こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ








『あおいさんこんばんは。
いつもブログ拝見してます。本も買わせていただきました!

早速本題です。
本当の友達なら、自分的にそれは良くないなと思ったことをした時に、怒ってあげるのが正しいのですか?それとも受け入れてあげるのがいいのですか?…

友達が浮気をしました。
わたしはそれを聞いてすごいショックでした。だから厳しく怒ってしまいました。でもそれは本人がよくわかってることだから私までが厳しく言わなくてもよかったのではないかともやもやしてます。

大好きな親友にとってなんでも話せて支えになりたいです。
どういう付き合い方がよいのでしょうか?
差し支えなければお返事まってます。』









DJあおい著『じゃあ言うけど、それくらいの男の気持ちがわからないようでは一生幸せにはなれないってことよ。』5万部突破発売中!



恋愛 ブログランキングへ








『怒る』ということで伝わるメッセージというのは『怒られた』という程度の小さなものです

よく『あなたのためを思って怒っているんだ』という人がいますが
人のために怒る人なんていません
『怒る』という感情は自分のためだけにある感情なんです

気分を害された鬱憤を晴らしたい衝動が『怒る』という感情
自分は気分を害された被害者だという被害者意識が『怒る』という感情を呼び起こすわけですね

実際被害者意識の強い人ほど怒りっぽい傾向があります
『被害者』という免罪符を振りかざして無法に過ちを犯してしまうのがこのタイプです

その人が自分にとって救いたい人ならば『怒る』という行為は決してしてはいけないことです

何がいけないかって怒っている人ほど聞く耳を失っている人はいません
ただ自分の鬱憤をアウトプットするだけで
その人の言い分はシャットアウトしてしまうんです


どんなに正当な言い分も感情でねじ伏せてしまうのが『怒り』というものなんですね


まずはその人の言い分を引き出してあげること
そしてそれを聞いてあげること
その気持ちだけは理解してあげること
その人の現状を把握することが最も優先すべきことです

その現状を共有することでその人を孤独にさせないこと
その上で今後のことを一緒になって考えることですね

めんどくさいことですけども
友達というのはそれほど大事な存在だということです

その人の最低な部分と向き合えないようでは
その人の最高の一瞬を見逃してしまいますよ













以上
DJあおいでした










お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね
















こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ








『あおいさん!

ずばり質問です。

毎度付き合う男性が実は二股かけられていたり、後々から残念すぎる男性が多いのですが、それは私に原因があるのでしょうか?

もう分かりません。』









DJあおい著『じゃあ言うけど、それくらいの男の気持ちがわからないようでは一生幸せにはなれないってことよ。』5万部突破発売中!



恋愛 ブログランキングへ








『付き合う男がことごとくダメな男』という人は大きくわけて三つのタイプがあります


・母性が強いタイプ

弱っている人を放っとけないタイプの女性ですね
情に脆い一面があるのでその人のダメなところほど愛しく思えてしまう疾患をお持ちです

マザコン男性は母性を求めているものですので
必然的にマザコン男性にハマるケースが多いです



・女性上位の恋愛を好むタイプ

男性に引っ張られるような恋愛はしたくない奔放な女性に多いタイプですね
上からもの申されることを嫌うタイプですので
自分より人間的に出来ている男性は恐れ多くて恋愛対象外になってしまう疾患をお持ちです

必然的に恋愛対象になるのは自分よりも人間的に劣っている男性になります
彼氏をボロクソに言うタイプがこのタイプですね



・自暴自棄な世捨て人タイプ

失恋から立ち直れないような恋愛体質な女性に多いタイプですね
自分のことをわかってくれる人なら誰でもいいという疾患をお持ちです

その人の何が好きなのかと言ったら
自分のことを理解してくれるからという理由
その一点のみで人を好きになってしまうので
その人がどんな人なのかもわからない状態で恋愛に走ってしまう悪癖があります
必然的にダメな男にハマるケースが多くなってしまいますね





お付き合いをする男性ほど自分の実力が反映されるものはありません
その男がダメな男だったのなら
自分もその程度の女だったということですね













以上
DJあおいでした










お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね
















こんにちはDJあおいです

読者さんからこんな相談を頂きましたよ









『あおいさん。

素直にごめんなさいをすることができません。

昔からです。
プライドが高いわけではないと思います。これも無意識でしょうか。

月曜日に、謝らなければなりません。勇気がでません。

喝をください。
よろしくお願いします。』










DJあおい著『じゃあ言うけど、それくらいの男の気持ちがわからないようでは一生幸せにはなれないってことよ。』5万部突破発売中!



恋愛 ブログランキングへ








『謝らない人』というと不誠実なイメージを受けるのですが
不誠実な人というのはわりと簡単に謝るものでして
その心理は『この件はさっさと終わらせたい』という『逃げの心理』なんですね
『早く楽になりたい』という自分のための謝罪なんですよ

ですので謝った時点でその件は終了
何を改めるわけでもないので同じ過ちを繰り返す不誠実っぷりを発揮してしまうわけです

謝ることを躊躇う人というのは誠実な人、誠実すぎる人、くそ真面目と呼ばれるような人が多いですね

自分がしてしまったミスに罪悪感を感じるほどに謝ることに抵抗を感じるものです

その罪悪感が大きければ大きいほど
謝ることによってその罪を償わなければならないという責任を感じます

その責任の重さが罪悪感の大きさなんですね

自分にその責任を果たすだけの実力があるのなら謝ることができるのですけども
自分にはまだその実力がないと感じたときに謝ることを躊躇ってしまうわけです

謝ることがイヤなわけではなく
その責任を償うことのできない力足らずな自分がイヤなんですよね

自立の過程において必ず訪れる疾患みたいなものですので
謝れない自分にイラついてしまうことは経験しなければならないことだと思いますよ

『謝る』という行為は
その責任を放棄することではなく
『その責任をまっとうします』という宣言みたいなものです


ですから思う存分謝れない自分と葛藤してください
その葛藤は自分を大きくさせてくれるものです

簡単に謝る人になるな
ちゃんと謝る人になれ











以上
DJあおいでした










お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね