こんばんはDJあおいです

マイナビウーマンさんで連載中
『DJあおいのお知恵をはいしゃく / 理想の男の育て方』


おかげさまで大好評です
ありがとうございます


今回のテーマは
『記念日を大事にする男の育て方』
です


image



詳細はこちら

DJあおいのお知恵をはいしゃく / 理想の男の育て方


よろしくどーぞ









『じゃあ言うけど』シリーズ最新作!



50000部突破の処女作!



男と女の違いを紐解く一冊
重版決定!




美女の教科書『DJあおいの恋の悪知恵』
絶賛発売中!

DJあおいの恋の悪知恵
DJあおい
KADOKAWA/メディアファクトリー
2016-02-19



こちらも絶好調発売中!




『DJあおいの恋愛指南塾』連載中



はあちゅう×DJあおいの電書絶賛発売中!










image 公式サイト『DJあおいの勘違いもほどほどに』











クリックにご協力お願いします



















こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談をいただきましたよ




『あおいさん、初めまして。ご相談がありメールを送らせていただきました。

私は現在、21歳の大学生です。元彼と2年以上お付き合いし1年ほど前に別れました。ひどい恋愛でした。嘘は日常茶飯事、浮気、二股、DV、借金、ギャンブル、、といった悪い男の典型のような男性でした。
やっとの思いでお別れし、残ったのは心の傷と男性に対する不信感、もう恋愛なんて懲り懲りだという気持ちでした。
私にももちろん、そんな男とわかっていながらなかなか別れられず、未熟な面がありました。自己責任な部分もあります。
別れたあと、このまま止まっていてはいけないなにか進まなければ、と、ずっと憧れていながらも応募していなかったバイト先に思い切って応募し、採用していただき、この1年間ほどたかがバイトかもしれませんが働く楽しさを学びとても厳しい職場ですが、バイトに夢中になりました。別れてからはしばらく恋愛を遠ざけていて、まず自分のことをちゃんとしようと思い、必死に毎日をただこなしてきたなと、振り返れば思います。
恋愛を求めていない時に、バイト先で素敵な男性に出会いました。3ヶ月ほど前、その男性からお付き合いをしてほしいと言われ、一人でいるとなにも恋愛に悩まず楽だったので、とても悩んだのですが、思い切ってお付き合いを始めました。今もお付き合いは続いていますが、とても穏やかで幸せな日々を過ごせており、ああ恋愛って本当はこんなに安心感があるものなんだ、と感じています。
ですが、元彼のトラウマ?恐怖?が時々頭をよぎり、怖くなります。タバコの匂いがすればヘビースモーカーであった元彼のことがふと頭に浮かび、よく来た場所や泣き喚きながら喧嘩をした場所を通りすがれば頭に浮かび、やっぱり恋愛なんかもうしたくない、という考えが浮かんでしまいます。こんな思いを抱えながら、真剣に今わたしとお付き合いをしてくれている彼とお付き合いをしていることにとても罪悪感というか、、。彼はなにも悪くないのに、、、と思います。結局、まだ私が元彼のことを乗り越えられていないのだと思います。思い出してしまって怖くなるのは、自分で無意識に思い出そうとしているのでしょうか?乗り越えるのにはどうすれば乗り越えられますか?私はこの先どうすればよいと思われますか?

ながながと失礼いたしました。目を通していただきありがとうございました。』

 





一度恋愛で痛い思いをすると
それが良い恋愛であっても悪い恋愛であっても
人を好きになることが怖くなります
好きになった分だけ
別れたときの痛みが大きくなるわけですから
容易く人を好きになれなくなります

それは男女問わずに同じです
一度でも本気で人を好きになったことがある人なら
男性でも恋愛に臆病になります

それでも恋愛に固執する人は
フラれても傷付かない程度の恋愛をするようになります
愛することもしないで
愛されたいだけの利己的な恋愛
責任も覚悟も何もない中身が空っぽな恋愛で
時間を消費するだけの虚しい付き合い
弱い人が迷走してしまう恋愛ですね

強い人ほど人を好きになる怖さを忘れずに
恋愛に固執せず、恋愛から自立しようとします
恋愛から自立して、ひとりで生きていこうとして
それでも人を好きになってしまうのが本当の恋愛で
不本意な恋愛こそが恋愛の本質であり
その恋愛感情には必ず恐怖心が付きまとうもの
怖さは本物の証と呼べるものなんですね

怖さがあるから
それをねじ伏せる覚悟が必要となり
その覚悟に責任を持って好きになることができるわけです
それが本当の恋愛感情というもので
怖さのないホンワカパッパな感情は恋愛感情と呼べるものではないんですよ

その怖さは付き合ってからも時折襲ってくるもので
それは一度や二度ではなくわりと頻繁にあるものなんです
その度にまた覚悟と責任をアップデートして
その恋愛を維持していく力に変えていくんです
怖さは『安心』というものを形成していくものになるということですね

怖さはあって然るべきもの
きっと彼も怖さに襲われその度に気持ちを改めていると思いますよ
何も間違えていません
過去に怯えているのではなく
今の彼が本当に好きだから怖いってだけですからね

逆に言えば
怖さがなくなった恋愛の方が危ういものなんですよ





以上
DJあおいでした



お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね

























お仕事の依頼はこちらまで
mrnmtzk3159@gmail.com






『じゃあ言うけど』シリーズ最新作!



50000部突破の処女作!



男と女の違いを紐解く一冊
重版決定!




美女の教科書『DJあおいの恋の悪知恵』
絶賛発売中!

DJあおいの恋の悪知恵
DJあおい
KADOKAWA/メディアファクトリー
2016-02-19



こちらも絶好調発売中!




『DJあおいの恋愛指南塾』連載中



はあちゅう×DJあおいの電書絶賛発売中!










image 公式サイト『DJあおいの勘違いもほどほどに』











クリックにご協力お願いします
















こんばんはDJあおいです

読者さんからこんな相談をいただきましたよ




『あおいさん

父が余命宣告をされたそうです。
母から聞きました。
私は今都内で一人暮らしをしています。

父に会う機会は多いので、直接聞いても、はぐらかされ、正式な余命や病状を教えてくれません。
お調子者で格好をつけたがる父なので私には教えないつもりかもしれません。

私は一人っ子で、アラサーですがまだまだ自立できていないと思う点が多々あります。
親は不死身だとなんとなく思っていました。
今までに長年飼っていたペットを亡くしたことはありますが、親族や近しい人を亡くした経験はありません。
親を亡くすかもしれないという恐怖でひとしきり泣いたあと、泣いていても仕方がないと今は自分の生活を見直すことにしました。

母の話では、父は治療は不可能らしいです。
生きていれば必ず親は先に逝ってしまうものだとは思います。


あおいさん、死ぬとはどういうことなんでしょうか。

そして、大切な人を亡くすかもしれない時、残される家族は何をすること、何をしてあげることが必要なんでしょうか?

いつくるかは分かりませんが、いずれは必ずくるその時を幸せいっぱいな気持ちにしてあげたいです。
今まで死生観について考えたことがなく、あおいさんのご意見を聞かせていただきたいです。

読んでいただきありがとうございます。
お忙しいとは思いますが、お身体ご自愛下さい。
これからもブログ楽しみにしています。』

 





私の知っている人も余命宣告をされたのですけども
その人が言うには

最初はショックで絶望したりこの世を恨んだりして
今まで生きてきた中で最低な毎日だったけど
それを受け入れてからは
今まで生きてきた中で最高な毎日が続くようになったそうで

そりゃしにたくないし、できることならもっともっと長生きしたい気持ちはあるけども
まだ手足も動く、耳も聞こえる、目も見える、考えることも、感じることもできる、『今、生きている』ということが
毎日嬉しくて嬉しくてたまらないそうで

ただの『おはよう』という言葉も、ただの水が喉を通る感触も、ただの街の雑踏の音さえも
生きているという歓びに触れるものになるのだそうで

いつしんでしまうか、怯えながら生きるよりも
いつしんでもいいように
伝えたいこと、残していきたいことを
誰かに伝え、残していくことが
とてもとても幸せに感じるそうで

『勝手に可哀想な人にしないでくれる?こう見えても私は今とても幸せなのよ』

と言っていたのが印象的でした

残された方はそりゃ寂しいです
その人が元気になるために
自分の命が必要なら
喜んで自分の命を差し出すのに
そんなことをしてもその人を救うことはできないんです
何が寂しいって、自分の無力を思い知らされることが寂しいんです
命を賭けても人ひとり守ってあげることができない不甲斐ない自分が許せないんですよね

でもそこまでして助けてもらおうなんて
その人はもう望んでいないもので
その人が望んでいることは
大切な人がこれからも生きていくことだけで
その人のためにできることって
歯を食いしばって生きていくことしかないものなんですよ

その人がしんでしまっても
忘れないことはできます
手を合わせることもできます
でもその人がしんでしまったら
話をすることはもうできません
生きているうちに
たくさん話をしてください






以上
DJあおいでした



お知らせです

ブログ用Q&Aの相談窓口となるメールアドレスはこちらです


djaoi.otewohaishaku@gmail.com


お気軽にメールしてくださいね

























お仕事の依頼はこちらまで
mrnmtzk3159@gmail.com






『じゃあ言うけど』シリーズ最新作!



50000部突破の処女作!



男と女の違いを紐解く一冊
重版決定!




美女の教科書『DJあおいの恋の悪知恵』
絶賛発売中!

DJあおいの恋の悪知恵
DJあおい
KADOKAWA/メディアファクトリー
2016-02-19



こちらも絶好調発売中!




『DJあおいの恋愛指南塾』連載中



はあちゅう×DJあおいの電書絶賛発売中!










image 公式サイト『DJあおいの勘違いもほどほどに』











クリックにご協力お願いします