こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談をいただきましたよ




『DJあおいさま

ブログを拝見しています。
考えて行き詰まったり、モヤモヤした時に
目から鱗の考え方に、気持ちを救われています。
ありがとうございます。

相談内容は、感情的になる人への対処法です。

内勤でチーム6名で働いていますが、
ある先輩社員の機嫌が不安定で、
電話を取り次ごうと話しかけると、
私の話が終わる前に、
もういい!分かったから!
と、手をシッシッと降られ、会話拒否。

また業務上、全く教わっていないことをふられ、

すみません、その業務は初めてなので、
流れを教えてください。
と伝えると、

私は言った!聞いてないんやろ?

と言われ、間違った仕事をする訳にもいかず、
質問をすれば、

何で私に聞くの?

と困る逆質問で返され、どうしようもありません。
その社員しか知らない業務もあり、質問はしなければ仕事が進みません。


まだ、今の職種では経験が浅いので、
スキルを身につけたいのと、
仕事内容はとても興味深いので簡単に辞めたくはないです。
周りの方々は、どう思っているかは分かりませんが、
人のいる前でこんな発言をし、特に何の反応も示さないので、長年この雰囲気で来ているのだろうと思います。

相手は変わるものではない。
と言って、毎日ぶつけられる嫌な感情に辟易しています。
仕事に負の感情を出すことに理解ができないのも大きいです。

同じ空間で感情的になる人への対処法、
あおいさまはどのようにお考えでしょうか?
嫌な気持ちの堂々巡りを止めたいです。

何のきっかけか不明なのですが、
いきなりきつく当たられるようになり、
毎日困っています。

同じチームなので、仕事上話をしないわけにもいかず、
解決策が浮かびません。
必要な報告は怠らないことは大事にしていますが、
とてもきついです。

よろしくお願いいたします。』

 






怒る人というのは怒ってもいい相手を選んで怒っています
感情的にはなっても人を選ぶズル賢い理性は残っているものなんですね

その八つ当たりとも思える対象となるのは『嫌いな人』とは限らないものでして
嫌いな人でも自分にとって脅威に感じる人には怒らないです
逆に普段は仲が良くても怒られる人は毎度毎度怒られます
好き嫌いで怒る相手を選んでいるのではなく
勝てるかどうかで怒る相手を選んでいる傾向があるので
必然的に対象となる人は『従順ないい子』になったりするんですよ

感情的に怒る人というのは感情的に怒られることが大嫌いな人で
怒られることによって支配された経験があるからこそ
人を支配するための手段として『怒る』という手段を取ったりするんです
基本的に臆病な性格なので反撃してきそうな相手には怒らないんですよね
一癖も二癖もある曲者相手には感情的に怒らずに陰で悪口を言う程度の攻撃力しか発揮できないんです

選択肢は二つ、怒られるか、陰口を言われるか
『陰で悪口を言われるくらいなら直接言って欲しい』と思うのなら従順ないい子ちゃんになること
『ダイレクトに怒るくらいなら陰で悪口言ってろよ』と思うのならいい子ちゃんはやめて自分を丸出しにすること
社会的に大成するのは怒られる人より陰口を言われる人です
どのみち不愉快な思いをしなきゃならないのなら
怒られるより陰口を言われる方を選んだ方がお得だと思いますけどね




以上
DJあおいでした



お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね

























お仕事の依頼はこちらまで
mrnmtzk3159@gmail.com






『じゃあ言うけど』シリーズ最新作!



50000部突破の処女作!



男と女の違いを紐解く一冊
重版決定!




美女の教科書『DJあおいの恋の悪知恵』
絶賛発売中!

DJあおいの恋の悪知恵
DJあおい
KADOKAWA/メディアファクトリー
2016-02-19



こちらも絶好調発売中!




『DJあおいの恋愛指南塾』連載中




はあちゅう×DJあおいの電書絶賛発売中!











image 公式サイト『DJあおいの勘違いもほどほどに』











クリックにご協力お願いします



















こんばんはDJあおいです

TOKYO CAWAII MEDIA さんで連載中のDJあおい×つぼゆりの発酵女子カルテ


おかげさまで大好評です
ありがとうございます



今回のテーマは
洋楽ラブ女子を分析!
です


toy2017072301




詳細はこちらをご覧ください

DJあおい×つぼゆりの発酵女子カルテ


発酵女子のバックナンバーはこちらから見れます
暇なときにでもご覧ください

本も発売中なのでよかったらぜひ!





『こんな発酵女子を斬ってください』というリクエストも受け付けてますよー

djaoi.otewohaishaku@gmail.com
までお気軽にメールしてくださいね



























『じゃあ言うけど』シリーズ最新作!



50000部突破の処女作!



男と女の違いを紐解く一冊
重版決定!




美女の教科書『DJあおいの恋の悪知恵』
絶賛発売中!

DJあおいの恋の悪知恵
DJあおい
KADOKAWA/メディアファクトリー
2016-02-19



こちらも絶好調発売中!




『DJあおいの恋愛指南塾』連載中


はあちゅう×DJあおいの電書絶賛発売中!










image 公式サイト『DJあおいの勘違いもほどほどに』











クリックにご協力お願いします













こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談をいただきましたよ




『はじめまして。
少し相談させていただきます。

よく、
この人といたら幸せになれるという人よりも、この人といたら不幸になってもいいと思える人と結婚したほうがいいと言いますよね。

私は、彼といたら幸せになれるかどうかはわからないというよりむしろ不安な部分がありますが、この人となら不幸になっても良いと思える相手です。

この感情についての分析や、アドバイス頂きたくメッセージ送らせて頂きました。

よろしくお願いします。』

 






『この人となら不幸になってもいい』という気持ちは
結婚ではなく不倫や浮気の考え方ですよね
自暴自棄で責任を放棄した恋愛観
不幸まで許容できるなんて凄い壮大な恋愛観のように感じられるのかもしれませんが
実は一緒に不幸になることを覚悟することなんて簡単で
一緒に幸せになることを覚悟する方がずっとずっと大きな愛情を必要とするものなんです

心理学的にも人にとって最も恐怖を感じるのは不幸ではなく幸福
幸せを目の前にすると人は恐怖心を感じます
何が怖いってその幸せを失うことが最も怖いからです
だから人は目の前に幸せがあったとしても
その幸せを放棄して現状維持を選んでしまうことがよくあるんですよ

幸せを覚悟することが最も苦悩と苦労を要するもので
不幸を覚悟することなんて楽な方へ逃げているだけ
そもそも『この人となら不幸になってもいい』なんて不幸を知らない人の綺麗事でしかありません
愛情というものはそんなに頑丈にできているものではないんです
不幸になればいとも容易く壊れてしまうガラス細工のようなもの
だから大切に大切に扱って幸せで維持していかなければならないものなんですよ

不幸になる覚悟なんていらない
幸せになる覚悟を持ちなさい




以上
DJあおいでした



お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね

























お仕事の依頼はこちらまで
mrnmtzk3159@gmail.com






『じゃあ言うけど』シリーズ最新作!



50000部突破の処女作!



男と女の違いを紐解く一冊
重版決定!




美女の教科書『DJあおいの恋の悪知恵』
絶賛発売中!

DJあおいの恋の悪知恵
DJあおい
KADOKAWA/メディアファクトリー
2016-02-19



こちらも絶好調発売中!




『DJあおいの恋愛指南塾』連載中




はあちゅう×DJあおいの電書絶賛発売中!











image 公式サイト『DJあおいの勘違いもほどほどに』











クリックにご協力お願いします