こんばんはDJあおいです

人間にとって最も怖いと思えるものは幸せであり

それはいつか終わってしまうことへの恐怖心なんです

どんなに良好な関係でも永遠なんてものはありません

いつかは別れてしまうものですからね


だから感受性の強い女性ほど幸せの中で不安を感じてしまい
幸せになりきれなかったりするものなんですけど

どこに恐怖心を感じ不安になってしまうのかといったら

いつか別れた後に自分がどうなってしまうのか分からない

という分からないことへの恐怖心なんですね

要するに別れてしまったら立ち直れるのか分からないという恐怖心なんですよ

これは立ち直ることさえも相手に依存してしまっている心理の表れなんですけどね

だからこういう人は別れた後も相手に依存して
立ち直るために復縁を求め
いつまでも未練を引きずり
長く長く傷付くことを余儀なくされてしまうわけです



別れには様々な形があり
別れてしまうことは相手のせいの場合も多々あります
でもそこから立ち直らないのは誰のせいでもない
自分のせいなんですよ


精神的に自立している人ほどそこら辺の責任は重々承知しているものです

ですから幸せの中では躊躇なく幸せでいられるわけなんですね

要するにいつか別れてしまうことがあっても
それを乗り越え
自分の力で立ち直る覚悟が
幸せになるための必須条件ということですね




以上
DJあおいでした












こんばんはDJあおいです

Twitterでこんな相談を頂きましたよ



『あおいさん、彼氏と話し合いが出来ません。
喧嘩すると ずっと無視されて、もうこんな関係が2年。
1ヶ月ぐらいの無視は慣れました。ツラいです。』




喧嘩をすると無視する人というのはですね

実は依存心が高い人なんですよ

無視をする人にとって最も腹立たしいことといったら
その人が楽しんでいることなんです

無視していることを無視された気分になり
孤独感に苛まれてしまうことを最も嫌います


逆に言えば孤独にならないように無視することを選んでいるわけです

その人が楽しめないように無視を決め込み
自分なしでは楽しんでほしくないという欲求の表れなんですね

構ってほしいという気持ちの反動形成が無視なんですよ

だから無視することを選ぶ人は
無視することによって長期戦に持ち込むわけです

その間はいつも気に掛けてもらえると思っているんですね

もっと愛してほしいという依存心が強いほど無視する期間が長くなるわけです

精神的に自立している人ほど喧嘩になっても後は引かないものです

自立とは自分を愛することができるということですから

愛してほしいという欲求の部分は
自給自足である程度満たすことができる人なんですよ

ですから喧嘩の後ほど
愛してほしいという気持ちより
愛したいという気持ちの方が優先されるわけなんですね

喧嘩をして長期的に無視する人は
もしかしたら恋愛にはまだ不向きなのかもしれませんね





以上
DJあおいでした






お知らせです

スカルプDの「まつ育直美会」更新しました

【メールがマメな男には要注意】

 

ここでしか見られない記事なので

ぜひみてください

まつ育直美会













こんばんはDJあおいです

Twitterでこんな相談を頂きましたよ


『あおいさん!凄く悩んでます。自分が今存在してることが怖くて死にたいんです。
なぜ存在してるのか、いつか死ぬのになぜ今生きてるのかと考えると毎日怖くてさっさと死にたいなと思ってしまいます。』



自分の存在の意味がわからなくなってしまうことは誰もが一度は陥ってしまう悩みなんですけどね

例えばですね
好きな人がいるとするじゃないですか

その人の何が好きなんでしょう

その人よりカッコいい人はたくさんいます

その人より面白い人もたくさんいます

その人よりお金持ちな人もたくさんいるし

その人より優しい人だってたくさんいるんですよ

でもその人じゃなきゃダメなんですよね

その人の存在そのものが好きなんですよね

その人の存在そのものが好きな理由なんですよ

ですからね

自分が存在している理由なんて求めなくてもいいんです

存在そのものが理由なんですからね






以上
DJあおいでした





お知らせです


スカルプDの「まつ育直美会」更新しました

【女性の美のピーク】

 

ここでしか見られない記事なので

ぜひみてください

まつ育直美会