

それとも男女間でお金の貸し借りがあったか

またはうまくいかない理由をお金のせいにしているだけなのか

いずれにせよ今はしっかりと本質を見抜くことが大事だと思います

本質を見抜くのに最も邪魔なものは『感情』ですよ

関係を繋ぐものは感情ですが
関係を壊すのも感情です
その関係を続けるのは『理性』 ですからね










以上
DJあおいでした











お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね