こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ








『はじめまして。
いつもブログやツイッターから気付かされることが多く、楽しみにしています。

遠距離恋愛中の彼とのことについて相談させてください。
付き合いだしてもうすぐ9ヶ月、遠距離になってからは8ヶ月になります。

私が学生なのに対し、彼は多忙な社会人で
8ヶ月の間に会えたのは2回、次に会えるのは来年です。

だんだんと電話やメールの回数も減り、私が送るメール3回に1回返信をくれるくらいです。

忙しそうなので無理はして欲しくないですが、
このままでは気持ちが離れていくんだろうな
と思ってしまい、無駄に連絡してしまったりして自分に嫌気がさすことがあります。

来年私の就職が決まれば、
少しは関係も変わってくるかなとは思ってます。

もっと気持ち的に余裕を持って接していきたいと思っているのですが、どうすればいいか分からず…という状況です。
よければ、何かアドバイス頂ければと思います。』








DJあおい著『じゃあ言うけど、それくらいの男の気持ちがわからないようでは一生幸せにはなれないってことよ。』発売中!








忙しい人ほどメールの返信はマメです
忙しい人ほど惜しげもなく会いに来てくれます
忙しい人ほど僅かな二人の時間を大切にしてくれるものです


忙しい故に予定が狂うことも頻繁にありますけどね
その埋め合わせは必ずしてくれるのが忙しい人なんですよね

忙しいからメールの返信ができない
忙しいから会いに行けない
という言い訳は『めんどくさい』という病に犯された人が使う常套手段でして
正確に言えば『めんどくさいことに忙しい』というだけなんですよ

充実できていない人がめんどくさい病になってしまうものでして
きっと彼は生活のどこかで充実を感じていないのだと思います

それが仕事なのか人間関係なのか恋愛なのかはわかりませんが
充実できていないと時間が価値のないものになってしまうんですよね

僅かに空いた貴重な時間に価値が見出だせず
ただ『めんどくさい』という理由だけでその時間をドブに棄ててしまうわけです

忙しい人ほど時間の価値を知っている人で
めんどくさがりな人ほど時間の価値がわからない

いい男ほど忙しい男なんですよ
だからめんどくさがりな男ほど『忙しいから』という理由でカッコつけようとしやがるんです

遠恋で『忙しいから』を言いはじめたら
そろそろ見切りをつけてもいい頃かもしれませんね









以上
DJあおいでした









お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね















こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ









『あおいさんこんばんは。
初めてメールします。

突然ですが、「素直」ってなんでしょうか?
彼氏には素直だと言われますが、バイト先の仲の良い先輩(男)には素直じゃないと言われます。その先輩に対して苦手意識を持っていたり、壁を作っている意識はありません。
真逆のことを言われるので、素直というのがなにかわからなくなりました。
あおいさんが思う「素直」とはなんでしょう?』









DJあおい著『じゃあ言うけど、それくらいの男の気持ちがわからないようでは一生幸せにはなれないってことよ。』発売中!








それが素直な気持ちかどうかは自分にしかわからないこと

他人からの評価で自分を測らないように

それは素直を『演出』することになってしまいます


受け取る側のさじ加減ひとつでそれは変わってしまうものなんですよね

自分の素直な気持ちがその人の意に反することなら
人によってはそれは『ひねくれた考え』になってしまいますし

素直な気持ちを圧し殺してその人のほしい言葉をアウトプットすれば
きっとその人は『素直な気持ち』としてインプットするでしょうし

受け取る側のインプット能力によってそれは異なる判断をしてしまうでしょう

誰のための素直な気持ちなのかといったら
自分のための素直な気持ちなんですよね
それをどう捉えられようとそれは相手の勝手なんです

素直になりたいのか
素直に見られたいのか

素直になりたい人ほど自分を見つめますが
素直に見られたい人ほど自分を見失います


自分から目を逸らしたらただの『都合のいい人』になってしまいますよ











以上
DJあおいでした










お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね













こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ








『あおいさん、こんにちは。
20歳の女です。
いつもあおいさんの説得力のある言葉に励まされています。
相談なのですが、私は昨日、年上の初めての彼氏にふられました。
俺の気持ちが変わっただけ
と言われ、数日前普通に約束やキスとかをしていたのに本当に突然、玩具に飽きたかのように捨てられてしまいました。
彼とは別れても、学校の関係上これからも絶対に関わらなくてはいけませんし、本当に突然なので訳も分からないし寂しいしで、この気持ちをどうにも出来ず、死にたくて仕方ないです。
どうしたら立ち直ることが出来るのでしょうか。
お忙しい中、すみません。
風邪にお気をつけてください。』









立ち直らないための方法はあっても
立ち直るための方法はないのが失恋


なんですよね

恋愛指南の類を見れば色々な方法が載っていたりするのですが
はっきり言って気休め程度のもので根本的な解決にはならないものなんですよ

むしろ忘れるための行動はその行動自体が『忘れるため』というコンセプトを持っていたりするので
行動すればするほど忘れられなくなってしまったりするんですよね

ですから失恋したからといって特別に何かやることというのはないんですよ

できることといったら

・復縁は期待しない
・友達に戻らない
・失恋を綺麗なものにしない
・嫌いになろうとしない
・違う恋愛に逃げない

等々、『やること』よりも『やらないこと』が重要になると思います


それは寂しさから逃げるための退路を断つようなものなんですけどね
その寂しさとしっかりと向き合うことが今できる『精一杯』だと思います

ですから寂しくて正解なんです
泣けるほど辛くて正解なんです
何も間違えていません

ですので安心して寂しい思いをしてください
安心して泣いちゃってください

今は途方もなく出口が見えない道だとは思いますが
失恋なんていつ忘れたのかわからないほど
呆気なく終わるものなんですよ











以上
DJあおいでした










お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね