ツラいときでも笑顔でいましょう


幸せだから笑顔になれるんじゃなくて


笑顔でいるから幸せになれるんです



っていうような笑顔至上主義が


本当にツラくて泣きたい人達を追い詰めていたりするんですよね


ツラいときは泣きゃいいんです


自分に嘘をつくと自分が嫌いになります






Twitterで常々と泣くことを推奨しているんですよ
泣くことが一番のストレス解消になるんです
その効果は一晩ぐっすり寝たときと同等の効果とも言われていますね

でもそういうことを呟く度に
『泣きたいけど泣けない』
という人達が現れるんですよ

こういう人達が笑顔至上主義者だったりするんですよね

泣けないということは自分自身を見限っているということでして
自分自身を諦めているということなんですよ
明日さえ諦めてしまったら泣けるわけはないんです
笑顔であるために自分自身を棄ててしまっているんですね
実際自分自身を嫌いな人に泣けない人が多い傾向にあります

ですので泣けるということは自分自身を諦めていない証拠なんです
泣けるということは実は前向きな証なんですよ

心から笑うために心から泣くこと
そのためには自分自身を棄てないこと

泣けるほどの悔しい思いが
泣けるほどの嬉しい出来事に繋がっているんだぜ



以上
最近は『愛を読むひと』を観てほろほろ泣けたDJあおいでした







悩んでいるとき


人の悪口が出るとき


ネガティブになるときというのは


だいたい暇なとき




まぁこれに『下ネタが出るとき』も加わるんですけどね
それはひとまず置いておきましょう

そして暇なときに何をするのかというと
TwitterやFB、LINE等のSNSに手を出す人が多いと思うんです

なので必然的にSNSには病んでるアピールや誹謗中傷が溢れるわけなんですよ

ネガティブとSNSって相性が抜群なんですよね
そこにコミュニケーションの要素が加わるとめんどくさいことになってしまうわけです
いわゆる『炎上』ってやつですね

でもこれは暇の消費者がやることなんですよ
暇をもてあまして悪戯に時間を消費するだけの行為なんです

限りある時間は限りある命そのものですから
それは命を消費することと同じなんですね

暇は消費するものではなく投資するもの
暇をもてあますのではなく暇をクリエイトすること

それは命を投資することと同じですからね
そういうところから自分自身の可能性が見えてきたりするものだと思うんですよね

この人素敵だわぁ、、、と思える人って例外なく暇の使い方が上手なんですよ
暇の使い方は時間の使い方
時間の使い方は命の使い方
命の使い方が上手だと命が輝くってスンポーなんですね


以上
暇だと下ネタ垂れ流すタイプのDJあおいでした



随分と話題になっているようで
もうご存じの方も多いと思うのですが
vine という動画共有サービスで話題の Reika Oozeki さん
今さらなんですがハマってしまいました

まだ高校生なんですよね
普通にしていればカワイイ女子高生なのになぁと思いつつも虜になってしまいました笑


1NgFkp543NpJe9dJKCPqng9nQCsWjdKapXTKdOltgmkiI6_krUsSAIxre2vq
 http://matome.naver.jp/odai/2138789809581032601




ぜひご覧になってください




大ファンです!!